FC2ブログ

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

無策目に余る民主党政権公明新聞:2010年8月26日付

無策目に余る民主党政権公明新聞:2010年8月26日付

「非常事態」と受け止め果敢な対応を
円高放置

民主党政権の経済無策が、日本経済の危機を招いている。円高・株安の加速は目を覆うばかりだ。24日の外国為替市場では円が一時、1ドル=83円58銭と15年ぶりの高値をつけ、対ユーロでも一時105円台に急伸。株式市場では円高の進行を嫌気して、日経平均株価は25日午前、1年4カ月ぶりに8900円を割り込んだ。1ドル=85円の水準が1年間続いた場合、「企業の経常利益が全体で4%減る」との試算もあり、円高放置は許されない。

確かに、米国の景気回復が軌道に乗らず、ギリシャの財政危機後、EU(欧州連合)経済の行方が不透明なことから、世界同時株安の潮流が見られることは否定できない。躍進を続けてきた中国経済にもバブルの影は色濃く、警戒感も広がっており、日本経済への追い風が弱まっているのは事実だ。

しかし、各国とも針路は明確だ。米国は経済再生をめざし、金融緩和の姿勢を明確にし、ドル安を武器に輸出拡大で活路を開いている。EUはリーマン・ショック(2008年9月)後、大幅に緩んだ財政規律を正す姿勢が明らかだ。ユーロ安でドイツは輸出企業が好調、高い成長率を達成している。中国も米国の圧力をかわし、人民元レートを弾力化し、対ドルでわずかに元高の動きを見せたが、元安の基調に変化はない。各国とも、通貨安によって輸出を拡大し、自国経済を守ろうと懸命である。

わが国はこうした動きから取り残されている。民主党政権は為替介入など果敢に円安をめざす政策を打ち出すことなく、無為無策を続けている。代表選を控え、円高対策は停止しているのが現状だ。

強い決意で円高阻止を訴えるべきところを、菅首相は「為替の急激な変動というのは好ましくないことなので、注意深く見ていきたい」(24日)と他人事のようなコメント。何か新しい対策を表明するのかと期待された野田財務相も「マーケットの動向を、重大な関心を持って注意深く見守る」(同)との発言にとどまり、市場は「介入なし」と受け止め、安心して円買いに走った。“85円が破られれば、次は80円”と、投機筋は、さらなる外国通貨売り・円買いを仕掛けてくるだろう。

日銀の追加緩和の検討や、政府による単独介入の動きが伝えられているが、あまりにも遅い。経済界からは「非常事態だ」との声も上がっている。政府は円高阻止へ強い決意を示し、一刻も早く明確な対策を打ち出すべきだ。
スポンサーサイト



| 新聞 | 12時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社会保障の全体像議論公明新聞:2010年8月26日付

社会保障の全体像議論公明新聞:2010年8月26日付

新聞

社会保障トータルビジョン検討会であいさつする山口代表=25日 衆院第1議員会館財源含め10分野を軸に
年内の提言取りまとめへ 党の検討会が初会合
山口代表が出席
公明党の山口那津男代表は25日、衆院第1議員会館で、社会保障トータルビジョン検討会(座長=坂口力副代表)の初会合に出席し、あいさつした。

同検討会は、地方議員の代表らも参加して社会保障制度の全体像を議論し、公明党の主張を明確化するもの。年内の提言取りまとめをめざしている。

具体的には、(1)年金(2)医療(3)介護(4)子育て(5)障がい者(6)雇用(7)住宅(8)貧困・格差(9)高齢者などの孤立化(10)社会保障と分権――の10分野を軸に議論を進め、それぞれの分野で考え方や求められる財源の規模などを示す方針。

会合の冒頭、山口代表は、「(参議院)選挙の時は、(論点として)消費税が提起されたが、国民に負担をお願いする前に、国民のニーズ(要望)を政治が受け止め、課題を定め、その上で負担の在り方を検討するのが議論の筋だ」とし、全体像を議論する意義を力説。

さらに、「公明党は参院選(マニフェスト)で『新しい福祉』を標榜し、うつや児童虐待、独居老人の孤独死の問題など、新しいリスク(危険性)に対応する施策が全く追いついていないという問題提起をした」と強調。その上で、「われわれが意識したリスクが顕在化する事件が顕著になっている」と述べ、相次ぐ所在不明高齢者の問題や児童虐待事件への対策を拡充させる必要があると強調した。

坂口座長は、社会保障制度の議論が経済情勢や地方分権などの分野と密接にかかわることを念頭に、「国のトータルビジョンをつくるぐらいの覚悟で周辺の問題も見ていかなければならない」と力説。さらに、「ビジョンは実現可能なものでなければならない。あれもこれもやりたいと言うだけでは示しがつかなくなる」と述べた。

会合では、出席議員から「持続可能な社会保障制度のベースには強い経済が必要」「制度の支え手が減っていくことを考えれば、女性や高齢者の雇用確保が重要だ」「国民年金をどう充実させるか。特に、単身高齢者の対策を進める必要がある」などの意見が出された。

| 新聞 | 12時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/08/25 社会保障トータルビジョン検討会 スタート

| 動画 | 12時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ANA、JAL抜き初の国内首位 6月旅客実績で明暗クッキリ

ANA、JAL抜き初の国内首位 6月旅客実績で明暗クッキリ
8月26日10時30分配信 産経新聞


拡大写真
全日空機と日本航空機(写真:産経新聞)
 全日本空輸が、6月の国際線と国内線を合わせた旅客数で、会社更生手続き中の日本航空を初めて上回った。全日空が前年同月比9.6%増の365万514人と大幅に伸ばしたのに対し、日航は0.9%減の355万3695人にとどまり、約10万人の差が付いた。日航は再建に向けたリストラで、路線や便数の削減を進めており、全日空の首位がこのまま定着する可能性が高い。

[フォト]夢絶たれ深まる絶望感 日航、操縦士130人の養成断念

 将来的には、国を代表する「ナショナル・フラッグシップ・キャリア」の交代にもつながりそうだ。

 全日空は、主力の国内線が7.1%増の323万8129人と堅調で、国際線も33.0%増の41万2385人と大きく伸ばした。これに対し、日航は国際線は5.8%増の79万2599人と伸ばしたが、国内線が9.5%減の276万1096人となり、全体でも微減となった。

 旅客数で両社が逆転するのは、2002年の日航と旧日本エアシステムの統合以降で初めて。

 日航は、不採算路線の廃止や減便のほか、航空機の小型化で座席数を大幅に減らしており、旅客の減少傾向が続いている。法的整理のイメージダウンによる顧客離れのほか、上場廃止による株主優待券の廃止も影響している。これに対し、全日空は、昨年の世界的な航空需要の大幅な落ち込みから順調に回復し、首位交代につながった。

 日航は8月末に提出する更生計画案に路線を含む大規模なリストラを盛り込んでおり、全日空との差がさらに広がる可能性もある。

| 新聞 | 12時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩山前首相「小沢氏を支持するのが大義」

鳩山前首相「小沢氏を支持するのが大義」
8月26日8時57分配信 読売新聞


拡大写真
民主党の小沢前幹事長との会談を終えた鳩山前首相(26日午前8時30分、東京・港区で)=加藤祐治撮影
 民主党の鳩山前首相は26日午前、小沢一郎前幹事長との会談後、記者団に対し、「(2003年の旧自由党と民主党との合併時)私の一存で小沢氏を民主党に入れた。小沢氏を支持するのが大義だ」と語った。

 小沢氏が党代表選への出馬を決断した理由に関して、「昨日の菅首相との会談の概要を話した。(小沢氏は)それならば、と出馬を決断した」と述べた。菅首相が小沢氏を含めた挙党態勢構築に難色を示したことを踏まえ、小沢氏が出馬を決めたことを明らかにしたものだ。

| 新聞 | 12時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都市計画マスタープラン

都市計画マスタープランの掲示が第二庁舎で行われています。

マスタープラン

マスタープラン マスタープラン マスタープラン


| 市役所第二庁舎 | 10時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域の医療拠点守って公明新聞:2010年8月25日付

地域の医療拠点守って公明新聞:2010年8月25日付

新聞

首藤市長(中央左)らから要望を受ける渡辺氏(同右)=24日 参院議員会館社会保険病院など存続で要望
渡辺氏が応対
公明党の渡辺孝男厚生労働部会長(参院議員)は24日、参院議員会館で首藤奉文・大分県由布市長らと会い、社会保険病院や厚生年金病院などを公的病院として存続させるための法案の早期成立を求める要望を受けた。

要望書は、社会保険病院などの運営組織の解散時期を2年間延長する法案が臨時国会で成立したことで「最悪の事態は避けられた」としつつも、「将来にわたっての安定的な運営主体は未だ決定されていない」と指摘。地域医療を支える観点から同病院などを公的に存続させる法案の成立を強く求めている。

席上、首藤市長らは「(社保病院などが)営利目的で存続するのと、公的病院として存続するのでは大きく違う。営利目的ならば、産婦人科や人工透析の治療などが困ることになる」と説明した。

渡辺部会長は、新機構を受け皿として同病院などを存続させる法案が、先の通常国会で審議未了により廃案となったことを踏まえ、「次期国会で改めて法案の成立をめざしたい。地域医療を守るために頑張る」と応じた。

| 新聞 | 09時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二元代表制の議論深めよ公明新聞:2010年8月25日付

二元代表制の議論深めよ公明新聞:2010年8月25日付

自治体を支える首長と議会の協働
地方自治の課題

1990年代からスタートした地方自治の改革は、1999年成立の地方分権一括法としてまとまり、国と地方との関係が「上下」から「対等」に改められるなど一定の成果を得た。しかし、国から地方への権限移譲や財源移譲については両者の間でいまだに綱引きが続き、さらなる改革が待たれている。

地方自治におけるこうした「国・地方関係」論議とともに、近年、地方自治体の中の「首長・議会関係」をめぐる課題が注目を集めている。

極端な例であるが、鹿児島県阿久根市では市長が半年以上も市議会を招集せず、専決処分を繰り返すなどして市政を混乱させている。ようやく25日の市議会招集を決めたが、市長と議会のこうした対立は地方自治法も想定していない。これに対し鹿児島県議会は、6月22日に「二元代表制を崩壊させる阿久根市長の行為に抗議する決議」を全会一致で可決、地方自治法の趣旨に則った適切な行政運営をするよう求めた。

「二元代表制」とは、市長や県知事など自治体の首長と地方議会の議員が共に住民の直接選挙で選ばれる制度をいう。国政の場合、内閣トップの首相は国会議員が選ぶ。首相は原則、国会の多数派から選出されるため、内閣と国会は緊密な関係にある。しかし、「二元代表制」の下では、首長と議会の関係は緊密とは限らない。

先の鹿児島県議会の決議は、首長と議会の関係について「その立場および権能の違いを生かし、互いの役割を尊重」することが「二元代表制」の要請であり、「首長が恣意的な自治体運営を行うこと」を強く批判した。これは的を射た見解である。

執行機関である首長と、議事機関の議会が均衡と抑制の取れた関係を構築して、協働して住民のための行政を進めることが憲法と地方自治法の趣旨である。

政府は、6月に閣議決定した地域主権戦略大綱の中で、「地方政府基本法の制定(地方自治法の抜本見直し)」を掲げ、「二元代表制」を前提とした上で、「首長・議会関係」のあり方を検討事項の一つとして挙げた。

住民に身近な行政を、地方自治体が自主的に担う地方分権は、日本の将来にとって重要な課題である。その実現には、地方自治体の「自治能力の向上」が不可欠である。首長と議会が対立を繰り返すようなことがあってはならない。あるべき「首長・議会関係」の構築をめざす議論を深めていきたい。

| 新聞 | 09時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雨災害で現地調査公明新聞:2010年8月25日付

大雨災害で現地調査公明新聞:2010年8月25日付

新聞

冠水した水田を視察する稲津氏(中央)=24日 北海道芦別市各地で河川はんらん 収穫前の田畑に被害
党北海道本部
北海道は23、24日にかけて大雨に見舞われ、各地で被害が続出した。このため、公明党北海道本部(稲津久代表=衆院議員)の「大雨・洪水被害対策本部」(本部長=同代表)は24日、空知、石狩、上川、後志の4方面に調査団を派遣した。
新聞

このうち、空知方面では、稲津氏が赤平、芦別の両市で、河川のはんらんに伴う浸水被害を受けた家屋や冠水した田畑、地滑りにより通行止めとなっている国道38号の現状などを視察した。

中でも、芦別市黄金地区では、二股川の増水で水田約15ヘクタールが冠水。同地区で農業を営む奥原茂さんは、「来月10日ごろから稲刈りの予定だった。6.5ヘクタールの水田のうち、1ヘクタールが被害を受け、収穫は見込めない」と肩を落とした。

また石狩方面には、横山信一参院議員、佐藤英道道議、阿知良寛美・札幌市議らが向かい、石狩市の災害対策本部を訪問。田岡克介市長らが、河川のはんらんや田畑の冠水、床上・床下浸水など、記録的な豪雨による被害状況を説明した。

この後、一行は被害が集中した市内の厚田区(旧厚田村)を視察。望来地区で農業を営む袴田勝之さんが「水田の一部やトウモロコシなどの畑が水につかり、全く売り物にならない」と嘆いていた。

上川方面では森成之、戸田芳美両道議らが東川町で、激しい雨で道路が陥没し、走っていた車2台が転落した現場などを視察した。

| 新聞 | 09時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小沢氏、代表選出馬の意向を表明 「鳩山氏から支援の言葉聞き決意した」

小沢氏、代表選出馬の意向を表明 「鳩山氏から支援の言葉聞き決意した」
8月26日8時35分配信 産経新聞


拡大写真
「小沢一郎政治塾」で講演した小沢一郎氏=25日午前、東京都新宿区(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)
 民主党の小沢一郎前幹事長は26日午前、鳩山由紀夫前首相と都内の鳩山氏の事務所で会談し、9月の党代表選に出馬する意向を伝えた。

 会談後、小沢氏は記者団に、「鳩山由紀夫前首相から、出馬を決断するなら全面的に支援していきたいとの言葉を聞いたので、鳩山氏の前で出馬する決意をした」と述べた。

| 新聞 | 09時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月