FC2ブログ

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

水生生物昆虫展の開催

水生生物昆虫展が今年も開催され、子どもたちも興味深く見ています。

昆虫

水生

水生

スポンサーサイト



| 市役所第二庁舎 | 15時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域の盆踊り

地域の簿踊りが開催されています。
盆踊り

盆踊り

| 地域 | 14時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

首相交代なら解散が筋=「反菅」の動きけん制―蓮舫氏

首相交代なら解散が筋=「反菅」の動きけん制―蓮舫氏
8月18日11時8分配信 時事通信

 民主党の蓮舫行政刷新担当相は18日午前、神奈川県小田原市内で開かれた野田佳彦財務相を支持するグループの研修会であいさつし、「9月に代表選があること自体は歓迎したいが、もしここでまた代表・首相が代わるなら、(解散)総選挙が筋だ」と述べ、菅直人首相の再選阻止を目指す党内の動きをけん制した。
 蓮舫氏は「総選挙になった場合は10月末に予定されている特別会計の事業仕分けにも大きな影響が出る」と指摘。「その影響を最小限に抑えるためにも、菅首相を支持したい」と強調した。 

| 新聞 | 14時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主・後藤議員の妻、議員支給の無料航空券利用

民主・後藤議員の妻、議員支給の無料航空券利用
8月18日12時17分配信 読売新聞

 民主党の後藤英友衆院議員(43)(比例九州ブロック)の妻(30)が3、4月、国会議員に支給される無料航空券を使い、熊本―羽田間の航空便を複数回利用していたことが18日、分かった。

 党熊本県連関係者によると、外部からの指摘を受け、県連が7月初旬、後藤氏に確認したところ、「(妻が)3回程度使った記憶がある」と認めたという。衆議院によると、国会議員にはJRや航空機を無料で利用できる券が支給されるが、「議員の職務遂行」以外の利用は認めていない。

 後藤氏は「航空会社の株主優待券で購入した券と混同し、妻が誤って使用してしまった。2か月分全額を国庫に返納した。管理が不十分だったと反省している」とのコメントを出した。

 後藤氏は、昨年の衆院選での選挙違反事件で、陣営出納責任者の有罪が確定。連座制適用について行政訴訟で争う意向を示している。 最終更新:8月18日12時17分

| 新聞 | 14時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝 駅街頭

石川ひろたか参議院議員が庄内駅で街頭  児島政俊市議会議員と中島紳一市議会議員で街頭
参議院に送っていただいて元気に活動されています。

石川さん

石川さん 

石川さん 

| 地域 | 12時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とよジョブ 就労支援

しごとの就労支援を豊中市もが威張っています。

とよジョブ・・・・・詳しくはご覧ください

| 地域 | 11時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公明が一貫して推進役 各地で「希望カード」も実現

公明が一貫して推進役 各地で「希望カード」も実現
後発医薬品

新薬と同じ成分、同じ効能でありながら価格が安い「後発医薬品」(ジェネリック医薬品)の普及が、徐々にではあるが進んできた。

厚生労働省が先月発表した調査によると、昨年に使われた薬剤のうち後発医薬品が占める割合は、前年比0.2ポイント増の20.7%で過去最高だった。普及率アップの胎動を歓迎したい。

後発医薬品は、巨額の研究費を投じて最初に開発された新薬の特許が切れた後、厚労省の承認を得て、他の製薬会社が同じ成分で製造販売する薬。研究開発費がかからない分、価格は新薬に比べ2~7割と割安だ。

既に米国、英国、ドイツなどでは、使用されている薬の半数以上を後発医薬品が占めている。だが、日本では数年前まで2割にも満たない状況が続き、欧米に大きな遅れをとっている。

急速に進む少子高齢化で国民医療費が増大の一途をたどる中、後発医薬品の利用が進めば、それだけ医療保険財政が改善されることは間違いない。昨年の医療費に占める薬剤費の比率は前年比4.2ポイント増の33.2%と、これも過去最高だった。医療費抑制へ、後発医薬品の普及促進が「待ったなし」であることを重ねて指摘しておきたい。

そして何より患者の立場からすれば、後発医薬品は自己負担額の軽減につながる。例えば高血圧、糖尿病、高脂血症など慢性疾患の薬代は症状が重なると、自己負担額が月に1万円を超えるケースも少なくない。しかし、後発医薬品を利用すれば、おおむね半額程度に抑えられる。

公明党が、いち早く国会質問で取り上げて以来、一貫して後発医薬品の普及を訴えてきたのも、このためだ。

公明党の強力な推進で、厚労省は2012年度までに普及率を30%にまで引き上げる目標を掲げる一方、患者が同意すれば、薬剤師の判断で新薬から後発医薬品への切り替えを認めたほか、後発医薬品を多く処方する薬局の診療報酬を優遇するなどの政策的支援に乗り出している。

普及率30%の目標達成には、国民への周知徹底と後発医薬品をより利用しやすい環境整備が欠かせない。このため公明党は、患者が医師や薬剤師に提示すれば、後発医薬品を処方してもらえる「希望カード」の無料配布を各地方議会で提案し、多くの自治体で実現している。

こうした政策効果もあり、最近は後発医薬品市場への大手参入も相次いでいる。その動きにも期待したい。

| 新聞 | 09時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

菅首相 新人議員と会合へ 代表選に向け支持拡大狙いか

菅首相 新人議員と会合へ 代表選に向け支持拡大狙いか
8月18日2時36分配信 毎日新聞


拡大写真
菅直人首相=首相官邸で2010年6月8日、梅村直承撮影
 菅直人首相は17日、23~25日の3日間、衆参の新人議員から直接意見を聞くための会合を開くことを決めた。今の新人議員はいずれも小沢一郎前幹事長時代に公認されているため、小沢氏の影響が強いとされる。首相が直接会う機会を作ることで、代表選に向け支持を拡大する狙いがあるとみられる。

【関連記事】民主党:代表選 海江田万里氏、出馬に「呻吟している」

 首相は対象議員に送った呼びかけの文書で、「1期生の声こそが一番国民に近い声だと思っており、直接意見交換したい」としている。【田中成之】

| 新聞 | 09時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニフェストの現場を行く公明新聞:2010年8月17日付

マニフェストの現場を行く公明新聞:2010年8月17日付

新聞

改造EVの仕組みについて村沢氏(右)から説明を聞く公明党の加藤修一環境部会長改造EV(電気自動車)に注目
CO2削減、町工場に活気
ビジネス化に幅広い可能性
軽自動車ベースに価格は百万円台で
東京都心部の公道を1台の軽自動車が軽快に走り抜けた。見た目は普通の車だが、走行音は静か。排気ガスも出ていない。1998年式の国産軽自動車をベースに、モーターを搭載した改造EV(電気自動車)だ。CO2(二酸化炭素)排出ゼロの次世代の車として注目されている。

この改造EVを手掛けたのは(株)百家堂。本業は企業財務のコンサルタントで自動車業界とは無縁だったが、既存の軽自動車をEVに低価格で転換するサービスに乗り出した。

新車購入の場合、国のエコカー補助金を差し引いても300万円近くかかるEVを130万円で提供できる。最高時速は70キロで、走行距離は45キロ。短い距離を走る集配車やセカンドカー(2台目の自家用車)に用途を限定している。

家庭用100ボルトのコンセントで充電でき、1キロ当たり1円の電力料金(夜間使用)で済むのも魅力。同社の古谷文太代表取締役社長は「都内の工場で月産能力15台でスタートしたが、1年後には100台に拡大したい」と国内最大規模のビジネス化をめざす。

改造EVは、仕組みがシンプルで組み立ても簡単。ガソリン車のエンジンや燃料タンクなどの部品を取り外した上で、モーターとバッテリーを装着すれば、ほぼ完成する。今のところ、値段が高いリチウムバッテリーではなく、安価な鉛バッテリーを使用するため、パワーが小さい軽自動車が主流だ。

改造EVビジネスへの参入を後押ししている東京大学総長アドバイザーの村沢義久氏は、「スモール・ハンドレッド構想」の実現に取り組んでいる。この構想は、部品メーカーなどのネットワークをつくり、技術開発を進めながら「1台100万円の改造EVを年間100台生産する1万拠点をつくる」というものだ。

村沢氏は、地域経済や自動車整備工場など町工場の活性化、雇用創出、資源のリユース(再使用)・リサイクル、新車EVの開発への刺激など改造EVビジネスが秘める幅広い可能性を強調。CO2などの温室効果ガスを2050年までに80%削減する政府の長期目標について「おそらくガソリン車を廃絶しなければ不可能。あと40年、新車EVとともに改造EVの普及が不可欠だ」と指摘する。

公明党は、参院選マニフェストでCO2削減と中小企業活性化の両面から「改造EV100万台プラン」を掲げた。これに対して、村沢氏は「公明党の大英断」と高く評価している。

| 新聞 | 08時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月