FC2ブログ

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

小学校トイレを洋式に公明新聞:2010年9月27日付

小学校トイレを洋式に公明新聞:2010年9月27日付

新聞

改修されたトイレを視察し、児童と語り合う(向こう右から)原、柴田の両市議NPOと企業の協力で無料実施
公明市議が橋渡し マナー向上も呼び掛け
愛知・一宮市
「ぴかぴかのトイレは、うれしいね!」。

特定非営利活動法人(NPO法人)「日本トイレ研究所」と製薬企業の協力による「小学校のトイレぴかぴか計画」キャンペーンの一環として、このほど愛知県一宮市の今伊勢小学校のトイレがきれいに改修された。

キャンペーンの仕組みは、同研究所が協賛企業からトイレ関連製品の売り上げに応じて寄付を受け、学校トイレの和式便器を洋式便器に交換するなどの作業を無料で実施するもの。全国で12の小学校が対象となり、同研究所の個人会員でもある公明党の原勲市議の橋渡しによって、今伊勢小学校も選ばれた。

同校では校舎1階の男子トイレと女子トイレが改修され、和式便器2基を洋式に。悪臭のもとになる床面に防臭シートを敷くとともに「あわてるとオシッコがこぼれるよ」などマナーの向上を呼び掛けるシールを壁に張るなど、トイレ全体を明るく模様替えした。

子どもたちが学校でトイレを我慢する問題の解決などに取り組む原市議は、公明党の柴田雄二市議とともに改修されたトイレを視察。児童から「新しいトイレをありがとう」とお礼を言われたのに対し、両市議は「ずっときれいに使ってね」と優しく声を掛けていた。

このあと、両市議は同研究所の加藤篤代表理事とも懇談。加藤氏は「次の人のことを思ってトイレをきれいに使う心をリレーしてほしい」と語っていた。
スポンサーサイト



| 新聞 | 14時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「補正」編成方針早く示せ公明新聞:2010年9月27日付

「補正」編成方針早く示せ公明新聞:2010年9月27日付

新聞

NHK「日曜討論」で見解を述べる井上幹事長=26日デフレ脱却含む対策に
検察の証拠改ざん 捜査の可視化議論必要
テレビ番組で井上幹事長
公明党の井上義久幹事長は26日午前、フジテレビ系「新報道2001」、NHK「日曜討論」に与野党各党の幹事長らとともに出演し、10月1日召集の臨時国会で最重点課題となる経済対策を含めた補正予算などについて、大要次のような見解を述べた。

【臨時国会と補正予算の対応】

一、(菅内閣の支持率が回復したことに関して)菅直人首相は「有言実行内閣」と言うが、裏返して言うと、この3カ月間は「無言不実行内閣」だった。「子ども手当」「高速道路無料化」「ガソリンの暫定税率廃止」をどうするのかも明らかになっていない。これから菅内閣が問われる課題だ。

一、(経済対策の補正予算について)まず政府の考え方を示すべきだ。1日から臨時国会が始まるのに、補正予算(案)を出すのか、出さないのか。出すとしたらいつなのか。その中身や方向性さえも明らかにならないで、(与野党)協議の枠組みが議論されるのはおかしい。政府が責任を持って予算案をつくり、それを国会の中で議論し、修正も含めて柔軟に対応すべきだ。

一、(経済情勢の認識について)すでに(景気の)踊り場に入っているか、差し掛かっているかだ。公明党の緊急経済対策には金融政策も入っており、それと同時に需要政策を実行すべきとして(4兆円規模の)補正予算を提案している。デフレ脱却が日本経済の一番の課題であり、デフレ脱却に向けた中長期の政策を踏まえ、需要政策を実行するべきだ。

一、(臨時国会の対応について)補正予算の提出は早く見積もっても10月末だ。それまでの間、積み残しになっている「政治とカネ」の再発防止策として、政治家の監督責任強化や企業・団体献金の禁止、あるいは公明党が提案している子宮頸がん予防法を実現すべきだと主張したい。

【日中関係】

一、(尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐる日本政府の対応について)政治は結果責任だ。今回の処置が、結果的に日本が圧力を加えたら屈するという誤ったメッセージを内外に与えた可能性が極めて高い。日中関係に悪い先例を残した。検察は法と事実に基づいて判断すべきで、政治的配慮があったとすれば、事実上の指揮権発動と同じことだ。そういう意味で内閣の責任は極めて重い。

一、この過程で(日本政府が)どれだけの外交努力をしたのかが見えてこない。逮捕時点で、この問題がどう推移するかは予測できた。ただ国内法に従って粛々とやるというのでは、外交なんて全くないに等しい。尖閣諸島は日本固有の領土だ。そういう立場をあらゆる機会を通じて、国際社会が認める外交努力をすべきだ。

【検察の信頼回復】

一、(大阪地検特捜部の証拠改ざん事件について)なぜそういうことが起きたのか、最高検が徹底的に解明すべきだ。同時に、国会でも検察の信頼の問題を議論し、この際、捜査の可視化の議論も行うべきだ。

| 新聞 | 14時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/09/26 ベーダ国際ロボット開発センター視察

| 動画 | 14時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

訪問看護ステーションの展示

第二庁舎では 訪問看護ステーションの展示がされています。

第二庁舎 

第二庁舎 

第二庁舎  第二庁舎  第二庁舎 



| 市役所第二庁舎 | 12時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域の要望

 道路の側溝の溝ができておらずに道路の両端が危険な状況でしたが地域の要望実現で安全な溝にできました。

要望実現

要望実現

| 地域 | 12時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊中市立小学校の運動会

9月26日(日)豊中市内の小学校の運動会に行きました。秋空の下、子どもたちの元気な声が響いていました。今日は、2校、まわりました。

運動会

運動会  運動会  運動会  運動会

運動会

運動会  運動会





| 豊中市内 | 12時18分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国強硬、根拠なき楽観論砕かれ手詰まり感

中国強硬、根拠なき楽観論砕かれ手詰まり感
読売新聞 9月27日(月)3時12分配信

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件は、中国政府が求めた「謝罪と賠償」に対し、菅首相が26日、拒否する考えを公に表明するなど、日中間の対立は長期化の様相を深めている。

 首相らは26日も今後の対応について協議したが、25日の中国人船長釈放後、中国側が態度を軟化させると見ていた日本政府は、中国の真意の見極めに苦心している。

 前夜に訪米から帰国した首相は26日、中国政府が求めた「謝罪と賠償」について、「尖閣はわが国固有の領土だ。謝罪や賠償は考えられない。全く応じるつもりはない」と述べた。都内で記者団に語った。首相はさらに「(日中)双方とも冷静になって、大局的な観点に立って行動することが必要だ」と強調した。

 これに対し、中国側は強硬姿勢のままだ。省エネ家電部品などに不可欠なレアアース(希土類)の輸出停止が続いていることから、外務省は26日も中国側に再確認を求めたが、前日同様、措置を否定したという。予想外の展開に「政府は事実上、手詰まり状態なのでは」(民主党関係者)との指摘が広がっている。

 船長釈放を発表した24日、首相官邸には楽観論が満ちていた。政府筋は「中国の反発は一気にしぼむはず」と語り、首相側近は「この先の中国の動きを見て評価してほしい」と自信たっぷりだった。

 だが、事実上の「政治決断」は外務省幹部らにも事前に相談されていなかったため、結果的に「首相らは中国側と落としどころを調整せず、根拠なく事態が収拾すると楽観していた可能性が高い」(外務省関係者)との見方も出ている。

 首相は26日夜、仙谷官房長官らと首相公邸で今後の対応を協議した。同日夕に訪米から帰国した前原外相も、そのまま外務省に直行し、政務三役や同省幹部らと協議。外相は三役に「日中関係の再構築が外務省の仕事だ」と語った。 最終更新:9月27日(月)8時36分

| 新聞 | 11時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

200安打の青木にイチローからメール「オレを超えてくれ」

200安打の青木にイチローからメール「オレを超えてくれ」
産経新聞 9月27日(月)0時55分配信


拡大写真
1回 本塁打を放ち、今季通算200安打を達成したヤクルト・青木宣親=神宮(撮影・大里直也)(写真:産経新聞)
 史上初となる2度目の200安打。右翼席への先頭打者本塁打で決めたヤクルトの青木は「最高の形で達成できた」と表情を和らげた。

[フォト]元テレ東アナの佐和夫人「主人のサポートに回る」

 プロ2年目の2005年に大台に到達した神宮で同じ内角高めの球。右前打から本塁打に変わり「成長の証かな」と照れ笑いした。今季はチームの顔となる背番号1を背負い、オフには両足首を手術。スタンドで観戦した佐知夫人と結婚し、食事面などでサポートを得てきた。

 「天才」の打撃を支える感性は、常人の想像を超える。今季途中にバットの色を黒から白に変えたのも「白の方がスイングの軌道が見やすくバットが太く感じる」から。一方で「ハーフスイングを取られやすい」とその分析力は計り知れない。

 調子の波を生まないため、決まり事も作らないが、ベンチから打席までは別。「常に同じ状態で打席に入りたい」。屈伸から足を開いて腰を落とし、投手に対(たい)峙(じ)する姿勢はこの日も同じだった。

 24日には、日本記録を持つイチロー(マリナーズ)から「210本を超えてくれ」とメールを受け取った。挑戦はまだまだ終わらない。(小川寛太)

| 新聞 | 09時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月