FC2ブログ

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

ここがポイント 公明党☆マニフェスト公明新聞:2010年6月22日付

ここがポイント 公明党☆マニフェスト公明新聞:2010年6月22日付


雇用の安全網拡充のイメージ参院選に向け、公明党は17日、「マニフェスト2010 参院選重点政策」を発表しました。マニフェストは、「新しい福祉」「景気対策・成長戦略」「クリーンな政治」「国民のための行政の実現」の4つの主要政策と、教育、農業、環境など4つの重点政策を柱に構成。そのポイントを解説します。


「新しい福祉」実現

生活・雇用保障を確立
総合うつ対策など ヒューマンケアも柱に



公明党は、年金・医療・介護のさらなる充実や雇用の安定、うつ病など現代的な課題に対応する「新しい福祉」を主要政策に掲げました。国民の安心を守るために(1)新しい生活保障(2)新しい雇用保障(3)新しいヒューマンケア――を柱とする「WING21プラン」の実現をめざします。

生活保障では、低年金者対策として、基礎年金を25%上乗せする加算年金制度の創設や、年金受給資格期間を25年から10年に短縮することなどを提案。昨年秋に全国で実施した「介護総点検」を基にした政策提言「新・介護公明ビジョン」の実現をめざし、高齢者が安心して暮らせる介護環境を整備します。

雇用保障では、職業訓練の受講を条件に生活費を支給する「訓練・生活支援給付金制度」の恒久化など、第2の安全網を整備。また、卒業後3年間は「新卒」扱いとし、新卒未就職者を支援します。

「ヒューマンケア」では、心身症や孤独死、虐待、家庭内暴力への対策など、人にやさしい社会の実現を提唱。うつ病の総合対策では、公明党の主張で今年4月から保険適用された有効な治療法「認知行動療法」の推進と専門家育成を進めます。


スポンサーサイト



| 新聞 | 11時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国民が望む政治つくる公明新聞:2010年6月22日付

国民が望む政治つくる公明新聞:2010年6月22日付

新聞

事務所開きで参院選勝利へ決意を述べる山口代表(右から2人目)と竹谷さん(右端)=21日 公明会館竹谷さんの事務所開きで強調
山口代表
公明党の竹谷とし子女性局次長(参院選予定候補=東京選挙区)の事務所開きが21日、東京都新宿区の公明会館で盛大に開かれた。これには、山口那津男代表、高木陽介衆院議員(党都本部代表)らのほか、多数の来賓が出席し、参院選勝利へ力強くスタートを切った。

席上、山口代表は、「政治とカネ」や「普天間」問題、ほとんど実行できないマニフェストなど、民主党の政権運営の惨憺たる状況を指摘。

参院選は「民主党の政権運営に審判を下す選挙。政権を打倒し、国民が本当に望む政治をつくり上げていこう」と訴えた。

その上で、「東京選挙区は各党が看板候補を立てており、しのぎを削る厳しい選挙区」との認識を示すとともに、公認会計士として活躍してきた竹谷さんは、行政のムダ削減や財政の健全化に貢献できる実力を持つ人と力説した。

竹谷さんは「全身全霊をかけて戦い、必ず勝ち抜く」と決意を述べた。

| 新聞 | 11時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

過去に例なし!NHK、名古屋場所の放送中止も

過去に例なし!NHK、名古屋場所の放送中止も
6月22日8時0分配信 スポーツ報知

 大相撲の野球賭博事件で、NHKは7月11日から始まる大相撲名古屋場所の放送について対応を協議していることが21日、分かった。

 同局広報部では、日本相撲協会が設置した外部調査委員会の「推移を見守る」とした上で、「視聴者の目線を大事にしながら、視聴者のご意見や事件の動向を見ながら、総合的に判断していく」と説明。21日現在で、放送するか中止するかについては「言及できない」としている。視聴者からのメールや電話が900件あり、その中には放送すべきではない、との意見もあるという。

 23日には日向英実総局長の会見が行われる予定で、そこで何らかの説明があるとみられる。

 NHKで大相撲のテレビ中継が始まったのは、1953年5月16日の夏場所から。これまで95年の阪神大震災などの自然災害で中継が中断されたことはあるが、放送自体が中止になったことは「過去に例がない」(同局広報部)という。

| 新聞 | 11時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「同じ答えでは失礼だと…」発言のブレで前首相

「同じ答えでは失礼だと…」発言のブレで前首相
6月21日23時9分配信 読売新聞

 鳩山前首相は21日夜のFM放送J―WAVEの番組で、首相在任中に自らの発言のブレが問題となったことについて、「ぶら下がり取材などで同じような質問を聞かれたが、同じ答えでは失礼だと思って少しずつ変化をつけた」と釈明した。

 また、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題や自らの「政治とカネ」の問題などへの対応について、「首相がにこやかでないと国が明るくならないと思っていたが、『こういう時には一切笑ってはいけない』と言われ、ますます孤独感を高めた」と振り返った。 最終更新:6月21日23時9分

| 新聞 | 11時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月