FC2ブログ

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

豊中市議会3月議会終わりました。

今日 豊中市議会の3月議会が終わりました。2010年度・平成22年度の予算が決まりました。
これから頑張ります。
スポンサーサイト



| 議会 | 18時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子ども手当法案、26日成立=参院厚労委で可決

子ども手当法案、26日成立=参院厚労委で可決
3月25日17時8分配信 時事通信

 参院厚生労働委員会は25日、中学卒業までの子ども1人当たり1万3000円を支給する子ども手当法案を与党と公明、共産の両野党の賛成多数で可決した。自民党は反対した。民主党がマニフェスト(政権公約)の主要施策に掲げた同法案は、26日に参院本会議で可決、成立する見通しだ。
 鳩山由紀夫首相は25日午前の質疑で、「社会全体で子どもの育ちを支援していくという発想の中で、子ども手当の創設は大変意義があるものだ」と強調した。
 法案は、2010年度の支給に限った内容。衆院段階で公明党が法案修正を要請し、与党が一部を容認。支給対象になっていない児童養護施設の入所者らに対する支援の検討などを付則に盛り込んだ。

公明党の修正案が入ったのはよいかもしれませんが、今後の財源と1年限りであるため1年以内に審議しないとなくなってしまうことは困りますね。 

| 新聞 | 18時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷走 鳩山政権

迷走 鳩山政権
公明新聞:2010年3月25日

政治主導
現実は露骨な利益誘導

 鳩山政権は「政治主導」を看板に掲げ、「国民に見える形で政治を変えていきたい」(鳩山由紀夫首相)と言っていますが、実際には個所付け(公共事業の予算配分)問題で明らかになったように、利益誘導の「古い政治」すら変えることができません。

 民主党は、2010年度予算の公共事業の個所付けに関する情報を、予算成立前に地方組織を通じて自治体に漏らし、「予算配分をてこに選挙で票を得ようとする利益誘導戦術」(16日付「朝日」)と批判を浴びました。

 野党時代は、利益誘導政治を強く批判していたため、「政権を握った途端、情報を独占して権力を誇示する『従来型』に転じた」(同「毎日」)と厳しく指摘されています。

 さらに、先の長崎県知事選では、民主党推薦候補への支援を求める同党幹部から「(推薦候補を選ばないという)選択をされるのなら、民主党政権は長崎に対して、それなりの姿勢を示すだろう」との“脅し文句”まで飛び出し、有権者の反発を買いました。

 「政治とカネ」の問題に加え、露骨な“利益誘導政治”に国民の失望が広がり、内閣支持率の急落を招いています。


 迷走で困るのが国民です。今こそ、わたしたちがしっかりと国民の皆様に訴えていかなければなりません。



| 新聞 | 15時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10年度予算が成立 財政悪化に懸念

10年度予算が成立 財政悪化に懸念
公明新聞:2010年3月25日
新聞

国債、過去最大の44兆円に
加藤、沢氏が反対討論
討論に立つ加藤氏=24日 参院本会議
新聞


 過去最大の一般会計総額92兆2992億円を計上した2010年度予算と、税制改正など予算関連法は24日夕の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。自民、公明、共産の各党は反対した。当初予算としては戦後5番目に早い成立となる。

 鳩山政権下で初めて編成された10年度予算は、景気低迷で税収見込みが37兆3960億円と大きく落ち込む中、民主党マニフェスト(政権公約)実現が足かせとなり、新規国債発行額が過去最大の44兆3030億円に膨らんだ。国債発行額が税収見込みを上回るのは戦後初。また「コンクリートから人へ」とのスローガンのもと、公共事業関係費は5兆7731億円(前年度比18・3%減)となり、32年ぶりの低水準となった。一方、税制改正では、ガソリン税の暫定税率の水準維持などマニフェスト違反が目立つほか、たばこ税など増税が盛り込まれている。

 公明党は予算案に反対するとともに、予算関連5法案のうち、所得税法改正案、公債発行特例法案、地方税法改正案に反対。地方交付税法改正案、租税特別措置透明化法案には賛成した。

 採決に先立ち、公明党から加藤修一氏が10年度予算案に反対の立場から討論を行った。

 加藤氏は、鳩山政権が昨年、09年度第1次補正予算を国会に諮ることなく執行停止したことについて、地方経済に多大な影響を与えたとして「これは国民無視の暴挙だ」と批判した。その上で10年度予算案について、(1)多くのマニフェスト違反がある(2)国民生活に重要な予算がおろそかすぎる(3)財政健全化への道筋を示さないまま、多額の国債を発行している――との問題点を指摘し、予算案に反対する考えを強調した。

 これに先立ち参院予算委員会は同日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して10年度予算案の締めくくり質疑を実施。公明党から加藤氏が質問し、沢雄二氏が討論を行った。

 沢氏は、鳩山首相と小沢一郎民主党幹事長がともに「政治とカネ」の問題で疑惑の渦中にあることに言及し、「一刻も早く与野党協議機関の議論を経て、『政治とカネ』の問題について解決策が提示されることを強く要望する」と訴えた。

| 新聞 | 15時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月