FC2ブログ

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

≫ EDIT

3階建て仮設住宅、建設の理由は

3階建て仮設住宅、建設の理由は
TBS系(JNN) 10月10日(月)13時20分配信

 いまだに200人を超える住民が避難所生活を送っている宮城県女川町では、ある事情から国内で初めて3階建ての仮設住宅の建設が進められています。

 「私がいるのは元野球場の敷地です。ここでは2階建てが3棟、3階建てが6棟の仮設住宅が建てられることになっていて、2階建てについては10日から入居が始まります」(記者)

 女川町に3階建ての仮設住宅が建てられる背景には、山が海の近くに迫り、もともと平地が少ないことが挙げられます。また、その平地もほとんどが津波の被害にあってしまい、隣の石巻市内にも仮設住宅を建てなければならないほど平地が限られています。

 町内では、今もおよそ220人の住民が避難所で生活をしていて、仮設住宅に入る日を待っていました。

 「女川にいたいよ。よそ行ったら大丈夫かなって感じ」(住民)
 「今までずっと仮設抽選できましたけど、全部外れて、先が見えなかったんですけど、今度ここに最終的に落ち着くってなった時に、やっぱり気持ちもほっとしたっていうかね」(住民)

 3階建ての仮設住宅は全国で初めてで、耐震性や強度に問題はないということですが、それでもエレベーターなどがないこともあり、入居予定者からは不安の声も聞かれます。

 「足がよたよたになってしまって、ほんと言うと。だから階段が怖い感じはする」(住民)

 3階建ての仮設住宅は、これ以上、避難所での生活を長引かせないための苦肉の策として建てられました。震災発生から11日で7か月が経ちますが、住民の生活再建がようやく始まります。(10日11:41).最終更新:10月10日(月)14時5分

スポンサーサイト



| 新聞 | 16時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<東日本大震災>石巻の全避難所、11日に閉鎖

<東日本大震災>石巻の全避難所、11日に閉鎖
毎日新聞 10月10日(月)12時23分配信


拡大写真
3回目の引っ越しで、待機所に移った藤原明さん(右)と妻一子さん=宮城県石巻市で2011年10月9日午後2時27分、平川哲也撮影

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市が市内の避難所を11日に閉鎖するのを前に、藤原明さん(72)は妻と9日、中学校の避難所から公民館の「待機所」に移った。自宅の修復を待つなどの理由で仮設住宅に入居せず、同じように市内4カ所の待機所に移るのは、約80人に上る見込みだ。震災から7カ月。「また環境が変わるのか……」。生活の拠点が定まらない避難者は疲労の色を濃くしている。【平川哲也】

【写真特集】水没、火が…石巻の「あの日」を写真で振り返る



| 新聞 | 15時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/09のツイートまとめ

s_nakajima_s

夕方大阪府南部でも地震がありました! 後でわかりましたがやはり情報は大切ですね!今日のnhkでもツィツターなどの情報は大切です。これからはインターネットの整備や行政の体制を整えたい。
10-09 21:41

午前中の公民分館の運動会では浅利豊中市長さん石川ひろたか参議院議員も参加されていました。運動会日和ですが暑いようです!
10-09 12:46

おはようございます。今日は公民分館の運動会シーズンご挨拶に行きます。 公明新聞 豊中市のブックスタート事業掲載されました! 防災点検もこれからスタートします!
10-09 08:30

| TWITTER | 07時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月