FC2ブログ

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

野鳥の監視体制強化せよ公明新聞:2010年12月29日付

野鳥の監視体制強化せよ公明新聞:2010年12月29日付

新聞

鳥インフルエンザ感染問題で、関係省庁に対策強化を要望する木庭氏ら=28日 参院議員会館鳥インフル 感染問題で 公明が関係省庁に要望
鹿児島県出水市の出水平野に飛来する野生のナベヅルが強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した問題で、公明党・九州南部高病原性鳥インフルエンザ緊急対策本部の木庭健太郎本部長(参院議員)は28日、参院議員会館で環境・農林水産の各省と文化庁にウイルス感染拡大防止のための万全な対策を要望した。石田祝稔衆院議員、竹谷とし子参院議員が同席した。

同地域は、国内最大のツルの越冬地で、県内有数の養鶏地帯としても知られる。

席上、各省庁は、鳥インフルエンザ感染の経過や取り組み状況を報告。環境省の担当者は「これまでに14羽のナベヅル等が死亡し、このうち強毒性が確認されたのは5羽」と説明。感染が広がっていないかを調べる野鳥の糞便採取を終え、今後、野鳥のウイルス保有状況の調査を進めるとした。

また同省は、野鳥の専門家から今後の対応について助言を得るための会合をきょう29日に開くという。

党側は、江田康幸副本部長(衆院議員)が24日に現地調査した結果を踏まえ、(1)正確な情報に基づく広報を迅速に行い、風評被害を防止(2)野鳥の状況の監視体制を強化(3)養鶏農場へのウイルス侵入防止(防鳥ネットの整備等)に対応(4)渡り鳥ルート(韓国、中国、ロシア等)における国際協力―などを求めた。

さらに「ナベヅルは絶滅危惧種にも指定されており、こうしたケースは種の存続に大きな影響を及ぼす」として、家畜伝染病予防法の対象外であるツルや野鳥等についての殺処分や防疫対策に関するマニュアル作成・法整備の必要性を訴えた。

環境省の担当者は「殺処分のために野鳥等を捕獲しようとすると、逃げてしまう鳥が必ずいる。他県へのウイルス拡散リスクも踏まえて、検討していきたい」と述べた。

スポンサーサイト



| 新聞 | 10時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さあ、この勢いを来年へ公明新聞:2010年12月29日付

さあ、この勢いを来年へ公明新聞:2010年12月29日付

地域から日本の政治を変えよう
地方選完勝   

東京都西東京市と福岡県福津市の両市議選(26日投票)で公明党が全員当選を勝ち取ったことで、候補を擁立して戦った今年の統一外地方選は完全勝利を果たし、地方選挙の全員当選の連続記録も62カ月に伸ばすことができた。

地方議会の定数削減傾向が顕著な中、公明党が激戦を乗り切り、さらに全198議会選挙のうち61選挙で過去最高得票という見事な成果を挙げることができたのも、党員、支持者の皆さまの懸命のご支援のたまものであり、心から感謝申し上げます。

地域における候補者と政党に対する信頼感が問われる場が地方選挙だ。そのため公明党の一人一人の地方議員は、「自身が党の代表」との自覚で、誠実に地元の住民と接している。その中から地域の課題が明らかになり、議員は住民生活の向上と問題解決のために全力で道を開いてきた。

この地道な議員活動の積み重ねがあるからこそ、選挙を勝ち抜くことができる。

一方、新人候補は、先輩議員と政治活動を共にする中で「大衆とともに」の精神を身に付け、日常的な市民相談を通して「現場の声」の大切さを学んでいる。

「地方自治は民主政治の最良の学校」とは、今世紀初頭に民主国家を研究した英国のJ・ブライス氏が『近代民主政治』(1921年)の中で述べた言葉である。

その大事な地方政治の場で、さまざまな意見を話し合いによって調整しながら、住民のための政策実現に真正面から取り組んできたからこそ、公明党は地域で信頼を勝ち得てきた。さらに、地方と国の「ネットワーク力」で日本の政治さえも変えてきたのが公明党である。

来年も、公明党の真骨頂である、このネットワーク力を存分に発揮していきたい。

しかし、「政治は生きもの」だ。一瞬の情勢変化で攻守が変わる。その例が民主党だ。民主党は政権交代を好機として地方議会での勢力拡大をめざし、候補者の大量擁立など大攻勢をかけたものの、国政での迷走・失政の連続によって、最近の地方選挙では惨敗続きである。

その一方で、著しい自民党の復調、保守回帰が目立つ。

公明党は今年の「勢い」を来年につなげ、4月の統一地方選に勝利しなければならない。情勢の変化に動じない公明党理解の輪を広げるには、ひたすら住民生活を守る「行動する政策創造集団」の姿勢を貫く以外にない。

さあ、新しい年へ前進しよう。

| 新聞 | 10時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

政倫審は公開、無条件で公明新聞:2010年12月29日付

政倫審は公開、無条件で公明新聞:2010年12月29日付

新聞

記者団に見解を述べる山口代表=28日 国会内速やかに説明責任を果たせ
山口代表
公明党の山口那津男代表は28日、民主党の小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会に出席する意向を表明したことについて、国会内で記者団に対し、次のような見解を述べた。

一、民主党が(説明責任を果たす場として)政倫審でやるべきだ、小沢氏も「それに応じる」というのであれば、それで民主党としての意思を固めるべきだ。政倫審は本来、本人の申し出で開くから議決の必要がない。本人が政倫審で説明したいと申し出ればいい。そういう意思が固まっているなら(小沢氏は)速やかに政倫審に出ると決めたらどうか。

一、(公明党の対応について)われわれは本来、(国会での)説明責任を尽くす場として証人喚問を求めてきた。(政倫審は)説明責任を果たす一つの方法として、公開で行うと決断すれば意味が出てくるが、その内容によって説明責任が尽くされたかどうか見極めながら、(その後の)対応を考える。

一、(小沢氏が政倫審の出席に絡めて、国会審議などに関する条件を付けたことについて)どういう意図なのか、分かりかねる。自ら条件をつけるのはおかしな話だ。

一、(説明が不十分なら証人喚問を引き続き要求するのかとの問いに)そういう場合もあり得る。政倫審で説明すれば事足りると、あらかじめ考えているわけではない。

小沢氏、政倫審出席を表明

民主党の小沢一郎元代表は28日午後、衆院議員会館で記者会見し、自らの政治資金問題について、来年1月召集の通常国会で衆院政治倫理審査会に出席し、弁明する意向を明らかにした。

ただ、早期に応じる条件として国会の正常化を挙げ、問責決議を受けた仙谷由人官房長官らの辞任を事実上要求した。

小沢氏は28日の会見で「国会運営と選挙が政党としては最大の問題。進んで出る決断をすることが良かろうと判断した」と表明。

これに対し、首相は28日午後、首相官邸で岡田克也幹事長、鉢呂吉雄国対委員長らと協議。小沢氏は条件を付けず、通常国会前に政倫審で説明すべきだとの考えで一致し、小沢氏が従わなければ政倫審で議決する方針を確認した。

| 新聞 | 10時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/12/28 小沢元代表、政倫審出席表明を受けて

10/12/28 小沢元代表、政倫審出席表明を受けて

| 動画 | 10時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月