FC2ブログ

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

≫ EDIT

<円高>一時80円台に突入…15年半ぶり、ロンドン外為

<円高>一時80円台に突入…15年半ぶり、ロンドン外為
毎日新聞 10月14日(木)18時23分配信

 14日のロンドン外国為替市場の円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による追加的な金融緩和観測の高まりなどを背景に、95年4月以来、15年半ぶりに一時、1ドル=80円台に突入した。同時期に記録した戦後最高値の1ドル=79円75銭が近づいており、一段の円高が企業業績や日本経済に与える影響に懸念が強まりそうだ。
スポンサーサイト



| 新聞 | 18時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなたの家は健康ですか

豊中市役所の第二庁舎のロビーでは、防災対策や温暖化対策、防犯対策などの展示をされています。

市役所

市役所 市役所 市役所

市役所 市役所 市役所

市役所 市役所




| 市役所第二庁舎 | 15時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市役所の喫茶コーナー

市役所の喫茶コーナーのメニューですが、最近は、朝のモーニングにも職員の皆さんは少なくなってきました。

市役所

市役所

市役所

| 市役所 | 15時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷走止まらぬ菅政権公明新聞:2010年10月14日付

迷走止まらぬ菅政権公明新聞:2010年10月14日付

新聞

質問する石井政調会長=13日 衆院予算委「政治とカネ」の説明責任、再発防止
首相は指導力発揮せよ
民主党マニフェスト あいまいな財源を追及
衆院予算委で石井政調会長
衆院予算委員会は13日、菅直人首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行い、公明党から石井啓一政務調査会長、遠藤乙彦国際委員長が質問に立った。石井氏は「政治とカネ」の問題やマニフェスト実現などで迷走を続ける民主党政権に「厳しく対峙していく」と強調。遠藤氏は尖閣諸島問題などで政権の対応を追及した。

質疑要旨

【政治とカネ】 石井政調会長は、民主党の小沢一郎元代表の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が4日、2度目の起訴議決をしたことに言及。同党代表の菅首相に対し、小沢氏が国会で説明責任を果たすよう指導力の発揮を求めた。

首相は「正式な提案があれば、わが党としてもきちんと受け止めて対応を協議したい」と述べたが、石井氏は「すでに野党は小沢氏の証人喚問を要求している」と反論した。

また石井氏は、鳩山由紀夫前首相の献金偽装事件に触れ、菅首相が鳩山氏の辞任で決着したかのような答弁を繰り返していることについて、「政治的けじめをつけることと、首相時代の(資料を公開するとの)約束を果たすことは別問題だ」と批判。首相が「熟議の国会」を求めていることにも言及し、「熟議とは、政府・与党の都合のいいことだけを議論することではない」として、野党の証人喚問、資料公開要求に応じるべきだと迫った。

一方、石井氏は「政治とカネ」問題の再発防止策について、公明党が提案する政治家の監督責任を強化する政治資金規正法改正を強く要求。さらに国会議員の歳費日割り法案の今国会成立を求めたのに対し、首相は「きちんと法律にすることに賛成したい」と明言した。

【民主党マニフェスト】 石井氏は2009年衆院選での民主党マニフェストについて、肝心の財源が不明確のため、子ども手当や高速道路の無料化、ガソリン税の暫定税率の廃止など「マニフェストが迷走している」と批判。これに対し、首相は「4年間で実現していく基本姿勢は変わらない」と述べたが、玄葉光一郎国家戦略担当相は「地に足をつけて一定程度修正してきている」と述べ、首相答弁と食い違いを見せた。

【景気・経済】 石井氏は、経済対策の実施に必要な今年度補正予算案が、いまだに国会提出されていないことについて「(政府の対応が)遅すぎる」と批判。政府の経済対策は「メニューが示されているものの、中身が詰まっていない。予算額も示されていない。これでは評価ができない」と糾弾した。

さらに、労働環境が過酷な介護職員の給与引き上げのための「介護職員処遇改善交付金」について、使い勝手を良くするため、同じ職場の事務職員や看護職員も対象に含めるよう要請。中小企業支援としては、来年3月末で期限切れとなる中小企業金融円滑化法と緊急保証制度の延長を求めた。自見庄三郎金融担当相は「(円滑化法の)延長を視野に検討していく」と答えた。

拙劣な外交、国益損なう
「普天間」「尖閣」問題の対応批判 遠藤氏

【尖閣、危機管理】 遠藤氏は、普天間飛行場移設問題に関する迷走で日米関係を停滞させた問題、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件への対応のまずさで日中関係を悪化させた問題を挙げ、民主党政権の対応が「あまりにも拙劣で、国益を大きく損なった」と猛省を促した。

その上で、普天間移設問題について、民主党政権が政治主導を掲げながら対応が迷走し続けた原因を追及した。

菅首相は「(鳩山前政権下で)外務省、防衛省、首相官邸のそれぞれが調整なく発信したことが、混乱を招いた」と述べた。

また遠藤氏は、同飛行場の危険性除去が最優先課題だとして、解決への具体的な見通しを示すよう迫ったが、北沢俊美防衛相は「(移設完了目標の)2014年をめざして検討する」と述べるにとどまった。

さらに遠藤氏は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件への対応についても、逮捕した中国人船長の釈放を検察の判断に委ねた政府の姿勢に疑問を呈するとともに、今回の事件によって「『圧力を加えれば屈する国』との印象を与えてしまった」と政府の対応を批判した。

このほか、宮崎県で発生した口蹄疫に対する初動対応の遅れを指摘し、「危機管理意識の低さを表している」と糾弾した。

| 新聞 | 12時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/10/13 遅すぎる補正予算 石井政調会長

10/10/13 遅すぎる補正予算 石井政調会長

| 未分類 | 12時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/10/13 マニフェストについて 石井政調会長

10/10/13 マニフェストについて 石井政調会長

| ネット | 12時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

33人の救出作業完了=最後のウルスアさん引き上げ―チリ鉱山事故

33人の救出作業完了=最後のウルスアさん引き上げ―チリ鉱山事故
時事通信 10月14日(木)9時59分配信

 【サンホセ鉱山(チリ)時事】チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山に作業員が閉じ込められた落盤事故で、12日に開始された救出作業は13日夜(日本時間14日午前)、最後の33人目の作業員、ルイス・ウルスアさんが地上に引き上げられ、完了した。 

| 新聞 | 10時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域の町おこし

今日の朝のNHKで地域の町おこしにわさおが頑張っているという放送が流れました。見てみるとかわいい犬ですね。

町おこし・・・・地域の発展には何でも工夫です。頑張ってほしいですね。

わさお通信・・・・詳しくはこちらへ

| 地域 | 10時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月