FC2ブログ

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

女性と子ども守る政治に

女性と子ども守る政治に
公明新聞:2010年1月21日

子育て支援 環境整備(保育所など)と一体で
女性がん検診 無料クーポン5年継続を
「政治とカネ」の疑惑、国民に説明せよ

松 副代表

参院代表質問に立つ松副代表=20日 参院本会議


 国会は20日、参院本会議を開き、菅直人財務相の財政演説に対する各党代表質問を行った。公明党の松あきら副代表は、鳩山内閣の「政治とカネ」や政権公約に対する姿勢について「言ってきたこととやっていることが違う」と批判。経済運営に関しては厳しい経済情勢を踏まえ「臨機応変に対応」すべきと主張した。また、総合的な子育て支援、乳がん・子宮頸がん検診の「無料クーポン」の拡充など女性と子どもを守る政治の実現を訴えた。

松副代表の質問要旨

【政府の政治姿勢】

 松副代表は、鳩山政権が今年度第1次補正予算を一部凍結したものの「(内容が)似たような政策を第2次補正予算案として提出し、その結果、政策の実行を遅らせただけだ」と批判。景気の「二番底」などが懸念される中、「公明党は福祉・教育・平和という党の原点に立ち返り、困っている人のために働き、総力を挙げて難局に臨む」と強調した。

【政治とカネ】

 鳩山由紀夫首相の献金偽装事件に関し、実母からの総額12億6000万円の資金提供に言及。「もし発覚しなければ約6億円もの贈与税は納めないままだったのか。一般国民であれば脱税と言われる」と指摘し、誰もが納得できる説明を求めた。

【経済財政運営】

 松副代表は、政府が昨年末に決定した新成長戦略の基本方針の中で、2020年度までの国内総生産(GDP)成長率を名目で3%、実質で2%を上回るという目標を掲げたことに言及し、「こうした数字となる積算根拠を明らかにしていただきたい」と、政府の明確な説明を迫った。

 これに対し首相は、「十分に実現可能な目標であると思っている」と強弁したが、経済成長を可能にする具体的な根拠を示せなかった。

 また松副代表は、社会保障費が毎年増加する中で、財政健全化へ向けた政府の見解をただした。首相は「4年間は消費税は上げない」と改めて表明したが、安定的な財源確保の展望は示さず、「今年前半には、中長期的な財政規律のあり方を含む財政運営戦略を策定し、財政健全化の道筋を示したい」と述べるにとどまった。

子宮頸がんワクチン 首相「公費助成に努力」

【政策課題】

 松副代表は、雇用対策について「あらゆる政策手段を総動員すべき」と強調し、雇用調整助成金の積極活用や、安全網の強化、戦略的な雇用創出を訴えた。

 首相は「あらゆる手段をとる。政策の総動員の中で、経済・雇用を下支えしていきたい」と応じた。

 松副代表は、児童手当制度の枠組みを活用した子ども手当について「子ども手当の創設というよりは、児童手当の拡充だ」と指摘。子育て世帯への経済支援には賛意を示す一方、「安定財源を確保できなければ制度は持続できない」として、将来も持続可能な財源を示すよう要望。

 さらに、「子育て支援は子ども手当だけですべてが解決されるわけではない」として、保育所など環境整備も含めた子育て支援の全体像を示すよう求めた。

 また、化学物質が子どもに与える影響について、「わが国では、この10年で先天異常の子どもが倍増するなど深刻な状況」と強調。子どもを取り巻く化学物質について各省横断的な実態調査を提案するとともに、化学物質の影響を未然に防ぐためのガイドライン(指針)を国が策定すべきだと訴えた。

 首相は、ガイドラインについて「積極的に検討していきたい。大変重要な指摘を頂いた」と述べた。

 一方、松副代表は、公明党の主導で実現した乳がん、子宮頸がんの無料クーポンについて、すべての人が検診を受けるためには「最低でも5年間の事業継続が不可欠」と指摘。来年度予算案では国負担分が半分に減らされたことを批判した。

 さらに、子宮頸がん予防ワクチンの接種費用が高額に上ることから、公費助成の実現を主張したのに対し、首相は「積極的に検討してまいりたい。できる限り早期に実現できるよう努力する」と述べた。

スポンサーサイト



| 新聞 | 11時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石川ひろたか 予定公認候補(朝の駅立ち)

| ネット | 10時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第174回通常国会が開かれています。

第174回通常国会が開かれています。
会期は平成22年1月18日から6月16日までです。

谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート…詳しくはこちらへ

1月21日9時6分配信 時事通信

 衆院予算委員会は21日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席し、7兆2000億円の経済対策を盛り込んだ2009年度第2次補正予算案の実質審議に入り、与野党の本格的な論戦が始まった。午後に自民党の谷垣禎一総裁が質問に立ち、「党首対決」が実現。首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題や経済財政政策について首相を追及する。

国民に説明、信義ない政権・・・・詳しくはこちらへ
公明新聞:2010年1月20日

通常国会の論戦スタート
政治とカネ 民主は自浄能力示せ
暫定税率維持など 政権公約違反が明白
雇用・仕事を作る対策急げ
衆院代表質問で斉藤政調会長
斎藤

代表質問に立つ斉藤政調会長=19日 衆院本会議


総点検もとに介護基盤の整備迫る
第2次補正予算 生活守るため早期成立が必要

 国会は19日、衆院本会議を開き、菅直人財務相の財政演説に対する各党代表質問を行った。公明党の斉藤鉄夫政務調査会長は、鳩山由紀夫首相の政治姿勢について「政治とカネ」の問題やマニフェスト(政権公約)違反などを追及。厳しい雇用や地方経済の現状に触れ、打開策を講じるよう求めた。また、公明党が実施した介護総点検に基づく現場の声を紹介し、抜本的な介護基盤の充実を訴えた。

斉藤氏の質問要旨

【首相の政治姿勢】

 「政治とカネ」の問題で斉藤政調会長は献金偽装事件について鳩山首相本人が説明責任を果たすよう要求。元秘書が逮捕された小沢一郎民主党幹事長に関しても「首相が幹事長職の留任を容認した以上、説明責任が生じる」と述べるとともに、「所属政党の民主党が真相究明にあたり自浄能力の発揮を」と訴えた。

 一方、会計責任者が不正行為を働いた場合、監督責任のある議員の公民権を停止する公明党提案の政治資金規正法改正案について「首相は昨年の衆院選時の党首討論で賛意を示していた」とし、法案成立へ協力を呼び掛けた。

 これに対し、首相は「各党各会派で議論してほしい」と述べるにとどまった。

 また、斉藤政調会長は民主党が掲げたマニフェストの目玉政策について言及。廃止方針だったガソリン税の暫定税率について「今回、廃止ではなく、実質的に維持された。(廃止をめぐる国会の)混乱は一体何だったのか」とし、国民への信義を欠いた姿勢をただした。

 さらに、普天間飛行場移設など重要課題をめぐる政府の対応について「閣僚が内閣としての統制もなく、好き勝手に発言し、首相の存在感すら見えず、予算編成、税制改正論議は迷走を続けた」と、リーダーシップなき首相の姿勢を批判した。

【経済財政運営】

 斉藤政調会長は、現下の経済情勢について、「鳩山内閣による(今年度)第1次補正予算の執行停止の影響やデフレの進行により、景気の『二番底』の懸念は消えず、重大な局面にかかっている」との認識を表明。

 特に雇用情勢について、「新卒者の内定率が昨年12月時点で、大学新卒者73.1%、高校新卒者68.1%と、かつての“就職氷河期”に匹敵する非常事態を迎えている」と指摘。中小・零細企業経営者からは“仕事がない”とのあきらめにも似た声が上がっているとして、「雇用を作る」「仕事を作る」ことこそ「政府として最重要で取り組むべき経済対策の視点だ」と訴えた。

 首相は、「新成長戦略を策定して、新たな雇用と需要を拡大していく施策を推進していく。これによって雇用が内需拡大をもたらし、それが経済成長を通じて雇用を支えるという循環を実現していきたい」と答えた。

 また、斉藤政調会長は公共事業削減の常態化による地方経済への影響に懸念を示し、「単に削減するだけでなく、具体的な成長戦略を早急に示すべきではないか」と指摘。

 さらに、今年度第2次補正予算案にエコポイント事業など前政権の対策が盛り込まれていることに言及し、「なぜもっと早く編成し、実施に移そうとしなかったのか。政府のスピード感の欠如は否定できない」と批判した。

 その上で、第2次補正予算案については「内容は『問題点なし』とはしないが、国民生活を守るという、わが党の基本的な考え方に立てば早期成立を図るべきだと私は考えている」と述べた。

【介護問題】

 斉藤政調会長は、公明党が展開した「介護総点検」で、何年待っても施設に入れない特養ホームの待機者問題、悪戦苦闘しながら老老介護を行う年配夫婦の実態、結婚をあきらめて両親の介護に踏んばる女性の姿など、「“介護現場の悲鳴”を全国で集約できた」と紹介。

 その上で、介護保険制度の問題点として、(1)施設が圧倒的に足りない(2)在宅介護の不安を解消できていない(3)働く人が将来の展望を持てない――などを挙げ、「高齢者が安心して暮らせる抜本的な介護基盤の整備にどう取り組むのか」として、政府の対応を迫った。

 

| 政治 | 10時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月