FC2ブログ

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

国民安心の社会保障示せ公明新聞:2010年7月5日付

国民安心の社会保障示せ公明新聞:2010年7月5日付

新聞

NHK「参院選特集」で、消費税増税などをテーマに討論する与野党各党党首=4日テレビ討論会での山口代表らの発言(詳報)


新報道2001(フジテレビ系)

消費税、与党内からも異論
公明は8千億円超(昨年度)のムダ削る

菅直人首相 消費税について、今政府の税制調査会で議論している。野党との協議と並行するかもしれないが、今年度中には考え方をしっかりと固めたい。

谷垣禎一・自民党総裁 問題提起は評価するが、何に使い、どの程度のことを考えているのかを明確に言わなければいけない。まず全体設計を述べ、その上で部分の設計も言うべきだ。

平井文夫・フジテレビ報道局専任局長 首相がガンガン行き過ぎて、民主党がついて行けていない。小沢(一郎・前民主党幹事長)さんも反対して亀井(静香・国民新党代表)さんも与党内で反対している。

山口那津男代表 首相が言われていることは、普天間基地の迷走と同じ経路をたどっている。「4年間上げない」「20兆円歳出削減できる」と言ってきたのに、なぜ急に消費税増税に変わるのか。党内も議論がまとまっていない。小沢さんは「(国民に)ウソを言ったことになる」、鳩山(由紀夫前首相)さんは「私の公約では(消費税を)4年間上げない。守ってください」と述べている。与党内では亀井さんも反対だ。その中でなぜ消費税を上げることが急に出てくるのか。まずそこが大きな間違いだ。

さらに、今景気が悪く、国民の皆さんが苦しんでいる。そこで消費税を上げれば消費が冷え込み景気が悪くなる。この問題をどう克服するかも答えていない。もっと徹底してこれらの道筋をつけることを先にやるべきだ。

菅 ムダの削減については、この内閣として、あるいは鳩山政権の一丁目一番地であり、事業仕分けを含めやってきたが、当初思ったほど簡単ではなかった。

山口 事業仕分けは、われわれが行政改革推進法に入れた言葉だ。昨年度われわれが政権を持っているときも、事業仕分けを行い8000億円(以上)のムダを削った。

谷垣 マニフェストをどうするかという根本的な提言がない限り、消費税は菅さんのもとでは20%は下らないと思う。

山口 (菅首相が)プライマリーバランスを2020年までに黒字化するとしていることは、われわれが言ってきたことと同じだが、民主党政権になって、より財政は悪化している。だから「消費税ありき」の議論になる。負担をするところだけみんなで協議しましょうというのはまずい。まずは社会保障から議論すべきだ。

スポンサーサイト



| 新聞 | 11時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

景気・経済対策に全力公明新聞:2010年7月5日付

景気・経済対策に全力公明新聞:2010年7月5日付

山口代表ら党幹部
国民不在の政治と決別
公明党の太田昭宏全国代表者会議議長は4日、埼玉県ふじみ野、坂戸の両市で行われた街頭演説に駆け付けた。

太田議長は、迷走を続ける民主党政権について「デタラメでウソだらけ。混乱させるだけで何もしない」と批判。今の日本の課題を「第一に景気・経済、第二に年金・医療・介護」とし、「こうした課題(解決への対策)をブレなくやり続けている唯一の政党が公明党」と訴えた。

公明党の山口那津男代表は4日、大阪市内2カ所で街頭演説した。

山口代表は、国土の保全や水資源の確保、豊かな緑の維持など、農業の持つ多面的な機能を挙げ、「日本で農業が見直される時がきた」と指摘。特に、都市部やその近郊での農業の活性化のため、「都市農業振興法(仮称)」の制定や、生産緑地での相続税納税猶予制度の堅持などの必要性を強調。「伝統野菜などの都市農業を次の世代へ受け継ぐ基盤を養っていく」と決意を述べた。

公明党の古屋範子女性局長(衆院議員)は4日、茨城県つくば市で街頭演説に立った。

古屋さんは、子ども手当の満額支給断念など、民主党の公約違反の数々を批判。「最たるものは『4年間は上げない』としていた消費税率の引き上げへの動きだ」と糾弾した。

| 新聞 | 11時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

増税ありき」は間違い公明新聞:2010年7月5日付

増税ありき」は間違い公明新聞:2010年7月5日付

新聞

各党党首による討論番組で見解を述べる公明党の山口代表=4日テレビ党首討論で山口代表
社会保障の議論を先に
首相の消費税発言「普天間」と同じ迷走ぶり
公明党の山口那津男代表は4日午前、フジテレビ系「新報道2001」、NHK「参院選特集」、テレビ朝日系「サンデーフロントライン」の各番組で行われた与野党党首らによるテレビ討論に相次いで出席し、菅直人首相が国民との約束に反して「消費税増税」を表明したことを「普天間基地の迷走と同じ」と批判。財政再建は経済成長と歳出削減が「車の両輪」とした上で、国民に安心感を与えるためにも社会保障の議論を先行させるべきと訴えた。

テレビ討論会での山口代表らの発言(詳報)

山口代表は、菅首相が消費税率を「4年間上げない」との民主党の公約を翻し、「10%」への引き上げに言及したことについて、「(前政権の)普天間基地の迷走と同じ経路をたどっている」と批判。

その上で「昨年の(民主党)マニフェストなどで(財源を)20兆円出せる、消費税は4年間上げないと言っていた。なぜ1年も経たないうちに、急に消費税を上げることに変わるのか」と指摘し、明確な説明がないままの方針転換を糾弾した。

また、山口代表は財政再建のあり方について「経済成長による税収増と、思い切った歳出削減が車の両輪」と強調し、「経済成長をもっと強い勢いでやることに本腰を入れるべきだ。デフレ状況の中で消費税を上げ、財政再建と言っても景気が腰折れしてしまう」と指摘。

さらに「民主党政権になって、より財政は悪化し、消費税率を10%どころか、15%くらいまで上げる試算まである。だから、菅さんは『消費税増税ありき』という議論になる」と批判した。

来年度予算編成に関しては、政府・与党が来年度の国債発行額を44兆円以下に抑制する方針を示していることや、民主党マニフェスト実現のために5~6兆円の歳出増が見込まれていることなどから、歳入が約12兆円不足すると指摘し、「(国債発行額を)44兆円で枠を作ったのだから、マニフェストはもう破たんしている。(民主党は)あきらめるべきだ」と述べた。

また、菅首相が呼び掛ける財政再建のための与野党協議について山口代表は、「消費税という国民に負担を求めるところだけ、野党と一緒に議論しようというのは“ご都合主義”だ。どこに使うかという、社会保障の中身をまず議論した上で、消費税だけでなく税制全体の議論を進める。こういう順序が大事だ」と力説した。

一方、年金制度について菅首相や民主党の枝野幸男幹事長が「全然安心ではなくなっている」などと悪宣伝したことに対し、山口代表は「どこが安心でなくなったのか。3000万人に毎年40兆円、給付されている。そういういい加減なことを言うべきではない」と反論した。

「政治とカネ」の問題については、「何も前進していない。菅さんも全然触れない。これだけ問題になったのだから、どう決着付けるか、どのような再発防止策をつくるのか、真剣に取り組んでもらいたい」と、「政治とカネ」隠しの姿勢を批判した。

| 新聞 | 11時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月