FC2ブログ

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

パラグアイ戦の視聴率は57・3% W杯

パラグアイ戦の視聴率は57・3% W杯
6月30日10時6分配信 産経新聞


拡大写真
PK戦の末敗れ、肩を落とす本田圭佑(写真:産経新聞)
 サッカーW杯南アフリカ大会で、日本の決勝トーナメント1回戦が行われた29日の対パラグアイ戦を生中継したTBS系の番組平均視聴率(速報値)が、関東地区で57・3%(午後10時40分~午前1時10分)だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。関西地区は54・1%(同)だった。集計上の理由で延長前半13分までの数値。
スポンサーサイト



| 新聞 | 10時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MF本田「駒さんを責められない」

MF本田「駒さんを責められない」
6月30日 6時30分配信(デイリースポーツ)
コメント:443件
Twitterでつぶやく
 「W杯・1回戦、パラグアイ0(5PK3)0日本」(29日、プレトリア)
 敗戦の瞬間を見届けると、MF本田は1人でサポーター席にあいさつにむかい、誰よりも先にピッチを後にした。取材ゾーンに現れると「外した駒さん(駒野)を責められない。内容はどうこういっても仕方ないですね。結果がすべてなんで」と、悔しさをかみ殺すように話した。それでも今大会の日本の快進撃の象徴となった男は「まだサッカー人生は続く。この大会で自分たちに何が足りないかを感じることができた。それをどう4年で積み重ねるか」と、すぐに未来を見据えた。

| 新聞 | 10時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CM「新しい福祉へ」編

| 動画 | 11時08分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

露「ホンダが疾走」英「ライジング・サン」 海外メディアが日本を絶賛

露「ホンダが疾走」英「ライジング・サン」 海外メディアが日本を絶賛
6月25日15時33分配信 産経新聞


拡大写真
前半、無回転FKで先制ゴールを決める本田圭佑(撮影森本幸一)(写真:産経新聞)
 ■「日本は進化」世界驚き

 サッカーのワールドカップ(W杯)で、日本がデンマークを3-1で破り決勝トーナメント進出を決めたことについて24日、世界中のメディアや関係者が一斉に「日本は進化した」「感動的」などと称賛と驚きを持って伝え、特に先制ゴールを決めた本田圭佑選手を手放しで絶賛した。

■フォト■本田の祖父「さすが孫や!」 関西勢3得点、道頓堀も大波

| 新聞 | 20時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消費増税めぐり舌戦=各党党首が第一声―参院選

消費増税めぐり舌戦=各党党首が第一声―参院選
6月24日11時31分配信 時事通信

 参院選が公示された24日午前、各党党首は一斉に街頭などで第一声を上げた。
 菅直人首相(民主党代表)は大阪市の南海なんば駅前で演説し、「日本はバブル崩壊から20年、閉塞(へいそく)状況にある。間違った経済政策の結果だ。消費税を上げたくないが、赤字国債が増えるとギリシャのようになる。そういう事態は避けたい」と述べ、財政再建のための消費増税に理解を求めた。
 自民党の谷垣禎一総裁は甲府市内で「次の世代のためにばらまきをやめて、消費税のことも申し上げ、将来の国民に責任を持つ。民主党政権に歯止めを掛けるのが自民党の使命だ」と政権打倒への決意を示した。
 公明党の山口那津男代表はさいたま市のJR大宮駅前で「消費税を4年間上げないと言っていたのに急に上げると言い出した。ぶれまくっている菅政権に厳しい審判を下さなければいけない」と民主党政権を批判した。連立を組む国民新党の亀井静香代表も東京・有楽町で「消費増税の大合唱になっている。今やるべきことは大胆な景気対策だ」と消費増税への反対論を展開した。
 みんなの党の渡辺喜美代表は静岡市内で「民主も自民も増税路線。徹底したリストラで小さな政府をつくる」と主張。新党改革の舛添要一代表は徳島市内で「政界を再編成して、信頼してもらえる政治をつくりたい」と強調した。たちあがれ日本の平沼赳夫代表は党本部での出陣式で「絶対に民主党に単独過半数は取らせない」と声を振り絞った。 

| 新聞 | 12時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジサイ

花

花

花

| 豊中市内 | 11時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域の花

花

| 地域 | 11時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主政権の評価問う=430人超が立候補へ―与党過半数が焦点・参院選公示

民主政権の評価問う=430人超が立候補へ―与党過半数が焦点・参院選公示
6月24日5時15分配信 時事通信

 第22回参院選が24日公示され、7月11日の投開票に向け、17日間の選挙戦がスタートした。昨年9月の政権交代後、初の全国規模の国政選挙。直前に鳩山由紀夫前首相が退陣し、菅直人首相が引き継いだ中、民主党を中心とする連立政権に対する有権者の中間評価となる。同党と国民新党の与党が非改選と合わせ、過半数の122議席以上を確保するかが最大の焦点。民主、自民両党とも、消費税率の引き上げを打ち出しており、選挙結果は税制改革論議に影響を与えそうだ。
 午前9時半現在、選挙区に226人、比例代表に113人の計339人が立候補を届け出た。最終的な立候補者は430人超となる見通し。
 立候補の受け付けは午前8時半から、選挙区は各都道府県の選挙管理委員会で、比例代表は中央選挙管理会で始まった。午後5時に締め切られる。改選数は選挙区73、比例代表48の計121。候補者数は、前回2007年(377人)を大きく上回る。比例代表への届け出は、前回より1多い12政党・政治団体。
 民主党は今回、国民新党と合わせて56議席を得れば、非改選の与党系無所属を含め与党で過半数に到達。さらに、民主党の非改選は62議席であるため、60議席以上を獲得すれば、単独で過半数に達する。菅首相は改選の54議席以上を目標に掲げる。これに対し、自民党など野党各党は、与党を過半数割れに追い込み、政界再編や将来の政権復帰・参加につなげることを目指す。 

| 新聞 | 10時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「消費税引き上げは首相の寝言」 国民新党・亀井氏

「消費税引き上げは首相の寝言」 国民新党・亀井氏
6月23日13時55分配信 産経新聞


拡大写真
亀井静香・国民新党代表と田中康夫・新党日本代表がビラ用写真撮り =11日午後、東京都千代田区平河町(瀧誠四郎撮影)(写真:産経新聞)
 国民新党の亀井静香代表は23日昼、菅直人首相が消費税増税の考えを打ち出したことについて、都内で記者団に対し、「民主党は消費税を上げるとマニフェスト(政権公約)に入れていない。首相が寝言を言っているだけでしょ」と語った。

 その上で、亀井氏は「民主党は去年の衆院選で消費税を上げないと訴えて信を得た。衆院選をやらないで消費税を上げるなんてことを菅さんは絶対にしない」と改めて牽制(けんせい)した。

| 新聞 | 16時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

参院選あす公示…でも夕方まで演説できぬ! 七つ道具タイムラグ

参院選あす公示…でも夕方まで演説できぬ! 七つ道具タイムラグ
6月23日11時50分配信 産経新聞


拡大写真
七つ道具を点検する鳥取県選管(写真:産経新聞)
 24日に公示される参院選で、関西を地盤に活動する比例代表の立候補予定者らが公示日の選挙運動の開始時間をめぐり、やきもきしている。街頭演説などには「七つ道具」が必要だが、比例代表は各政党が東京の中央選挙管理会(総務省)に届け出ることになっており、東京から離れた地域では道具が届くまで選挙運動ができないためだ。数時間のタイムラグとはいえ各比例陣営はこの時間差を埋めようと必死だ。

 ■菅首相も各党幹部も…すること無し!?

 「え、ほんまかいな」。公職選挙法では、街頭演説用標旗や拡声器に付ける選挙運動用表示板などの七つ道具がなければ街頭演説や選挙カーに乗っての運動はできないと定めている。大阪を拠点に民主党から出馬予定の落語家、桂きん枝氏の陣営は5月中旬、初めて届け出と運動開始のタイムラグに気づいてあわてた。

 公示日には菅直人首相ら党幹部も相次いで大阪入りして街頭演説が行われるが、午前中は七つ道具がないため、「そろって演説することもできない」(陣営)という。

 当初は道具が手元に届くまで活動を控える予定だったが、七つ道具がなくても公選法に抵触しない方法を検討。地元の選挙管理委員会などにも問い合わせ、まずは練り歩きでPRすることを決めたという。スタッフが七つ道具を東京から持ってくるのは午後3時ごろの見通しで、きん枝氏の第一声は夕方までずれ込みそうだ。

 また、大阪を拠点に活動する計画にしている他の陣営も同じ事情を抱える。

 自民から立候補予定の大西宏幸氏や創新の清水●(=隆の生の上に一)司氏の陣営なども七つ道具対策に苦悩。両陣営とも「何もしないわけにもいかないし、七つ道具が来るまでは選挙区の候補者と行動する方向で考えたい」と苦肉の策でタイムラグを乗り切る考えだ。清水氏は「今回は仕方ないが、大阪でも届け出後すぐに七つ道具を受け取ることができるようにしてほしい」と話していた。

 総務省の担当者は「選挙期間は長めにあるので、そんなに急がなくても…」と苦笑いしていた。

| 新聞 | 16時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

財政再建のための消費税増税は許しません! 党首討論会2010.6.22

| 動画 | 15時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公明党 テレビCM

公明党 テレビCM

「クリーンな政治。」編


「新しい福祉へ。」



「声の届く政治。」


| 動画 | 14時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消えぬ傷、残る基地 きょう慰霊の日

消えぬ傷、残る基地 きょう慰霊の日
6月23日9時40分配信 琉球新報

 きょう23日は「慰霊の日」。一般住民を巻き込み20万余の貴い命が失われた沖縄戦から65年がたった。糸満市摩文仁の平和祈念公園では午前11時50分から県、県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」が開催され、戦没者のみ霊を慰め、世界の恒久平和を願う沖縄の心を発信する。
 沖縄戦は「本土決戦」を遅らせるために沖縄を「捨て石」とする戦略持久戦として戦われた。米軍統治下で広大な基地が建設され、今なお在日米軍専用施設の74%が沖縄に集中している。
 基地負担を沖縄に強い続ける日米安全保障条約の改定と日米地位協定の発効から50年。今なお戦争体験者たちの心の傷は癒えることはない。基地絡みの事件・事故は県民を脅かしている。
 米軍普天間飛行場返還・移設問題で、鳩山由紀夫前首相が名護市辺野古崎への移設方針を決定し、菅直人首相が継承していることへの県民の反発は強い。戦後65年の「慰霊の日」は沖縄戦の悲劇と教訓を振り返りながら、沖縄の基地負担や日米関係の在り方を日本全国に問う日となる。

◆追悼式に無料バス 県庁―祈念公園
 慰霊の日の23日、県は「2010年沖縄全戦没者追悼式」参加者のために無料バスを運行する。県庁裏の駐車場から糸満市の平和祈念公園へ、午前8時20分から9時まで約10分おきに5台が出発する。
 会場の平和祈念公園から県庁までは、午後1時から3時まで、ほぼ10分おきに10台が出発する。乗り場は第一駐車場の式典側。


■関連ニュース
戦時下の沖縄芸能 「ウチナーグチ禁止」監視、検閲大きな制限 (2010.06.23)
平和へより強く 米でも「慰霊の日」 (2010.06.23)
悲しみなお深く 32軍「多くの敵」 対馬丸撃沈の10日前に打電 (2010.06.23)
ゲリラ戦、住民監視担う 「中野」出身42人 活動実態明らかに (2010.06.23)
「嘉数焼けて真っ白」 宜野湾市立博物館 市民が戦世証言 (2010.06.22) 最終更新:6月23日11時5分

| 新聞 | 14時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄慰霊の日 首相、「全国民を代表しおわび」 痛み今も

沖縄慰霊の日 首相、「全国民を代表しおわび」 痛み今も
6月23日13時18分配信 毎日新聞


拡大写真
沖縄全戦没者追悼式で献花の際に一礼する菅直人首相=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2010年6月23日午後0時7分、山本晋撮影
 沖縄は23日、沖縄の全戦没者の霊を慰める「慰霊の日」を迎えた。1945年のこの日、3カ月近く続いた悲惨な沖縄戦で旧日本軍の組織的戦闘が終結した。くしくも日米安保条約の発効から50年の日と重なったが、日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県名護市と決定し、県民の間には今なお続く過重な基地負担への失望感と怒りが募っている。糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が営まれ、菅直人首相や遺族ら5500人が参列、正午に黙とうした。

 沖縄は戦後、米軍の統治下に置かれた。72年に本土復帰を果たしたが、戦後65年の今も全国の米軍専用施設の74%が沖縄に集中している。沖縄は過重な負担の軽減を求めているが、鳩山政権時に日米両政府は共同声明を出し、普天間飛行場は県内移設で合意。菅政権も日米合意を踏襲する方針を示している。

| 新聞 | 14時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここがポイント 公明党☆マニフェスト公明新聞:2010年6月22日付

ここがポイント 公明党☆マニフェスト公明新聞:2010年6月22日付


雇用の安全網拡充のイメージ参院選に向け、公明党は17日、「マニフェスト2010 参院選重点政策」を発表しました。マニフェストは、「新しい福祉」「景気対策・成長戦略」「クリーンな政治」「国民のための行政の実現」の4つの主要政策と、教育、農業、環境など4つの重点政策を柱に構成。そのポイントを解説します。


「新しい福祉」実現

生活・雇用保障を確立
総合うつ対策など ヒューマンケアも柱に



公明党は、年金・医療・介護のさらなる充実や雇用の安定、うつ病など現代的な課題に対応する「新しい福祉」を主要政策に掲げました。国民の安心を守るために(1)新しい生活保障(2)新しい雇用保障(3)新しいヒューマンケア――を柱とする「WING21プラン」の実現をめざします。

生活保障では、低年金者対策として、基礎年金を25%上乗せする加算年金制度の創設や、年金受給資格期間を25年から10年に短縮することなどを提案。昨年秋に全国で実施した「介護総点検」を基にした政策提言「新・介護公明ビジョン」の実現をめざし、高齢者が安心して暮らせる介護環境を整備します。

雇用保障では、職業訓練の受講を条件に生活費を支給する「訓練・生活支援給付金制度」の恒久化など、第2の安全網を整備。また、卒業後3年間は「新卒」扱いとし、新卒未就職者を支援します。

「ヒューマンケア」では、心身症や孤独死、虐待、家庭内暴力への対策など、人にやさしい社会の実現を提唱。うつ病の総合対策では、公明党の主張で今年4月から保険適用された有効な治療法「認知行動療法」の推進と専門家育成を進めます。


| 新聞 | 11時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国民が望む政治つくる公明新聞:2010年6月22日付

国民が望む政治つくる公明新聞:2010年6月22日付

新聞

事務所開きで参院選勝利へ決意を述べる山口代表(右から2人目)と竹谷さん(右端)=21日 公明会館竹谷さんの事務所開きで強調
山口代表
公明党の竹谷とし子女性局次長(参院選予定候補=東京選挙区)の事務所開きが21日、東京都新宿区の公明会館で盛大に開かれた。これには、山口那津男代表、高木陽介衆院議員(党都本部代表)らのほか、多数の来賓が出席し、参院選勝利へ力強くスタートを切った。

席上、山口代表は、「政治とカネ」や「普天間」問題、ほとんど実行できないマニフェストなど、民主党の政権運営の惨憺たる状況を指摘。

参院選は「民主党の政権運営に審判を下す選挙。政権を打倒し、国民が本当に望む政治をつくり上げていこう」と訴えた。

その上で、「東京選挙区は各党が看板候補を立てており、しのぎを削る厳しい選挙区」との認識を示すとともに、公認会計士として活躍してきた竹谷さんは、行政のムダ削減や財政の健全化に貢献できる実力を持つ人と力説した。

竹谷さんは「全身全霊をかけて戦い、必ず勝ち抜く」と決意を述べた。

| 新聞 | 11時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

過去に例なし!NHK、名古屋場所の放送中止も

過去に例なし!NHK、名古屋場所の放送中止も
6月22日8時0分配信 スポーツ報知

 大相撲の野球賭博事件で、NHKは7月11日から始まる大相撲名古屋場所の放送について対応を協議していることが21日、分かった。

 同局広報部では、日本相撲協会が設置した外部調査委員会の「推移を見守る」とした上で、「視聴者の目線を大事にしながら、視聴者のご意見や事件の動向を見ながら、総合的に判断していく」と説明。21日現在で、放送するか中止するかについては「言及できない」としている。視聴者からのメールや電話が900件あり、その中には放送すべきではない、との意見もあるという。

 23日には日向英実総局長の会見が行われる予定で、そこで何らかの説明があるとみられる。

 NHKで大相撲のテレビ中継が始まったのは、1953年5月16日の夏場所から。これまで95年の阪神大震災などの自然災害で中継が中断されたことはあるが、放送自体が中止になったことは「過去に例がない」(同局広報部)という。

| 新聞 | 11時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「同じ答えでは失礼だと…」発言のブレで前首相

「同じ答えでは失礼だと…」発言のブレで前首相
6月21日23時9分配信 読売新聞

 鳩山前首相は21日夜のFM放送J―WAVEの番組で、首相在任中に自らの発言のブレが問題となったことについて、「ぶら下がり取材などで同じような質問を聞かれたが、同じ答えでは失礼だと思って少しずつ変化をつけた」と釈明した。

 また、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題や自らの「政治とカネ」の問題などへの対応について、「首相がにこやかでないと国が明るくならないと思っていたが、『こういう時には一切笑ってはいけない』と言われ、ますます孤独感を高めた」と振り返った。 最終更新:6月21日23時9分

| 新聞 | 11時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アフガン復興へ支援継続公明新聞:2010年6月18日付

アフガン復興へ支援継続公明新聞:2010年6月18日付

新聞

カルザイ大統領(右端)と握手する山口代表(左隣)と(左へ)遠藤、遠山氏=17日 都内山口代表ら カルザイ大統領と会談
公明党の山口那津男代表は17日、都内でアフガニスタンのカルザイ大統領と会談し、アフガン復興へ向けた課題や支援策などをめぐり意見交換した。公明党の遠藤乙彦国際委員長、遠山清彦国際局長(ともに衆院議員)が同席した。

山口代表は、2006年7月以来のカルザイ大統領との再会を喜び合い、同氏が昨年の大統領選で再選されたことに対し祝意を表明。カルザイ大統領は、「日本には常に最前線で支援していただき感謝している」と述べた。

その上で、同国の復興状況について、経済や教育などの面で「さまざまな進歩が見られる」とし、あらゆる階層の代表らでつくる和平ジルガ(国民会議)を今月開催したことを紹介。しかし、テロとの戦いについては「まだ道半ばだ」と強調した。

山口代表は「日本が今後、支援を効果的に行うためには治安の改善が重要だ」と指摘し、3月にフリージャーナリストの常岡浩介さんがタリバンに拉致・監禁された問題について、「安全な解放に向け協力してほしい」と要請。カルザイ大統領は「(解放に向け)努力している」と答えた。

一方、山口代表は、06年の会談で公明党の神崎武法常任顧問(当時代表)が、復興における教育交流の必要性を訴え、今では約50人のアフガニスタンの留学生が来日していることに言及し、今後もさらに推進していく考えを示した。

このほか公明党が、支援してきた地雷除去の活動についても、引き続き推進していく考えを強調。「今後、集落の復興や医療、農業の推進など連続的支援が必要だ」と述べた。

カルザイ大統領は、同国の鉱物資源が豊かであるとし、「資源活用の面で、日本に恩返ししていきたい」と述べた。

| 新聞 | 17時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公約違反、国会軽視の民主党政権

公約違反、国会軽視の民主党政権
さあ参院選へ

民主党政権は通常国会を延長なしで一方的に閉じた。国民が期待した、新政権と野党との国会論戦から菅首相は「逃げ得」を決め込んだ。

これによって、参院選挙は24日(木)公示、7月11日(日)投票に決まった。

「政治とカネ」から逃げ、公約から逃げ、最後は野党との論戦からも逃げた民主党政権。私たちはこの参院選を勝ち抜いて、逃げるばかりの民主党政権を断じて追い詰めなければならない。

民主党はこれまで、政権担当能力をアピールしてきた。昨年9月の政権交代以降、明治維新以来の大改革をするとまで声高に叫んできた。しかし、通常国会が終わった今、民主党には政策実現能力も、政権を担うにふさわしい政治責任に対する自覚さえもないことがはっきりした。

政治責任に対するいいかげんさは「政治とカネ」で表れた。疑惑まみれの鳩山前首相と小沢前幹事長は結局、国会での説明責任を果たさなかった。秘書に責任を転嫁し、自身は「知らなかった」「不起訴になった」と独り善がりの釈明に終始。政治倫理審査会での弁明や、参考人招致、証人喚問のように他の議員から追及を受ける場から逃げ通し、民主党もこの2人を守りに守った。野党時代、民主党は「政治とカネ」問題を厳しく批判しながら、政権を取った途端、このありさまだ。

しかも、再発防止にも無関心だ。公明党の山口那津男代表が代表質問の中で、菅首相に対し、秘書への責任転嫁を阻止する公明党提案の政治資金規正法改正案への賛成を求めても、各党の協議に任せると答えるばかりだった。

政策実現能力のなさも、数々のマニフェスト詐欺で国民の前に明らかになった。

ムダを削れば財源は簡単に確保できると言いながら、これも結局は挫折。今年度予算は当初段階で初めて国債発行額が税収を超えた。民主党は、国の総予算207兆円の全面組み替えでマニフェスト実現の財源は確保できるため消費税増税は4年間必要ないと言いながら、菅首相は野党に対し、増税のための財政再建論議を呼び掛けている。

こうした公約違反や無責任さを隠すため、民主党は国会終盤での予算委員会開催を拒否した。一問一答で追及される予算委員会では菅首相がもたないと判断したのだろう。しかも、参院では、首相の問責決議案すら無視して国会を閉じる暴挙を演じた。

議論の場である国会のルールすら守れない民主党政権に鉄槌を下す必要がある。

| 新聞 | 17時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「新しい福祉社会」を築く公明新聞:2010年6月18日付

「新しい福祉社会」を築く公明新聞:2010年6月18日付

新聞

マニフェストを発表する山口代表=17日 公明会館公明が参院選マニフェスト
「クリーンな政治」実現を
成長戦略で景気回復後押し
記者会見で山口代表
公明党の山口那津男代表と斉藤鉄夫政務調査会長は17日、東京都新宿区の公明会館で記者会見し、7月11日投開票の参院選に向け、「マニフェスト2010 参院選重点政策」を発表した。

これは前回の衆院選で示した「マニフェスト2009」の政策のうち実現した項目を削除し、新たな項目を加えるとともに、一部を修正したもの。

全体は「新しい福祉」「景気対策・成長戦略」「クリーンな政治の実現」「国民のための行政の実現」からなる4つの主要政策と、教育、農林水産業、環境、平和の4つの重点政策で構成。これに加え、「当面する重要政治課題」として財政健全化や普天間飛行場移設問題、郵政見直しなどに対する公明党の考え方を提示するとともに、「社会保障にかかる財源と税制改革」に関する党の見解もまとめた。

最大の特徴は、うつ病や不安定雇用、独居高齢者など新しいリスクに対応する「21世紀型の新しい福祉社会」の構築を提案したこと。

具体的には、(1)新しい生活保障(2)新しい雇用保障(3)新しいヒューマンケア――の3つを提示。新しい生活保障では、空き家をリフォームし、住宅困窮者に低家賃で供給する「セーフティーネット住宅」の100万戸供給などを盛り込んだ。

また、新しい雇用保障では、「新卒」要件の卒業後3年間までの緩和などを明記。新しいヒューマンケアでは、うつ病の早期発見・治療から社会復帰までの一貫した支援体制の構築、地域ボランティアの育成による独居高齢者への支援拡充などを進める。

景気対策・成長戦略では、3年をめどに実質2%、名目3~4%の経済成長をめざす。これに向け、学校耐震化や介護施設の拡充などを促すほか、安心の社会保障・福祉の確立で内需を振興。環境など成長分野への投資を促し、新興国の旺盛な需要も取り込む。

クリーンな政治の実現に向けては、企業・団体献金を全面禁止し、政治家の秘書への監督責任を強化。国民のための行政の実現では、天下り根絶への規制強化や税金の不正使用の撲滅を掲げた。

一方、社会保障の財源と税制改革については、新しい福祉の確立へ景気回復などを進めた上で、消費税を含む税制の抜本改革を行うとした。

記者会見で山口代表は、「一番問われているのは国、地方を通じた政策課題をキャッチし、(解決へ)それを政策として実現していく力。それに応えられるチーム力を備えているのは公明党だ」と強調した。

◎卒業後3年を「新卒」に
◎うつ病の早期発見・治療
◎安心の社会保障で内需振興
◎企業・団体献金の全面禁止
◎天下り根絶へ規制を強化

| 新聞 | 17時09分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010/06/17 逃げまくりの民主、参院選で審判を

| 動画 | 17時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

政治動かす内閣支持率公明新聞:2010年6月17日付

政治動かす内閣支持率公明新聞:2010年6月17日付

求められる熟慮と討議の民主主義
世論調査の課題

世論調査の内閣支持率が日本の政治や政局に大きな影響を与えている。

今月2日の鳩山前首相の辞意表明は、「普天間移設」や「政治とカネ」で支持率が20%を切り、「このままでは参院選を戦えない」という党内の声に押されたことが主な理由だといわれている。

さらに、菅新政権は国民新党との約束を違えて、今国会で郵政見直し法案を成立させることを断念したが、これは、内閣支持率が急回復したことから、野党に攻撃されないうちに、早めに参院選に突入した方が有利だと判断したからである。

政権与党が支持率に一喜一憂するようになったのは、選挙のたびに支持政党を変える有権者が増え、いわゆる無党派が選挙結果を左右することから、政党や候補者のイメージや人気が重視されるようになったためである。商品の人気度を知るのと同じように、政党や政治家への評価は、世論調査や支持率の数字に表れる。有権者の声が届きにくい政党では、これらの数字に過敏になるのはやむを得ない。

だが、世論調査の支持率には問題点も指摘されている。支持率には人々の多様な声が含まれている。「支持する」といっても、「強い支持」もあれば、「渋々の支持」もあるはずだ。それらは世論調査の中では、同じ「支持」として扱われ、合計されてしまうのである。

また、回答では「一時的な印象」か「十分考えた意見」かの区別はつかない。最近、“緊急”世論調査が目立つが、回答者の第一印象の表明に過ぎないことが多い。この数字がテレビや新聞で大きく報道され、人々は世論の風向きを知り、自分の考えを調整する。世論調査の結果が世論になっていく。

世論調査の方法も報道各社によって異なる。コンピューターで無作為に選んだ電話番号を使うRDD方式が主流だが、面接法で行っている社もある。数値の違いが目立つこともある。菅新内閣への支持率は、毎日新聞が66%、時事通信社41.2%と、同時期の調査にもかかわらず数値は大きく異なる。前者がRDD方式、後者が面接という違いはあるものの、二十数ポイントも異なっている。

民主主義の下での世論は、人々の意見の集約であり、一対一の対話や徹底した議論を通じて、形成されていくものだ。世論調査に表れた世論ではなく、草の根の世論をつくっていくことが民主主義を鍛え、衰弱する政党政治を蘇らせることになるはずである。

| 新聞 | 12時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ参院選 反転攻勢を公明新聞:2010年6月17日付

いざ参院選 反転攻勢を公明新聞:2010年6月17日付

新聞

勝ちどきを上げて参院選勝利を誓い合った両院議員総会=16日 国会内国会閉幕、民主が異常な強権運営
菅政権の“逃げ得”許さず
口蹄疫の特措法成立など 国民生活を守る公明党
両院議員総会で山口代表ら
第174通常国会は16日、150日間の会期を終え閉幕した。これにより参院選は、6月24日公示、7月11日投票の日程が確定。公明党は16日夕、国会内で両院議員総会を開き、参院選へ勇躍出陣した。山口那津男代表、井上義久幹事長は、「政治とカネ」などで説明責任を果たさず、逃げまくりに終始した菅政権に対して、「参院選では断じて“逃げ得”は許さない」と厳しく追及する考えを示した。白浜一良参院会長、漆原良夫国会対策委員長、斉藤鉄夫政務調査会長もあいさつした。


| 新聞 | 12時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主・参院選マニフェスト、全容明らかに

民主・参院選マニフェスト、全容明らかに
6月17日3時6分配信 読売新聞


拡大写真 ・・・・詳しくはこちらへ
読売新聞
 民主党の「参院選マニフェスト」(公約)の全容が16日、明らかになった。

 菅首相が目指す「強い経済、強い財政、強い社会保障」の実現に向け、「消費税を含む税制抜本改革に関する協議を超党派で開始する」と明記した。

 原案では税制抜本改革の時期を「衆院選後」としていたが、最終的に時期に関する言及を見送った。衆院選を経ずに、早期に増税の方針を打ち出す可能性を示したものだ。

| 新聞 | 09時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主は“裏切り”の連続公明新聞:2010年6月16日付

民主は“裏切り”の連続公明新聞:2010年6月16日付


野党各党の党首らとともに、民主党の横暴な国会運営を糾弾する山口代表(中央)=15日 東京・新宿駅西口予算委の開催撤回 党略優先の国会運営糾弾
街頭演説で山口代表
公明党の山口那津男代表は15日夕、東京・新宿駅西口で、自民、新党改革、みんな、たちあがれ日本の野党各党党首らとともに街頭演説を行い、国会論戦から逃げる菅政権を糾弾。「参院選では逃げまくる菅政権、民主党に断固たる審判を下そうではないか」と呼び掛けた。


| 未分類 | 17時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

21世紀型「新しい福祉」を公明新聞:2010年6月16日付

21世紀型「新しい福祉」を公明新聞:2010年6月16日付

新聞

代表質問で「新しい福祉」の推進を訴える山口代表=15日 参院本会議生活保障 雇用保障 ヒューマンケア の3本柱
総合的うつ対策など推進
参院本会議で山口代表
参院は15日、本会議を開き、菅直人首相の所信表明演説に対する各党代表質問を行った。公明党の山口那津男代表は、解決が放置されたままの「政治とカネ」の問題や、具体性のない同政権の経済・財政方針を批判。また、公明党が主張する「新しい福祉」や、地球温暖化対策、公務員制度・国会改革などで具体策を提案するとともに、米軍普天間飛行場移設問題に対する同政権の対応をただした。


| 新聞 | 17時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010/06/15 野党合同街頭演説会 山口那津男代表

| 動画 | 17時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<はやぶさ>行った「イトカワ」ってどんな小惑星? 形は? 命名理由は? 

<はやぶさ>行った「イトカワ」ってどんな小惑星? 形は? 命名理由は? 
6月15日11時57分配信 毎日新聞


拡大写真
はやぶさが着陸した小惑星「イトカワ」=JAXA提供
 ◆イトカワってどんな小惑星?

【最後は“流れ星”に…はやぶさ打ち上げから地球再突入、カプセル回収までを写真で見る】

 ◇重力、地球の10万分の1--最長540メートル 落花生形、岩の塊

 なるほドリ 小惑星探査機「はやぶさ」が帰ってきたね。はやぶさが行った「イトカワ」ってどんな小惑星?

 記者 地球と火星の間の軌道を回る、最も長いところが540メートルしかない小惑星です。米国のチームが98年に発見し、はやぶさの打ち上げ後、イトカワと命名されました。日本初のロケットを開発し「日本の宇宙開発の父」と呼ばれる故・糸川英夫博士にちなんでいます。

| 新聞 | 17時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊中市私立幼稚園

本日 豊中市私立幼稚園 PTA連合会大会・PTA教養講座が豊中市民会館で開催されました。詳しくはこちらへ

| 豊中市内 | 16時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月