FC2ブログ

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

公明、地域医療守り抜く公明新聞:2010年8月12日付

公明、地域医療守り抜く公明新聞:2010年8月12日付

管理運営のRFO“緊急避難”で2年延長
無責任すぎる民主党政権 「存続法」の整備急げ
社会保険病院などの存続問題
古屋範子衆院厚労委理事に聞く
全国の社会保険病院や厚生年金病院などを管理運営する「年金・健康保険福祉施設整理機構」(RFO)の存続期間を2年間延長する法律が、6日の参院本会議で公明党など与野党の賛成多数で可決、成立した。延長法の意義や課題などについて、公明党の古屋範子衆院議員(厚生労働委員会理事)に話を聞いた。

――RFOとは何か。

古屋 2004年、旧社会保険庁による公的年金流用問題など相次ぐ不祥事が発覚。以後、社会保険病院などの年金福祉施設には保険料を投入しないことを決め、社保庁から引き継いだ病院などを含む年金福祉施設を「5年以内」に廃止・売却するために、05年10月に新設されたのがRFOです。その間の病院・福祉施設の管理運営も担ってきました。

――今年9月末で、その「5年」が終わるが。

古屋 5年の短期間で健康福祉センター(サンピア)など301施設すべての売却先が決まりましたが、病院はこれまで1病院のみです。このままRFOが存続期限の9月末で解散すれば、地域医療で重要な役割を担う全国62の社会保険病院、厚生年金病院を運営するところがなくなるため、病院の地元住民からは不安の声が上がっていました。

――この問題で、公明党の取り組みは。

古屋 公明党は09年2月、政府に対しRFO解散後も病院が安定して事業を継続できるように、新たな受け皿の将来像を早急に示すよう要請しました。

政権交代後の昨年10月、民主党政権はRFOを引き継ぎ、全国の社会保険病院、厚生年金病院を存続させる受け皿として、新たな独立行政法人「地域医療機能推進機構」を設置する法案を提出しました。しかし、この法案では、東京・北区の東京北社会保険病院など独自の運営委託先をもっている4病院については、現在の機能・体制を維持したまま新機構に移行することが困難。そこで公明党が強く主張し、厚生労働相が定める病院については従来の体制で病院を存続できるよう法案を修正し、今年5月末には衆院を通過させていました。

――ところが通常国会の終盤、鳩山由紀夫首相の突然の辞任などで法案がたなざらしにされ、結局は廃案となってしまった。

古屋 全く無責任すぎます。責任ある政府なら、法案が廃案となっても、その影響が病院の運営に及ばないよう“次善の策”を講じるもの。ところが、鳩山政権でも菅政権でも、全く対応する気配がない。そこで公明党が主導し、あくまでも緊急避難的措置として、RFOの存続期間を2年延長する法案を議員立法で準備し、各党に呼び掛けて成立させたわけです。

――今後の対応は。

古屋 「延長法」で2年の猶予期間ができたとはいえ、病院の運営主体は暫定的なまま。大事なのは、社会保険病院などを安定して「存続」させることです。地域医療を守るため、公明党は一刻も早く政府に“つなぎ”ではない存続法案の提出を求め、早期成立を迫ってまいります。
スポンサーサイト



| 新聞 | 11時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まずは実態把握が先決だ公明新聞:2010年8月12日付

まずは実態把握が先決だ公明新聞:2010年8月12日付

後手に回った政府の初動対応
高齢者の所在不明

「居るはずのところに、いらっしゃらない。こういう問題も起きている」――5日の参院予算委員会で、公明党の山口那津男代表は、各地で発覚している高齢者の所在不明問題を取り上げ、政府に対し迅速な対応を強く促した。

7月下旬、東京都内で都内最高齢男性とみられていた男性が死後30年以上も経過した姿で見つかった。この衝撃的な事件を機に、各地で100歳以上の高齢者の所在不明が連日のように相次ぎ判明している。

6日になって、ようやく政府は関係閣僚による会合を持った。官房長官は、問題点を把握し対策を講じるよう指示したという。だが、事の重大さを甘く見たのか、初めて会議を開いたのは東京の最初の事例から一週間以上も過ぎた後のこと。民主党政権の初動対応はここでも後手に回った。

高齢者の生存不明という問題は、幾つかの課題を浮き彫りにしている。

死亡届が提出されなければ住民登録は残る。その人物は届け出のある住所地で“生きている”ことになる。神戸市では100歳以上の高齢者のうち105人の所在が分からなくなっているという。各地の事例は届け出主義による住民把握の限界を露呈した。

家族などが「本人は元気」などと言えば、現状ではそれ以上、第三者が事実関係を確認することは難しい。個人情報保護の方針が自治体などによる本人の直接確認を鈍らせているとの指摘もある。

家族間のつながりの希薄化が想像以上に進んでいることもあらわになった。推計では今後、世帯構成は「単独世帯」が最も多くなる。

厚生労働省の調査では、高齢者の孤独死などを防ぐための見回り活動などを定める「地域福祉計画」について、半数以上の市区町村が未策定であることが分かった。こうした安全網も大切だろう。放置しては問題が拡大するだけである。

既に本人が亡くなっているにもかかわらず、遺族などがその事実を知らせないことで年金や各種手当の不正受給が疑われる事例も出た。こうした問題の対応策としては、介護保険や医療保険などの利用実態から本人の生存状況は推し量ることができる。前向きに検討を進めるべきだ。

一筋縄ではいかない新たな課題に対し、政治が機敏に対処すべきなのは当然のことだ。このままでは世界一の長寿国家がまやかしになりかねない。まずは実態の早期把握が先決だ。

| 新聞 | 11時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

参院選の奮闘に感謝公明新聞:2010年8月12日付

参院選の奮闘に感謝公明新聞:2010年8月12日付

新聞

参院選で全国屈指の戦いを展開した党員・支持者らに感謝を述べる山口代表(左から2人目)ら=11日 沖縄・与那国町沖縄・与那国島で懇談会
日本最西端 町で得票率が全国一
山口代表ら
公明党の山口那津男代表は11日、歴代の党代表として初めて、日本最西端の地、沖縄県与那国町(与那国島)を訪れ、先の参院選で、公明党比例区の得票率が町として全国1位になった同町の党員、支持者らに感謝の意を示すとともに、離島振興について意見を交わした。遠山清彦衆院議員、秋野公造参院議員、糸洲朝則県議(県代表)らが同行した。

与那国島は、沖縄本島から509キロメートル、台湾まで111キロメートルに位置する離島で、人口は約1600人。公明党議員がいない空白区ながら、参院選では党員、支持者らの奮闘で、比例区の得票率が34.18%(政党としてトップ)と、町では全国1位の結果を出した。

山口代表ら一行は、党員、支持者らが集まる池原アキさん宅を訪問し懇談。参院選での全国けん引の拡大に対し、「皆さまのお力で大勝利させていただきました。心から御礼を申し上げます」と感謝を述べ、「この勢いを9月の沖縄統一選につなげていく」と力説した。

参加者からは、「那覇―与那国間の航空運賃を引き下げてほしい」「思い通りの医療が受けられる体制を」「輸送費の影響で物価が高く生活が成り立たない」といった離島が抱える問題について、意見や要望が相次いだ。

これに対し、山口代表らは、一つ一つの意見に親身になって答え、「皆さまが日々の暮らしに希望がもてるよう、全力を挙げて島の発展に尽くしていきたい」と決意を述べた。

これに先立ち、同町役場を訪れた山口代表らは、外間守吉町長らから、離島振興について要望を受けた。

今回の沖縄訪問で山口代表は、与那国町のほか、参院選比例区での公明党得票率が一般市で全国1位の宮古島市(宮古島)、2位の石垣市(石垣島)を訪れ、党員、支持者の皆さまの奮闘に感謝の意を示した。13日には、全区市町村の中で全国一の得票率だった南大東村(南大東島)も訪問する。

新聞

八重山圏振興に全力 交通、医療などで要望受ける
沖縄・石垣市で山口代表

沖縄訪問中の山口代表らは11日午前、石垣市で建設中の新石垣空港(2012年度供用開始予定)や、港湾整備中の石垣港を視察。その後、中山義隆市長、川満栄長・竹富町長と会談し、石垣港の港湾整備や八重山圏域(石垣市、竹富町、与那国町)の振興策、離島の交通や医療問題などについて要望を受けた。これには公明党の大イシ行英、タイラ秀之の両石垣市議(市議選予定候補)も同席した。

会談の席上、山口代表は視察も踏まえ、「日本の南西端と位置付けられる八重山圏域が、アジア太平洋地域の玄関口として発展する潜在力の高さを実感した」と強調。さらに「景観など自然の資源は、日本本土や中国大陸にはないユニークさがあり、そうした特徴を観光振興などで最大限に生かすことが重要だ」との考えを示した。

その上で、生活現場のさまざまな課題も含めて、「地元の声をよく聞き、国会議員と地方議員が連携して、政策の推進、実現に努力していきたい」と述べた。

また、山口代表らは同日午後、石垣市の県立八重山病院を訪問。同日夜には宮古島市に入った。

| 新聞 | 11時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/08/10 山口那津男代表 沖縄訪問

| 動画 | 11時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/08/11 与那国 地域懇談会

| 動画 | 11時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風4号 夜にも東北地方に上陸 広い地域で大雨、強風

台風4号 夜にも東北地方に上陸 広い地域で大雨、強風
8月12日10時38分配信 毎日新聞


拡大写真
台風4号の進路図(12日9時現在)
 台風4号は12日午前、日本海を北東へ進み、夜にも東北地方に上陸する恐れがある。気象庁は大雨や暴風、高潮、高波などへの警戒を呼びかけている。

【日本の水害】写真で自然の脅威を再認識--明治の東京大水害、伊勢湾台風など

 同庁によると、台風4号は12日午前9時現在、石川県輪島市の北西約120キロの海上にあり、中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル。中国、北陸、東北、北海道地方では13日にかけて陸上で最大風速15~20メートルの強風が予想される。

 また、台風の影響で西日本から東日本の広い範囲で南から湿った空気が流れ込んでいるほか、北海道に停滞する前線の活動が活発で、非常に激しい雨が降る恐れがある。13日午前6時までの24時間の予想雨量は多いところで、東北、北海道200ミリ▽近畿、東海、北陸150ミリ▽甲信120ミリ。【飯田和樹】

| 新聞 | 11時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月