FC2ブログ

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

首相がすぐ交代すると信頼構築は難しい」 米国務次官補が異例の発言

首相がすぐ交代すると信頼構築は難しい」 米国務次官補が異例の発言
7月28日11時3分配信 産経新聞


拡大写真
アメリカのキャンベル国務次官補=4月27日午後、千葉・成田空港(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)
 【ワシントン=佐々木類】キャンベル米国務次官補は27日の米下院軍事委員会の公聴会に出席し、2年間で4人の首相が生まれた日本の政治について、「首相や閣僚がすぐに交代すると、政府間に必要な信頼関係の構築が非常に難しくなる」と語った。

[フォト]普天間飛行場移設をめぐる合意・発言

 鳩山政権時代、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設をめぐり、両国関係の修復に尽力したキャンベル氏が、日本の内政に関して発言するのは極めて異例だ。

 同氏の発言は、スナイダー議員(民主党)から「2年間で4人の首相が生まれた日本にとって、どういう安全保障上の問題が生じるか」と質問されたのに対して答えたものだ。

 キャンベル氏は「同盟国の内政に、あからさまにコメントしない方がいい」と断ってはいるものの、「政府とは組織の問題だが、個人の問題でもある」とも述べた。一方で、「日米同盟関係だけでなく、経済やその他の重要課題を解決するためにも、日本には政治の継続性に大いに期待している」と強調した。

スポンサーサイト



| 新聞 | 13時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一律削減で財源2兆円超=特別枠、政策コンテストで配分―概算要求基準を閣議決定

一律削減で財源2兆円超=特別枠、政策コンテストで配分―概算要求基準を閣議決定
7月27日19時46分配信 時事通信

 政府は27日夕、臨時閣議を開き、2011年度予算の概算要求基準を決定した。国債費を除く一般会計歳出の上限を10年度並みの約71兆円とし、その枠内で徹底的な組み替えを行う。経済成長の実現に向けた元気な日本復活特別枠を設定し、規模は「1兆円を相当程度超える」と明記した。財源を確保するため、各省庁に一律1割の経費削減を求めた。要求は8月末までに提出する。
 概算要求基準によると、国会や裁判所などを除く各省庁が1割削減などを行った場合の経費合計額は22兆982億円で、これが事実上の要求上限となる。一律削減で、2兆3066億円の財源を確保し、特別枠や社会保障費などに充てる。特別枠は公開の「政策コンテスト」を実施して特別枠の配分を決定する。国債発行額は財政規律を保つため、約44兆円を上回らないよう全力を挙げる。
 菅直人首相は臨時閣議で、「国民目線、国益に立脚した予算の組み替えを断行し、経済成長や国民生活の質の向上を実現する」と強調した。 

| 新聞 | 12時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

概算要求基準を閣議決定 先の見えない予算編成公明新聞:2010年7月28日付

概算要求基準を閣議決定 先の見えない予算編成公明新聞:2010年7月28日付


歳出の大枠を約71兆円以下に「政治主導」演出に躍起
バラマキ政策の縮減が必至
菅政権は、財政規律を守りながら、マニフェストの実現ができるのか。2011年度予算編成に対し、そんな懸念が高まっている。

政府は27日、11年度予算概算要求基準(シーリング)を閣議決定した。

シーリングとは、もともと「天井」を意味し、予算の膨張を避けるため、各省庁が要求する予算の上限を示したものだ。10年度予算では、鳩山前政権が自公政権で決めた概算要求基準を廃止してバラマキ政策に走った揚げ句、国家財政を借金漬けに。この反省を踏まえ、菅直人首相は概算要求基準を復活させたが、迷走に歯止めがかかっていない。

今回の概算要求基準では、国債利払い費などを除く一般会計歳出額を10年度と同水準の約71兆円とし、新規国債発行額が10年度当初予算(約44兆円)を上回らない方針を明記した。

ただ、11年度は子ども手当の上乗せや高速道路無料化、戸別所得補償制度など、民主党の公約実現のための歳出増が目白押し。内閣府は11年度の歳出と歳入の差を約49兆円と試算し、この歳入不足を国債発行で賄うとしても5兆円が足りない。つまり、バラマキ公約の何を、どれぐらい削るのかを明確にしなければ、予算編成は不可能だ。

今回は公約した政策に予算を重点配分するための「元気な日本復活特別枠」を新設するという。だが、その額は2兆円を求める民主党と、それに反発する財務省の主張を取り入れた“玉虫色の決着”となり、「1兆円を相当程度に超える」とあいまいなままだ。

最大の問題は特別枠の財源だ。政府は社会保障費などを除く政策的経費(約24兆円)を各省一律10%削減(前年度比)し、それを充当する方針だが、閣僚の間には、反発も根強い。10%削減で約2兆円をねん出できたとしても、社会保障費の自然増分(1.3兆円)に充てれば、実際に使える予算はわずか1兆円程度になってしまう。

菅政権は、民主党が看板にしてきた政治主導を担わせるために創設した国家戦略室の機能縮小も余儀なくされた。

今回の概算要求基準では、特別枠の予算配分を公開で行う「政策コンテスト」を導入するなど、政治主導のアピールに躍起だが、「財務省依存の実態は隠しようがない」(27日付「朝日」)のが実情だ。

| 新聞 | 11時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日差し避け、水分の補給を公明新聞:2010年7月28日付

日差し避け、水分の補給を公明新聞:2010年7月28日付

お年寄りには周囲の注意が必要
熱中症対策

連日の猛暑で「熱中症」による死者や救急搬送者が急増している。

お年寄りの被害が多いが、若い人でも油断は禁物だ。炎天下の屋外はもちろん、閉めきった暑い部屋など屋内で発症するケースも少なくない。

できるだけ日差しを避け、水分のこまめな補給を心掛けるなどして、熱中症から身を守っていきたい。

関東などが梅雨明けした17日以降、日本列島は連日の猛暑に見舞われ、最高気温が35度以上の「猛暑日」を記録する地域が急増。22日には岐阜県多治見市で今夏最高の39.4度を記録した。

消防庁のまとめによると、今月19―25日の1週間に熱中症で病院に搬送され、直後に病院で死亡が確認された人は全国で57人。過去に例のない被害となった。入院後の死亡などを含めると、実際の死者は数倍に上る可能性が高い。その大多数が65歳以上の高齢者である。

死者が最も多かった埼玉県では、今月の救急搬送者のうち、疑いのある例も含めて熱中症と判断された人が1―25日までで1168人に上り、過去最高だった昨年7月(393人)の約3倍にも達している。

めまいや吐き気、だるさやけいれんなどを発症する熱中症を防ぐには、外出時はできるだけ炎天下を避け、日傘や帽子を利用するなどの自衛策を講じたい。屋内ではエアコンなどで室温の調整に気を配り、すだれなどで日光の直射を防ぐことも大切だ。

働き盛りや若い人でも脱水症状で倒れる場合が少なくない。このため、水分と塩分を補給することが欠かせない。のどが渇いてからでは遅く、こまめな補給を心掛けたい。なお、ビールなどの酒類は利尿作用があり、かえって脱水を促すことに留意したい。

高体温を防ぐのも重要で、通気性がよく、黒色系を避けた服を着るのが効果的だ。

さらに体温調節がうまくできない高齢者や幼児の場合、閉めきった部屋でエアコンを使用していなかったり、水分の摂取が足りなかったために亡くなったケースが多く、周囲の注意が欠かせない。

高齢者は軽症でも一気に重症化しやすい。熱中症を疑う症状を見つけたら、涼しい場所に移して水分を補給し、ぬらしたタオルで体温を下げる応急処置を施したい。意識障害などの場合は速やかに病院に搬送することが肝要だ。

今年は太平洋高気圧の勢力が強く、今後も猛暑が続くという。熱中症に十分注意し、暑い夏を乗り切りたい。

| 新聞 | 10時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子宮頸がんをゼロに公明新聞:2010年7月28日付

子宮頸がんをゼロに公明新聞:2010年7月28日付

新聞

記者会見で法案の共同提出を呼び掛ける山口代表(右から2人目)ら=27日 国会内予防法案 共同提出を
ワクチン、検診全額国の補助で 公明、各党に呼び掛け
記者会見で山口代表ら
公明党の山口那津男代表は27日、国会内で記者会見し、子宮頸がんのワクチンや予防検診費用への公費助成を盛り込んだ予防法案について、30日召集の臨時国会への共同提出を与野党各党に呼び掛ける考えを示した。記者会見には、松あきら副代表、古屋範子、高木美智代の両衆院議員が同席した。

同法案の柱は、ワクチン接種と予防検診(細胞診とHPV=ヒトパピローマウイルス=検査)の推進。具体的には、特定年齢(12歳を想定)へのワクチン一斉接種と、一定の年齢の女性への予防検診を、全額国庫で補助することを規定。予算額は平年度で550億円と試算している。

公明党は先の通常国会でも同法案を提出したが、審議未了で廃案となっていた。

記者会見の席上、山口代表は、与野党の参院選マニフェストに子宮頸がん対策の推進が盛り込まれていたことに言及し、「大きな反対があるとは考えにくい。わが国で年間3500人の女性が亡くなり、1万人以上の方が罹患するということをなくすために、党派を超えて、この法案の早期成立と予算措置の実施を図るべきだ」と強調した。

また、12歳の女性へのワクチン一斉接種に必要な費用は210億円とされる一方、罹患者をなくすことで節約できる医療費は約400億円に上るとの試算を紹介。「諸外国の調査でも予防措置にかけた費用の2倍の効果があるということは、ほぼ立証されている」と力説した。

子宮頸がんは、近年、若い女性の罹患が急増しており、死亡率も高いことから、女性の健康と生活に深刻な影響を与えている。ほとんどの子宮頸がんはHPVの感染が原因と解明されていることなどから、ワクチン接種と予防検診により「予防できる唯一のがん」とも言われる。

公明党はこれまでも、乳がん・子宮頸がん検診無料クーポンの配布を実現し、子宮頸がん予防ワクチンの早期承認も訴え、対策を力強く推進してきた。

法案の骨子

【ワクチン接種】▽効果の高い特定年齢の一斉接種は全額補助▽ワクチンの安定供給の確保、新型ワクチンの開発に関する研究▽居住地域を問わない接種機会の均てん化

【予防検診】▽一定の年齢の女性への検診は全額補助▽子宮頸がん検診を予防検診にまで拡大▽居住地域を問わない受診機会の均てん化

| 新聞 | 10時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

辻元氏離党、支援者「ついに来たか」 地元大阪に波紋

辻元氏離党、支援者「ついに来たか」 地元大阪に波紋
2010年7月28日(水)00:28
 社民党の辻元清美衆院議員(50)=大阪10区選出=の離党表明に、辻元氏を知る人や地元関係者の間に波紋が広がった。国土交通副大臣の経験を踏まえ、「現実との格闘から逃げずに仕事を進めたい」と語った辻元氏。今後は無所属で活動すると表明したが、選挙区事情も含め、民主党との関係に視線が集まる。

| 新聞 | 10時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<ゲゲゲの女房>ヒロインの幼少期演じた子役が長女役で再登場 「ちりとてちん」以来2年半ぶり

<ゲゲゲの女房>ヒロインの幼少期演じた子役が長女役で再登場 「ちりとてちん」以来2年半ぶり
7月28日5時1分配信 まんたんウェブ


拡大写真
「ゲゲゲの女房」に再登場することになった長女役の菊池和澄さん=NHK提供
 放送中のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で、松下奈緒さん演じるヒロイン・布美枝の7歳のころを演じた菊池和澄(あすみ)さん(11)が、8月9日の週から布美枝の9歳の長女・藍子役で再登場することが28日、明らかになった。連続テレビ小説のヒロインの子ども時代を演じた子役がヒロインの長女として再出演するのは、07年度後期に放送した「ちりとてちん」の桑島真里乃さん以来で約2年半ぶり。

 藍子役は赤ちゃんのころから数えて菊池さんで6代目。菊池さんは「ゲゲゲの女房」に再出演と聞いて「もう一度出演したいと思っていたので、それが実現して信じられないくらいうれしかったです」と大喜び。「最初に演じた役の娘を演じるのは、不思議な感じがしました」というが、松下さんやお父さん役の向井理さんとは「本当のおかあちゃん、おとうちゃんのように、学校の話を聞いてくれたり、遊び相手になってくれる、優しいおかあちゃん、おとうちゃんです」と撮影現場は、本当の家族のように和気あいあいとしているようだ。

 制作統括・谷口卓敬チーフプロデューサーは「ヒロイン・布美枝の子役時代を演じた菊池さんは、控えめで感受性豊かな少女の雰囲気を見事に醸し出していました。今回、ヒロインの長女役を決定するに当たって、親譲りの繊細な内面の持ち主であることを表現できるのは菊池さんをおいてほかにないと思い、再登場をお願いしました」と話している。

 菊池さんが再登場する8月9日の週は、小学4年生になった藍子(菊池さん)は、学校で「水木しげるの娘」と好奇の目にさらされてストレスを抱え込むが、布美枝(松下さん)は娘の悩みの本質に気付くことがなかなかできない……というストーリーが展開する。ドラマ「ゲゲゲの女房」は、NHK総合で毎週月~土曜午前8時に放送。(毎日新聞デジタル)

| 新聞 | 10時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<米国防次官補>グアム移転14年完了「断念」…下院委で

<米国防次官補>グアム移転14年完了「断念」…下院委で
7月28日1時10分配信 毎日新聞

 【ワシントン古本陽荘】米下院軍事委員会で27日、日米関係に関する公聴会が開かれた。ファネンスティル国防次官補は在沖縄米海兵隊のグアム移転について「日程通りの建設を進めるにはグアムの社会資本整備は不足している」と述べ、日米合意で目標としていた2014年の移転完了を事実上断念する考えを議会側に伝えた。米政府はすでにグアム州政府に、建設の延期方針を伝えている。

 一方、共和党のマケオン議員が「(日本側が)米軍普天間飛行場の代替施設の詳細な建設計画の決定を先送りしていると報じられている。合意できなければどうするのか」と懸念を表明したのに対し、グレグソン米国防次官補(アジア・太平洋担当)は「日米専門家の協議は進展している。予定通り8月末までに結論が出ると期待している」と応じた。

| 新聞 | 10時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月