FC2ブログ

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

離島の生活を守る公明新聞:2010年8月13日付

離島の生活を守る公明新聞:2010年8月13日付

新聞

党員、支持者の奮闘に感謝の言葉を述べる山口代表(左から2人目)=12日 沖縄・宮古島市山口代表ら 宮古島市で懇談、視察
沖縄訪問中の公明党の山口那津男代表は12日午前、宮古島市の伊良部島に渡り、党員、支持者が集まる伊志嶺恵力さん宅を訪問。先の参院選比例区で、公明党得票率が30.73%(政党としてトップ)と、一般市の中で全国トップの支持拡大を成し遂げた党員、支持者の奮闘に謝意を表し、「島で生活する人の声をよく聞き、課題の解決に取り組みたい」と述べ、離島振興策を積極的に推進すると語った。

また、山口代表は、宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋(事業延長6500メートル)の建設現場を視察した。

さらに、山口代表は宮古島に戻り、宮古島市役所で長濱政治副市長と会い、「日本・太平洋島フォーラム首脳会議」(太平洋島サミット)の宮古島開催、航空運賃の低減化などについて要望を受けたほか、地下水を有効活用し、同島の農業を干ばつから守る大規模な地下ダム施設も視察した。

これには、遠山清彦衆院議員、秋野公造参院議員、糸洲朝則県議(県代表)、富永元順、高吉幸光の両宮古島市議が同行した。

スポンサーサイト



| 新聞 | 09時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄振興に力尽くす公明新聞:2010年8月13日付

沖縄振興に力尽くす公明新聞:2010年8月13日付

新聞

仲井真知事(右)と会談する山口代表=12日 沖縄・那覇市仲井真知事と会談
インフラ整備が重要
山口代表
公明党の山口那津男代表は12日夕、沖縄県那覇市の県庁で、仲井真弘多知事と会談し、沖縄振興策や普天間飛行場移設問題などについて、意見交換した。遠山清彦衆院議員、秋野公造参院議員、糸洲朝則(県代表)、上原章、金城勉、前島明男の各県議が同席した。

席上、山口代表は、今回の沖縄訪問で受けた要望などを踏まえ、沖縄県の振興にさらに力を入れる考えを力説。仲井真知事は、これまでよりも沖縄側の意見を反映させ、自由度の高い振興策を望む考えを示した。

普天間移設問題について、山口代表は「沖縄の頭越しに決めるのではなく、沖縄の声を聞く協議の場を設けるべき」と強調。仲井真知事は「安全保障の問題とはいえ、地域の理解が欠かせない話だ」と応じ、説明が不十分な政府に不満を示した。

会談終了後、山口代表は記者団の質問に答え、今回の離島訪問の感想について、「観光中心に産業を発展させるためにも、インフラ整備は重要だ」と強調。さらに、医師不足対策や農業振興策を検討する考えを示した。

また山口代表は同日午後、那覇市の翁長雄志市長とも懇談した。

| 新聞 | 09時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/08/11 与那国 地域懇談会

| 動画 | 09時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月