FC2ブログ

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

≫ EDIT

救出された作業員「素晴らしく幸福」

救出された作業員「素晴らしく幸福」
日本テレビ系(NNN) 10月13日(水)19時17分配信

 チリの鉱山落盤事故で地下に閉じこめられた作業員の引き揚げ作業が行われ、日本時間13日午後1時過ぎに2人目に救出されたマリオ・セプルベダさん(40)が、救出から約2時間半後に会見した。

 セプルベダさんは「こんばんは。皆さんお元気ですか。ここにいることは素晴らしく幸福です。今回の事故に遭い、これからまた何があっても正面から立ち向かっていけます。自分の前には神と悪魔の両方がいて、私は神の手を離さず握りしめていました。決して神は私を見放さないと信じていました。我々を救うために偉業を成し遂げてくれる人たちがいると、私たちは確信していました」と話した。
スポンサーサイト



| 新聞 | 20時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平均出産費用47万円 一時金を5万円上回る

平均出産費用47万円 一時金を5万円上回る
産経新聞 10月13日(水)17時41分配信

 厚生労働省は13日、社会保障審議会の医療保険部会で、出産費用の全国平均(平成22年8月時点)が47万3626円に上るとの調査結果を発表した。現行の出産育児一時金は原則42万円で、本人負担が5万円上回る実態が明らかになった。

 調査は各都道府県の国民健康保険団体連合会(国保連)に申請された正常分娩(ぶんべん)に伴う請求書5万3192件を集計した。下位25%の平均費用は42万5955円。最も平均費用が高かったのは東京都の56万3617円。神奈川、栃木、宮城の3県も50万円を超えた。一方、最低は鳥取県の39万1459円で、次いで熊本県40万6439円となり、地域格差も顕著になった。

 出産育児一時金は21年10月から22年度末までの暫定措置として、4万円上乗せされ42万円となっている。13日の部会では、42万円の恒久措置化を求める意見があった一方、38万円に戻すべきとする声もあった。

| 新聞 | 20時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HTLV―1 白血病ウイルス対策が前進公明新聞:2010年10月13日付

HTLV―1 白血病ウイルス対策が前進公明新聞:2010年10月13日付


患者団体のメンバーとともに抗体検査の一律実施の意義を強調する江田氏(中)=5日 首相官邸公費負担で抗体検査
母子感染防ぐため妊婦健診時に実施へ
厚労省通知
厚生労働省は6日、ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV―1)の母子感染を防止するため、同ウイルスの抗体検査を肝炎やエイズウイルス(HIV)などとともに、妊婦健診時の標準的な検査項目に追加し、公費で実施するよう都道府県・政令市などに通知しました。

検査は妊娠30週ごろまでに実施し、費用は妊婦健康診査臨時特例交付金を活用。妊婦一人あたりの補助単価を6万3790円から6万6080円へ、2290円上乗せします。

HTLV―1は、致死率の高い成人T細胞白血病(ATL)や脊髄症(HAM)を引き起こす原因ウイルスで、全国の感染者数は推計約108万人。感染しても多くの人が生涯、発病しない半面、ATLの死者は毎年1000人にも上っています。

ウイルスの主な感染経路は、母乳を介した母子感染。妊婦健診時に抗体検査を実施し、母親の感染が判明しても、出産後に母乳を与えず粉ミルクなどの人工栄養で育児することで、子どもへの感染率を大きく下げることができます。

全国の感染者のうち、およそ半分が九州・沖縄地方に集中。“風土病”などともされ、国は対応を自治体の判断に委ねてきました。ところが近年の調査で、関東など都市部を中心に感染者が増大していることが判明。全国的な対策が求められていました。

感染者が多かった長崎県では、1987年から妊婦への抗体検査を実施(2008年度から全額公費負担)。感染が分かった人への授乳制限の指導も行い、これまでに1000件以上の母子感染を防ぎ、約50人のATL発症を抑えたとされています。

HTLV―1対策について公明党は、参院選マニフェストで「全国一律の妊婦健診での抗体検査を実施」と明記。江田康幸衆院議員が「日本からHTLVウイルスをなくす会」の菅付加代子代表ら患者団体と二人三脚で総合対策の策定を訴えていました。ウイルス研究の専門家でもある江田氏は、政府の要請に応じて特命チームにもオブザーバーとして参加。感染予防に向けた議論をリードしてきました。

| 新聞 | 20時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊中市立幼稚園児募集・私立幼稚園の園児募集

園児募集 平成23年度(2011年度)豊中市立幼稚園児募集・・・・・詳しくはこちらへ

平成23年度園児募集(私立幼稚園)平成23年度(2011年度)の私立幼稚園の園児募集・・・詳しくはこちらへ

豊中市内の幼稚園では園児の募集を行っています。

| 教育 | 08時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3R推進月間 正念場迎える廃棄物行政公明新聞:2010年10月11日付

3R推進月間 正念場迎える廃棄物行政公明新聞:2010年10月11日付

環境ビジネスへの支援強化を
今月は廃棄物のリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)の促進をめざす「3R推進月間」。また、今年は公明党がリードした「循環型社会形成推進基本法」制定から10年の節目でもある。日々の生活を見直し、循環型社会形成の取り組みを加速させたい。基本法が制定された2000年は「循環型社会元年」と呼ばれ、環境政策の転機となった。実際、00年度に年間5483万トンも排出されていた一般廃棄物は、この循環型社会元年から排出量が減少に転じ、08年度には年間4811万トンまで減少した。また、産業廃棄物についても年間4億2000万トン前後の排出が続くが、埋め立てなどの最終処分は減少し、再生利用が増加を続けている。排出量が減少するなどした理由として、私たちの生活の中に3Rの考え方が着実に浸透してきたことが考えられる。社会全体が循環型社会へ向かっている証左として、この傾向を歓迎したい。その一方で、廃棄物処理については、最終処分地の残余年数の切迫という看過できない課題がある。残余年数は一般廃棄物で18年(08年度末時点)、産業廃棄物が7.5年(同06年度)と環境省は推計している。廃棄物行政は、これからが、まさに正念場だ。政府のリーダーシップの下に、国民や事業者が一体となった取り組みが欠かせない。こうした中、使用済み蛍光管からの伝統工芸品の製造、太陽光発電パネルのリユース、間伐材を活用したガードレール製造といった循環型社会形成につながる「循環型社会ビジネス」の成長が著しい。循環型社会ビジネスの市場規模は00年度の29兆5855億円から、07年度にはGDP(国内総生産)の約6.8%に相当する38兆644億円に拡大。雇用も約53万人から約65万人に増加している。環境分野の経済成長は高い期待が寄せられている。循環型社会ビジネスは、その可能性や潜在力を示す好例だ。公明党の山口那津男代表は、景気対策や成長戦略の柱として環境分野を挙げ、「成長力の高い潜在力のある分野で新しい事業創出を行うべきだ」と強調している。政府に対し、意欲的な環境ビジネスへの支援策を強く求めたい。循環型社会について、基本法は「天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会」と定めている。社会全体が一丸となった自覚ある行動で、循環型社会の構築を進めていきたい。今月は廃棄物のリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)の促進をめざす「3R推進月間」。また、今年は公明党がリードした「循環型社会形成推進基本法」制定から10年の節目でもある。日々の生活を見直し、循環型社会形成の取り組みを加速させたい。

基本法が制定された2000年は「循環型社会元年」と呼ばれ、環境政策の転機となった。実際、00年度に年間5483万トンも排出されていた一般廃棄物は、この循環型社会元年から排出量が減少に転じ、08年度には年間4811万トンまで減少した。

また、産業廃棄物についても年間4億2000万トン前後の排出が続くが、埋め立てなどの最終処分は減少し、再生利用が増加を続けている。

排出量が減少するなどした理由として、私たちの生活の中に3Rの考え方が着実に浸透してきたことが考えられる。社会全体が循環型社会へ向かっている証左として、この傾向を歓迎したい。

その一方で、廃棄物処理については、最終処分地の残余年数の切迫という看過できない課題がある。

残余年数は一般廃棄物で18年(08年度末時点)、産業廃棄物が7.5年(同06年度)と環境省は推計している。廃棄物行政は、これからが、まさに正念場だ。政府のリーダーシップの下に、国民や事業者が一体となった取り組みが欠かせない。

こうした中、使用済み蛍光管からの伝統工芸品の製造、太陽光発電パネルのリユース、間伐材を活用したガードレール製造といった循環型社会形成につながる「循環型社会ビジネス」の成長が著しい。

循環型社会ビジネスの市場規模は00年度の29兆5855億円から、07年度にはGDP(国内総生産)の約6.8%に相当する38兆644億円に拡大。雇用も約53万人から約65万人に増加している。

環境分野の経済成長は高い期待が寄せられている。循環型社会ビジネスは、その可能性や潜在力を示す好例だ。

公明党の山口那津男代表は、景気対策や成長戦略の柱として環境分野を挙げ、「成長力の高い潜在力のある分野で新しい事業創出を行うべきだ」と強調している。政府に対し、意欲的な環境ビジネスへの支援策を強く求めたい。

循環型社会について、基本法は「天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会」と定めている。社会全体が一丸となった自覚ある行動で、循環型社会の構築を進めていきたい。

| 新聞 | 08時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月