FC2ブログ

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

≫ EDIT

秋の味覚

実りの秋は味覚の秋。行楽の秋。身近な地域でもいい秋を見つけたいですね。

秋秋秋秋秋

秋の味覚・・・・詳しくはこちらへ

スポンサーサイト



| ネット | 12時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿久根市長リコール投票実施確実に…署名過半数

阿久根市長リコール投票実施確実に…署名過半数
読売新聞 10月5日(火)10時55分配信


拡大写真
阿久根市長リコールの有効署名数を告示する選管職員=大原一郎撮影
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対する解職請求(リコール)を巡り、市選挙管理委員会は5日、市民団体「阿久根市長リコール委員会」(川原慎一委員長)が提出した署名簿の審査を終え、有効署名を1万197人と告示した。

 今後、署名簿縦覧などを経て数は確定するが、有権者の3分の1(9月2日現在、6646人)を超え、過半数に達しており、12月にも解職の賛否を問う住民投票が実施されることが確実になった。

 リコール委は8月17日に署名活動を開始。9月15日に署名簿を提出し、1万364人分を集めたと発表していた。

 市選管は地方自治法に基づき、署名簿に有権者以外の署名や重複署名がないかを審査。署名簿は1万407人分あり、このうち無効署名210人分を除いて有効とした。審査最終日の5日午前、臨時選管を開催し告示した。

 リコール委の川原慎一委員長(42)は同日、「住民投票では圧倒的な数字で勝利したい」と話した。専決処分で副市長に選任された仙波敏郎氏(61)はこの日の議会後、有効署名が1万人を超えたことについて、「相当の数の不正(署名)があったと聞いているが……」とだけ語った。竹原市長は取材に応じず、無言のまま市長室に入った。

 今後、6日から12日まで、市役所3階で署名簿の縦覧が行われる。有権者からの異議申し出があれば市選管は再度審査し、14日以内に決定を出す。異議申し出がなければ13日にも最終的な有効署名を告示。リコール委が5日以内に市選管に住民投票実施の本請求を行い、市選管は日程調整に入る。

 住民投票では、有効投票者の過半数が解職に賛成すれば竹原市長は失職し、50日以内に出直し市長選が実施される。出直し市長選になれば、竹原市長と、リコール委監事で同市の養鶏業西平良将氏(37)の2人が立候補することを表明している。 最終更新:10月5日(火)10時55分

| 新聞 | 12時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一層の警戒と監視が必要公明新聞:2010年10月5日付

一層の警戒と監視が必要公明新聞:2010年10月5日付

米韓との連携強化し情報の共有を
北朝鮮後継体制

後継体制づくりが本格化したと見て間違いないだろう。今後の権力継承の動きを注意深く監視していくことが重要だ。

44年ぶりに開かれた北朝鮮の朝鮮労働党代表者会で、金正日総書記の三男、金正恩氏が党中央委員と新設の党中央軍事委員会副委員長に抜擢された。代表者会直前には北朝鮮人民軍の「大将」の称号も受けている。故金日成主席から続く3代世襲体制が内外に明確に示された格好だ。

正恩氏については、年齢が27歳であることなど以外には、その素顔も経歴もほとんど分かっていない。党や軍での実績もなく、手腕、能力も未知数だ。代表者会後、朝鮮中央通信が配信した集合写真には同氏と推定される人物が写っていたものの、これもあくまで未確認の情報である。

信頼できる情報が極端に少ないのは、この国が国際的に孤立していることの表れだが、それだけ不気味さがつきまとう。「金王朝」体制の維持と権威づけのため、再度の核実験や弾道ミサイル発射に走る可能性も否定できない。国際社会は警戒のレベルをさらに高める必要がある。

正恩氏が正式に後継者の座に就く時期は分からない。故金日成主席生誕100年に当たる2012年とする見方もあれば、今月10日の党創建65周年式典で発表されるとの推測もある。いずれにせよ、金総書記の健康状態が大きく左右すると思われる。

確かなのは、正恩氏の就任がいつであれ、現体制が掲げる軍事優先の「先軍政治」がそのまま継承されることだ。「大将」の称号授与など、軍の掌握を優先させた人事はその表れと見ていいだろう。

とすれば、外交・安全保障をはじめとする北朝鮮の今後の出方に大きな変化を望むことはできない。日本と国際社会にとって、北朝鮮との向き合い方は、引き続き難しいものとならざるを得まい。

その意味でも気掛かりなのが、「普天間」や「尖閣諸島」で見せつけられた民主党政権の外交センスのなさだ。菅首相には、核・ミサイル開発の即時中止と、拉致問題の早期解決という日本の対北朝鮮政策の基本を改めて確認し、厳とした姿勢で対北朝鮮外交を展開することを求めたい。

ポイントとなるのは米韓両国との連携強化だ。後継体制をめぐる動きも含め、北朝鮮に関するあらゆる情報を共有し、その下で、中国を引き寄せながら6カ国協議を無条件で再開させなければならない。

日本外交の早期立て直しが求められる局面である。

| 新聞 | 12時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“高い救命力”に支援を公明新聞:2010年10月5日付

“高い救命力”に支援を公明新聞:2010年10月5日付

しんぶん

ドクターカーの“高い救命力”について説明を受ける党厚労部会のメンバーら=4日 大阪・吹田市救急医療の窮状聞く
党厚生労働部会 先進的な施設を視察
大阪・吹田市
公明党厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は4日、大阪府吹田市を訪れ、「世界一の救命力」と言われる、同地域の救急救命を支える医療機関を視察した。渡辺部会長のほか、赤松正雄、古屋範子の両衆院議員、山本香苗、山本博司、秋野公造の各参院議員、福島豊前衆院議員、藤井一東京都議が参加した。

一行ははじめに、大阪府済生会千里病院(林亨院長)の千里救命救急センターを訪問。同センターが運用するドクターカーについて説明を受けた。

ドクターカーは、人工呼吸器や心室細動を止める除細動器などを搭載した“走る救急救命室”。医師や看護師、救急救命士が乗り込み、患者のもとへ直接、医療を届ける救命率向上の担い手だ。同センターでは1993年、365日24時間体制で運用を開始。出動回数は年間約2000回で全国でもトップレベルを誇っている。

懇談の席上、甲斐達朗同センター長は、「心停止した患者の生存率が平均の2倍以上に上がった」と話し、ドクターカーの効果を指摘。その一方で、「費用負担が大きく、ドクターカー部門は不採算だ」と窮状を説明した。運用には年間約5400万円かかるが、運用による収入は約770万円で「走るほどに赤字」という。さらに、大阪府からの補助金が来年度以降、打ち切られる見通しで、公明党に対し「“継続の危機”を乗り越える政策をお願いしたい」と要望した。

渡辺部会長らは「診療報酬の改定のほか、人件費への補助金など支援策を探りたい」と語った。

続いて一行は、大阪大学医学部附属病院(福澤正洋病院長)で、同地域の高い救命力を担うもう一つの柱であるドクターヘリを視察した。大阪府が2年前、大都市圏で初めて導入し同病院に運用を委託したもので、治療開始までの時間を大幅に縮めてきた。同病院高度救命救急センターの嶋津岳士センター長らから説明を受け、人材不足や処遇の改善などで要望を受けた。
ドクターヘリ効果高い
党栃木県本部
新聞 公明党栃木県本部の遠藤乙彦県代表(衆院議員)と長沢広明参院議員は4日、栃木県壬生町の獨協医科大学病院を訪れ、ドクターヘリを視察し、運航状況や今後の課題について関係者と意見交換した。

党同県本部の小高猛男、山口恒夫の両県議、野澤和一県民運動局次長、西村眞治政策局次長(いずれも栃木県議選予定候補)が同行した。

同病院は今年の1月20日からドクターヘリを導入。出動件数は9月末現在で209件。ドクターヘリがなければ助からなかったと判断できる患者がこれまでに数人運ばれ救命できたことから、同病院の小野一之・救命救急センター長は、「費用対効果は十分にある」とドクターヘリの効果を強調。その一方で「(臨時ヘリポートとなる)ランデブーポイントが足りないことが一番困っている」と課題を挙げた。

視察を終えた遠藤氏は「ドクターヘリの効果が想像以上に高いことが分かったので全県に普及できるよう取り組みたい。より効果的な運航ができるよう尽力していく」と述べた。

| 新聞 | 11時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トラックバックテーマ 第1054回「遠足での思い出」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「遠足での思い出」です。季節は秋、学生だと、もうすぐ「秋の遠足」があるのではないでしょうか。地域によって、いろいろなところに遠足へ行くと思います。今回は、「遠足での思い出」をお聞かせください!遠足で、の思い出・・・吉久がいった遠足の中で印象深かっ・..
トラックバックテーマ 第1054回「遠足での思い出」



運動会が終わると子どもたちは遠足を考えますよね。2学期は行事の多い実りの秋と同じです。教職員の皆様も大変ですが、ともにリフレッシュしてほしいものですね。私も遠足に行こうと思いました。ありがとうございます。

| 投稿 | 08時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月