FC2ブログ

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

ウナギの産地偽装問題

「土用の丑」関係者ら悲喜こもごも7月24日12時0分配信 産経新聞
24日は「土用の丑(うし)の日」。1年で最もウナギがよく売れる時期だが、中国産ウナギの産地偽装事件を起こした水産物関連会社の地元、神戸や徳島では小売店が「国産」や「安全性」を強調して売り上げにつなげようと躍起だ。一方、老舗のウナギ店では長年の安心感から品切れとなり、「1本だけでも買わせて」という声も上がっている。
 中国産ウナギを「三河一色産」として販売していた水産物輸入販売会社「魚秀」が拠点を置く徳島県。県内を中心に約35店舗を展開する「キョーエイ」(徳島市)では、6月の事件発覚後ウナギの売り上げが10~15%減少した。
 しかし、丑の日に向けて例年と同じ約2万匹の国産ウナギを仕入れた。「徳島は事件の“おひざ元”。影響はあるが、ここ(土用の丑)で売らないと」と担当者はいう。売り場には「国産にこだわっています」というポップを置いた。

今日は、うなぎを食べようと思いますが、安全かどうかが気がかりですね。
スポンサーサイト



| 新聞 | 15時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手県沿岸北部で震度6強

また地震、もう一度身の回りから安全点検をしなければなりません。いつ地震が起こるかもしれませんね。被害を受けられた方の復興を祈ります。

重傷27人含むけが人103人、内陸地震とは直接的関係なし
7月24日12時1分配信 読売新聞
24日午前0時26分ごろ、岩手県沿岸北部を震源とする地震があり、同県洋野(ひろの)町で震度6強を観測したほか、同県野田村と青森県八戸市、五戸町、階上(はしかみ)町で震度6弱を観測するなど、東北太平洋岸を中心に北海道から関東地方の広い範囲で揺れを観測した。
気象庁によると、震源の深さは約108キロ、マグニチュードは6・8と推計される。
読売新聞社のまとめでは、正午現在、けが人は青森、岩手など7道県で計103人で、このうち27人が重傷となっているほか、岩手など3県で39棟が一部損壊するなどしている。
震源地近くでは先月14日、岩手・宮城内陸地震が起きている。この地震で大きな被害が出た宮城県栗原市も震度5強だったが、気象庁は「距離的には近いが、震源の深さなどを比較すると、直接的な関係はない」との見方を示したが、震度4程度の余震が発生する恐れがあるとして警戒を呼びかけている。

詳しくはこちらへ

| 災害-震災 | 13時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月