FC2ブログ

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

≫ EDIT

閣内不一致解消されず公明新聞:2011年1月25日付

閣内不一致解消されず公明新聞:2011年1月25日付

税か保険料か、年金で発言バラバラ
通常国会が開幕

「寄り合い世帯」「党内バラバラ」と言われ続けた民主党だが、政権に就いて1年5カ月を経た今も、その体質は変わらないようだ。

米軍普天間飛行場の移設をめぐって、グアムや県外、さらには「嘉手納へ」などと、閣僚がバラバラに発言し、沖縄県民を混乱させ、日米安保体制に打撃を与えたことは記憶に新しい。名護市辺野古沖に建設をめざす方針を決めたが、今度は、代替施設の形状について、前原外相と北沢防衛相の対立が伝えられている。

また、「政治とカネ」をめぐっての小沢元代表の国会招致問題については「これが同一の政党内の争いか」と思うほど激しい。事業仕分けでの予算案をめぐる攻防は、「自分で概算要求しておきながら、事業仕分けの対象にしているというのは言葉もない」と民主党出身の西岡参議院議長に批判される始末だ。

政権の理念や政策の柱であるはずのマニフェストでも「見直し派」と「堅持派」が争い、混乱が広がっている。

特に、年金・社会保障については、かつて自民党で要職を歴任してきた与謝野衆院議員(「たちあがれ日本」を離党)が経済財政担当相として入閣したことで、何が菅内閣の正式見解か、全く分からなくなった。

周知のように民主党は、政権奪取以前の国政選挙で、現在の保険料中心の年金制度を厳しく批判し続け、「消費税を財源とする月額7万円の最低保障年金を受け取れるようにする」と2009年のマニフェストに書き込んだ。この「保険料から消費税への転換」こそ、民主党の社会保障政策の“目玉”だったはずだ。

だが現在、与謝野経済財政担当相は、民主党の税方式を否定し「(保険料中心の)社会保険料方式が具体的で実現可能性がある」と指摘し続けている。一方、年金行政を担当する細川厚生労働相は「マニフェストで約束したことを基本にするべきだ」と言明しており、対立している。

国民の生活設計の根幹をなす年金制度の在り方について、国民にきちんと説明できないのでは政権政党として失格である。

この問題で、菅首相は国会召集の前日の23日、社会保障と税の一体改革に関係する閣僚を集め、丁寧な答弁を行っていくことを申し合わせたというが、小手先の対応である。

厳しい就職事情など、日本の経済再生への道筋が見えない中で、バラバラな内閣、迷走する政権与党が、日本の将来をさらに不安にしている。
スポンサーサイト



| 新聞 | 09時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「闘う野党」の責任果たす公明新聞:2011年1月25日付

「闘う野党」の責任果たす公明新聞:2011年1月25日付

新聞

「闘う野党」として結束して論戦に挑むことを誓い合った両院議員総会=24日 国会内通常国会開幕公明、両院総会で決起
菅政権に担当能力なし
「政治とカネ」ただし 予算案、公約違反を追及
第177通常国会が24日召集された。会期は6月22日までの150日間。公明党は24日午前、国会内で衆参両院議員総会を開き、山口那津男代表、井上義久幹事長は、衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」の中で「政策論争を通じて『闘う野党』の責任を果たしていく」と強調。政権運営、政策実行の両面で「民主党中心の政権は、政権担当能力を失っている」として、菅政権の政治姿勢を厳しく追及する考えを示した。このほか、白浜一良参院会長、漆原良夫国会対策委員長、石井啓一政務調査会長があいさつした。

党幹部のあいさつ要旨

「公明ここにあり」の気概で
豪雪、鳥インフル対策など国民生活守り抜く

山口代表は、与党・民主党に対しマニフェスト(政権公約)のほとんどを施策として実行できず、財源も破綻状態となっていることから、「約束を実行できない政党」と糾弾。

さらに先の内閣改造で、自民党比例区で当選した与謝野馨氏を入閣させたことを「選挙で戦った相手の政策責任者だった人を閣内に迎える禁じ手」と批判し、「政権の運営、政策の実行のいずれを見ても民主党中心の政権はもはや政権担当能力、正統性、アイデンティティー(存在意義)を失っている」と強調した。

また、公明党が提案している社会保障のあり方についての与野党協議機関の設置に関して、民主党がマニフェストで掲げている年金一元化や全額税方式の最低保障年金などで具体案を示していないことに言及。にもかかわらず、菅首相らが与野党協議を呼び掛けていることから、「裸で抱きついてくるような恥ずかしいまねはやめてもらいたい」と厳しく批判した。「政治とカネ」の問題でも、いまだに解決の方向性を見いだせない民主党を「かつての55年体制下の自民党以下」と酷評、厳しく追及していく考えを示した。

一方、4月に控えた統一地方選については「政党のアイデンティティーも問われる」との認識を表明。公明党議員が国民生活に根差し現場の声を受け止めてきたことや、国と地方で連携して政策を推進し実現してきたことを力説し、「国会での論戦が統一選へのエールになり、国民の希望につながるように一致結束して『闘う野党・公明党ここにあり』との姿勢を示していこう」と呼び掛けた。

井上幹事長は、今国会について「(来年度)予算案や予算関連法案、重要法案など課題はたくさんあるが、政策論争を通じて『闘う野党』の責任を果たしていきたい」と強調。

民主党幹部が来年度予算案の修正に言及していることに対し、「極めて責任がない話と言わざるを得ず、基本的な方向性や理念を欠いたつじつま合わせの予算であることの証左だ。厳しくただしていく」と批判した。

一方、各地で相次ぐ豪雪被害や、宮崎県の鳥インフルエンザによる感染被害への対策の必要性を力説し、「足元で起きているさまざまな課題にしっかりと目を向けて真剣に取り組んでいく」と訴えた。

さらに、地方議会改革を含めた地方自治の改革に取り組む考えを示した。

白浜参院会長は、民主党が問責決議の位置づけなど国会運営に関して問題提起していることに対し、「自ら勇んで野党時代に問責決議を出したことを反省・総括し、国民にお詫びして、そういう主張をすべきだ」と糾弾した。

漆原国対委員長は「政権は国民の信を失っており、内政、外交にわたる矛盾、迷走、いい加減さを厳しく追及していく」と力説。

石井政調会長は政府予算案について「景気対策、デフレ克服への取り組みが中途半端で、財政健全化も脆弱。マニフェスト破綻も明らかだ」と批判した。

| 新聞 | 09時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

01/25のツイートまとめ

s_nakajima_s

朝から街頭ご挨拶はじめます 今日もよろしくお願いします
01-25 07:24

| TWITTER | 09時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月