FC2ブログ

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

≫ EDIT

平成23年度(2011年度)豊中市立幼稚園児募集

平成23年度(2011年度)豊中市立幼稚園児募集・・・・・詳しくはこちらへ

スポンサーサイト



| 市役所 | 19時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生活守る「闘う野党」として公明新聞:2010年10月4日付

生活守る「闘う野党」として公明新聞:2010年10月4日付

ネットワーク力を強化し統一地方選勝利へ前進を
公明党大会

公明党は2日、第8回全国大会で山口那津男代表を再任し、来春の統一地方選の勝利へ勇躍出陣した。

3回連続となる全員当選、完全勝利の目標に向かい、全議員・候補者が一丸となって党勢拡大の大波を巻き起こしていきたい。

党大会では、民主党政権に対する公明党の姿勢として、徹して「闘う野党」を貫くことを確認した。

現場を歩けば、地方経済の疲弊、雇用情勢の厳しさは目を覆うものがある。これに対し、民主党政権は何ら有効な手を打てないでいる。

今こそ、公明党が闘わなければならない。公明党が統一地方選の勝利をめざすのも、「勝って国民生活を守るため」(山口代表)にほかならない。そして、公明党には国民生活を守る力に値する「ネットワーク力」がある。

山口代表が、その「好ましい事例」と指摘したのが口蹄疫被害への対応である。地方議員と国会議員の緊密な連携で、現地調査から特別措置法の立案、その実現へと、一貫して対策をリードしてきたのが公明党の闘いだった。

地域の諸課題にいち早く気付き、解決に向けた具体策をつくり、その実現に奔走する政党は、公明党をおいて他にない。国民生活を守り抜くために、最も真剣に闘ってきたのは公明党である。

党大会では、井上義久幹事長が「国民生活を守るため、政策・ビジョンを積極的に提案していく」とも強調した。

政策実現のためには、他の野党にも共同提案を呼び掛ける。必要があれば、与党とも協議する。これは、政党として当然の姿勢である。政策が実現しなければ、国民生活を守れないからだ。

ビジョンの中身は、(1)「21世紀型の経済成長」(2)「新しい福祉」を含む社会保障制度の再構築(3)地方分権の推進と「地域主権型道州制」への基盤づくり――が柱になる。具体策の検討を急ぎ、その実現に全力を尽くしたい。

党大会では、民主党政権の迷走に対して厳しく対峙するとともに、どこまでも「国民生活、国益をどう守るか」との判断基準で対応していくことも確認した。

一つの法律や制度が、国民生活に大きな影響を及ぼす。「現場第一主義」の公明党だからこそ、国民生活への影響を鋭敏にとらえられなければならない。

「行動する政策創造集団」公明党の源である「ネットワーク力」をさらに強固にするために、統一地方選勝利へ大前進しようではないか。

| 新聞 | 19時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩める山口・公明、民主との距離感どうする?

悩める山口・公明、民主との距離感どうする?
読売新聞 10月3日(日)12時0分配信


拡大写真
読売新聞
 公明党は2日の党大会で山口代表の再選に伴う新執行部人事を発表し、2期目の山口体制がスタートした。

 新執行部は民主党との協力も視野に政策実現を目指す方針だが、党内の不満解消や将来の衆院選戦略をどう描くかなど、民主党との距離感の模索とともに、課題は多い。

 「国民生活の現場を踏まえて、積極的に提案していく。他の野党に共闘を呼び掛けるとか、必要であれば与党と協議して実現のために戦っていきたい」

 大会で、井上幹事長は与党との連携を排除しない考えを強調した。

 公明党が「政策実現」にこだわるのは、3回連続で公認候補全員の当選を目指す来春の統一地方選が迫ってきているためだ。参院では公明党が与党に協力すれば、過半数を確保でき、法律を成立させられる。目に見える成果を示すためにも、キャスチングボートを握れる現状を生かす戦略だ。 最終更新:10月3日(日)12時0分

| 新聞 | 12時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイタケの効能・・・・・・マイタケ 重さ5キロ、巨大な1株 北海道で収穫

マイタケ 重さ5キロ、巨大な1株 北海道で収穫
毎日新聞 10月4日(月)1時8分配信


拡大写真
巨大なマイタケを見つけ、満面の笑みを見せる山田安忠さん=北海道東の山奥で2010年10月3日、本間浩昭撮影
 北海道根室市のきのこ愛好家が3日、道東の山奥で、重さ約5キロの巨大なマイタケを収穫した。

 見つけたのは標高数百メートルの広葉樹林内で、直径約1.5メートルの太いミズナラの根元にあった。やや乾燥していたものの、ずっしりと重く、同市の山田安忠さん(72)は「とうとうやった」とにんまり。

 ただ、夏に高温が続き、秋に入っても雨が少なかったせいかマイタケは不作で、収穫はこの1株だけだった。【本間浩昭】

マイタケの効能・・・・・詳しくはこちらへ

| 新聞 | 10時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

統一選勝利へ前進公明新聞:2010年10月3日付

統一選勝利へ前進公明新聞:2010年10月3日付

新聞

統一地方選大勝利へ決意を込めて勝ちどきを上げた党全国大会=2日 東京・港区「闘う野党」に徹し、生活守る
山口代表あいさつ
三つの劣化(政治、経済、社会)に歯止めを
党全国大会
公明党は2日、東京都港区の品川インターシティホールで第8回全国大会を開き、党代表に再任された山口那津男代表を先頭にし、来年春の統一地方選の勝利へ勇躍前進を開始した。あいさつで山口代表は「永遠に変わることのない不滅の原点、公明党の魂である『大衆とともに』の立党精神をさらに深く胸に刻み、党員、支持者の皆さまに応えるため党勢拡大に力を尽くす」と決意を表明。公明党は「闘う野党」に徹し、「行動する政策創造集団」として日本政治をリードすると強調するとともに、統一地方選については「何としても全員当選を勝ち取り、国民生活を守るため新たな前進を開始していこう」と訴えた。大会では井上義久幹事長ら本部役員が指名・承認された。

山口代表のあいさつ全文、幹事長報告の要旨、政務調査会長報告の要旨

党全国大会は、来年春の統一地方選に向け、力強くスタートを切る「出陣の大会」として、全国から決意みなぎる代議員が集い、開会した。

あいさつに立った山口代表は、昨年9月に党代表に就任して以来、47都道府県すべてを回って、国民生活の厳しさを目の当たりにし、「国民生活、地域の暮らしを守るため、今こそ公明党は闘わなければならない。統一選の勝利をめざすのは、勝って国民生活を守るためだ」と力説した。

レッドカードを突き付けた民主党政権に対しては「引き続き『闘う野党』として毅然と対応していく」と強調し、「国民生活と国益を守るため、徹底して議論を尽くし、何が国民のためになるかとの政策判断で政治をリードしていく」と語った。

続いて、国内状況について「『政治の劣化』『経済の劣化』『社会の劣化』が深刻化し、深い危機感を抱いている」と表明。昨年自ら提示した中長期ビジョンをより具体化させるため、(1)「21世紀型の経済成長」(2)「新しい福祉」を含む社会保障制度の再構築(3)地方分権の推進と「地域主権型道州制」の基盤づくり――などに取り組む考えを示した。

その上で、「政治の劣化」に歯止めをかける方策の一つとして、多様な民意をより反映できる選挙制度への見直しを議論すべきとし、「与野党を超えた政党間協議の場を設置することを提案したい」と述べた。

統一地方選への取り組みについては、「公明党のネットワークは『行動する政策創造集団』であり、地域の諸問題の解決に必要な政策をつくり、その実現に挑戦できる政党は、公明党しかない」と強調。「青年力・女性力・地域力を最大限に生かして、全員当選を果たしたい」と力説し、「全議員、新人を含む全候補が戦いの先頭に立ち、新たな党の歴史を築こう!」と訴えた。

これに先立ち、代表選出が行われ、党規約20条3項の規定に基づき、ただ1人の代表選立候補者と確定した山口代表が、出席代議員の起立総員による信任を受けて再任。これを受け、山口代表は新本部役員を指名。井上義久幹事長ら本部役員37人が挙手多数で承認された。また、党規約一部改正案、党務報告案、平成21年決算報告が説明され、挙手多数で承認された。来賓として創価学会の原田光治副理事長(中央社会協議会議長)らが出席。横路孝弘衆院議長、西岡武夫参院議長、谷垣禎一自民党総裁の祝電・祝辞が紹介された。

最後に、統一地方選予定候補を代表して、池川康朗大阪府議、福島直子横浜市議が決意を表明。全員で決意を込めて勝ちどきを上げ、大会は閉会した。

山口代表を再任
斉藤氏は幹事長代行 新政調会長に石井氏

党大会では、任期を迎えた本部役員の選任が行われ、代表選挙により山口那津男代表を再任。代表による指名人事で、井上義久幹事長が再任されるとともに、政務調査会長には新たに石井啓一氏が就任した。

これまで政調会長を務めた斉藤鉄夫氏は、幹事長代行、総合企画室長として党務の要の立場に就いた。

また、国会対策委員長には漆原良夫氏が再任され、女性委員長には古屋範子さんが新たに就任した。

団体渉外委員長に東順治氏、市民活動委員長に赤松正雄氏が、それぞれ就任した。

人事一覧

| 新聞 | 10時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/10/02 第8回公明党全国大会で選出された 山口代表あいさつ

| 動画 | 10時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道路のあなぼこ

 地域を歩いていると道路のあなぼこがありました。豊中市の道路維持課は、すぐやる課といわれるくらいいち早く改善していただきます。これからも地域の安全のために頑張ってほしいと思います。

あなぼこ

 先日もね私道の舗装で下水、水道管の点検を依頼しましたところ、その地域の水道管は大丈夫ということで安心して舗装ができます。財政の大変厳しい時ですが今後も行政として頑張ってほしいものです。

下水道の普及率について・・・・詳しくはこちらへ

| 地域 | 10時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かみなりがこわい!

かみなりがこわい。落雷のことを知ることが大切であるということがよくわかりました。今日の朝のNHKの放送で詳しく落雷の放送がされていましたが、雷についてしっかり知ることが命を守ることにつながります。知っていても行動できなければ、尊い生命を失うことになります。しっかり行動できるように学び続けることが大事ですね。


落雷について・・・詳しくはこちらへ


追記
 世界では毎秒約100もの落雷が起こっていると推定される。日本では年間約20人、世界では約千人が雷で死亡している。と書かれています。

落雷

| ネット | 09時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月