FC2ブログ

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

なぜ「定額給付金」なのか?

なぜ今定額減税なのか。テレビではばらまきではないかという批判がありますが、私の周りには早く実施してほしい声が多く聞かれています。
本当に早く実施してほしいものですね。

山口那津男・政務調査会長に聞く
中低所得層に手厚い趣旨変わらず
総額一括交付で景気効果迅速に

政府・与党が30日に決定した新たな経済対策の目玉である定額減税については、全世帯を対象に生活支援定額給付金として実施されることになりました。給付方式が採用された経緯について、公明党の山口那津男政務調査会長に語ってもらいました。
  公明党は、収入が減少傾向にある中で急激な物価高のために家計が大打撃を受けていることから、緊急的に生活を下支えする生活支援策として定額減税の実施を提唱。8月末に政府・与党間で定額減税の今年度中実施を合意しました。
  その後、与党間で、追加経済対策の策定に向けて協議を進めていきましたが、この議論の中で、自民党側から定額減税について「給付方式」の提案がありました。
  公明党は党内論議を集中して行った結果、給付方式でも中低所得者に手厚く配慮する定額減税の趣旨は変わらず、かえって、定額減税を補強・補完することになるのではとの意見が大勢を占め、給付方式での実施に合意しました。
  具体的に、「給付方式」の利点は、大きく分けて2点あります。
  第1は素早く景気浮揚効果を見込めること。第2には減税では恩恵を受けられない低所得の方も給付の対象になることです。
  減税方式の場合、所得税減税は早ければ来年(2009年)2月から始まりますが、住民税減税については住民税額が確定する同(2009年)6月を受けての実施となり、減税効果が間延びしかねません。
  給付方式であれば総額を一括して交付できることから、減税方式に比べ、よりスピーディーに景気刺激効果が見込まれます。
  なお、1人当たりの支給額など具体的な内容については今後、早急に詰めていきます。こうした点を踏まえ、公明党は給付方式での実施に合意しました。


スポンサーサイト



| 新聞 | 13時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10.31朝駅街頭

10.31朝  今日も庄内駅で街頭演説を児島政俊市議会議員と中島紳一市議会議員が行いました。

児島議員 
10.31朝

中島議員
10.31朝

10.31朝   10.31朝


| 地域 | 13時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定額減税「給付金」で全世帯に

中小企業の貸付枠拡充総額5兆円 新たな経済対策を発表
政府・与党
党首会談に臨む太田代表(左)と麻生首相=30日 首相官邸

政府・与党は30日、金融危機などから国民生活を守るための総額5兆円、事業規模で約27兆円の新たな経済対策(生活対策)を決定し、同日、麻生太郎首相が記者会見で発表した。
  会見で麻生首相は、現在の世界金融は「100年に一度の危機」とし、日本の実体経済への影響は必至との認識を表明。「考えられる限り大胆な対策をまとめた」と述べた。
  具体的には定額減税は「給付金」方式とし、全世帯を対象に実施。規模は約2兆円。標準的な夫婦子ども2人の4人世帯で給付額が6万円程度になる。
  雇用対策では、働く人の手取り収入増を念頭に雇用保険料を引き下げる方針を表明。
  少子高齢化対策として、処遇改善による介護人材の10万人増強、「安心こども基金(仮称)」創設や「子育て応援特別手当(仮称)」支給、妊婦健診の無料化への取り組みを推進する。
  住宅ローン減税は控除可能額を過去最大規模に拡大するなど延長・拡充する。
  中小・小規模企業支援策では、緊急保証20兆円、セーフティネット貸付10兆円の計30兆円規模に拡大する。
  地方活性化策として地方の高速道路料金を土日祝日は最高1000円、平日昼間は3割引きなど、料金引き下げをさらに拡大。道路特定財源の一般財源化に際し、1兆円を地方財源に充てるとした。
  財源は赤字国債に頼らず、持続可能な社会保障構築とその安定財源確保に向けた中期プログラムを、年末の税制改正時に取りまとめるとしている。
  首相は、消費税率については「大胆な行政改革を行った後、経済状況を見た上で、3年後に消費税の引き上げをお願いしたい」と述べた。



| 新聞 | 12時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月