FC2ブログ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

≫ EDIT

菅政権 現場の声聞かず公明新聞:2010年11月20日付

菅政権 現場の声聞かず公明新聞:2010年11月20日付

新聞

質問する荒木氏=19日 参院予算委「緊急保証」延長が必要
法相の国会軽視発言「言語道断で許し難い」
参院予算委で荒木氏訴え
参院予算委員会は19日、2010年度補正予算案に関する質疑を行い、公明党から荒木清寛、山本香苗両氏が質問に立った。

冒頭、荒木氏は柳田稔法相が国会軽視の発言をした問題について「言語道断。許し難い発言」と批判。また「20年間、法務関係に一回も触れたことがない」との発言も問題視し、法相として不適格で「自ら身を引く以外ない」と迫った。

柳田法相は国会軽視発言に対し、「軽率で思慮が足りなかった」と陳謝したが、法相辞任は否定した。

さらに、荒木氏は来年3月末で打ち切りとなる緊急保証制度に関して、中小企業の厳しい資金繰りを踏まえ、

「少なくても1年延長は不可避だ」と強調。延長を求める中小企業の声が強いにもかかわらず、「なぜ現場の声を無視し、打ち切りを強行するのか」と追及した。

大畠章宏経済産業相は「年末、年度末の状況を精査し、継続について検討したい」と答えるにとどまった。

荒木氏は大学生の就職活動が早期化し、学業に支障が出ている事態に懸念を示し、卒業後すぐに正社員になれなくても「勉強ができ、能力を身に付けることが正当に評価される社会に」と強調。その上で、ジョブ・カード制度を生かし、職業能力評価制度(日本版NVQ)を構築するよう求めた。

また、妊娠しても流産を繰り返す「不育症」に触れ、「痛苦は想像に余りある」とする一方、適切な検査と治療で85%が出産できるようになると主張。その上で、治療法の一つである「ヘパリン注射」に関して、前厚生労働相が安全性や有効性が確認されれば、速やかに保険適用すると答弁したものの、「1年たったが、(政府の)動きがない」とただした。

細川律夫厚労相は「承認されれば、速やかに保険適用したい」と述べた。

荒木氏は小児慢性特定疾患の医療費助成が最長でも20歳で打ち切られる問題を挙げ、「『20歳以降も助成を続けてもらいたい』との要望がある」として、政府検討チームの議論の状況を聞いた。
菅政権 現場の声聞かず | 公明党 ニュース公明新聞:2010年11月20日付
スポンサーサイト



| 新聞 | 15時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

農業祭

11月20日(土)豊中市民会館で農業祭が開催されました。淺利市長も駆けつけていました。野菜の販売、生花の販売、うどんやかやくご飯も食べられました。豊中の農業の展示もありました。

農業祭

農業祭

農業祭


農業祭   農業祭   農業祭
農業祭   農業祭   農業祭
農業祭   農業祭   農業祭

農業祭





    



| 豊中市内 | 15時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/19のツイートまとめ

s_nakajima_s

ブログのカウンター20000を超えました。ありがとうございます。
11-19 17:02

市役所での相談、検討実施中です。
11-19 16:04

今日も朝から、街頭演説の後、市役所に出勤、会派の打ち合わせを行います。今日も元気で頑張りたいと思います。
11-19 09:17

| TWITTER | 04時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月