FC2ブログ

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

あらゆる機会通じ公明の政策実現

あらゆる機会通じ公明の政策実現
公明新聞:2010年3月4日

3閣僚遅刻 言語道断、厳しく反省を
山口代表
記者会見で見解を述べる山口代表=3日 国会内
山口


 公明党の山口那津男代表は3日午後、国会内で記者会見し、公明党が政府に対して介護対策などの政策提言を行ったことを“民主党と公明党が接近”などと報じられたことに対して、「(民主党との)距離がどうこうとは理解しかねる。与党であれ、野党であれ、政策実現に向け、あらゆる機会をとらえて努力する姿勢の一環だ」と強調した。さらに「政党は主張した政策の実現に向け努力するのが使命だ。現政権が提案を受け入れるのであれば、共に協力して実現することはあってもよい」と力説した。

 また鳩山由紀夫首相が、永住外国人に地方選挙権を付与する法案の今国会提出見送りを示唆したことについて「政権の対応が二転三転していることに関係者は戸惑いを覚えるのではないか」と指摘。

 高校の実質無償化の対象から朝鮮学校を除外するかどうかの議論に関しては、「一般論として、基本的人権を保障するに当たり、教育の機会均等、法の下の平等は重要な原則だ。外国人だからといって保障されないのは極めて例外的で、合理的理由がないといけない」との認識を示した。

 一方、3日の参院予算委員会の開会が、3閣僚が遅刻したため遅れたことについては、「内閣が弛緩している表れ。重要閣僚が3人もそろって遅刻するのは言語道断だ。内閣として厳しく反省してもらいたい」と批判。

 民主党の小沢一郎幹事長と創価学会幹部が会ったとの報道には、「事実関係については全く承知していない」と述べた。

スポンサーサイト



| 新聞 | 11時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

充実の介護制度築く

充実の介護制度築く
公明新聞:2010年3月4日

石川氏 在宅支援の現場を視察
大阪市
在宅介護サービスの利用者と懇談する石川氏(左)=3日 大阪市
石川


 公明党の石川ひろたか青年局次長(参院選予定候補=大阪選挙区)は3日、大阪市東住吉区の在宅介護支援事業所「(株)東住吉介護センター」を訪れ、介護職員と意見交換し、現場を視察した。

 意見交換で同センターの天野俊彦、建林典夫の両代表は、介護職員の雇用について「若い人は就業時間と賃金が安定的な老人ホームなどに就職しがち」とした上で、「在宅介護職員は、賃金が低いため若い人が少ない。在宅介護職員でも生計が成り立つ仕組みづくりが必要」と述べた。

 石川氏は、「賃金体系など介護制度と現場がマッチしていないと感じた。現場に根差した制度構築をめざしたい」と語った。

 この後、石川氏は、今年で100歳になる男性の在宅介護利用者宅を訪れ、担当ヘルパーも交え、懇談した。

| 新聞 | 11時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

医療費“肩代わり”反対

医療費“肩代わり”反対
公明新聞:2010年3月4日

健保連が党厚労部会で訴え
意見交換する党厚労部会=3日 参院議員会館
医療


 公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は3日、参院議員会館で会合を開き、医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等改正案について、健康保険組合連合会(健保連)の対馬忠明専務理事らと意見交換した。坂口力副代表らが出席した。

 対馬専務理事は政府が2月に提出した同改正案について、「高齢者医療のための国庫補助を910億円削減し、サラリーマンに“肩代わり”させる法案となっている」とし、「われわれの“財布”は国のものではない」と反対意見を表明した。

 渡辺部会長は「負担のあり方をよく検討しなければならない」と述べた。

| 新聞 | 11時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月