FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

≫ EDIT

「ものづくり」の再生急げ

「ものづくり」の再生急げ
公明新聞:2012年2月9日付

円高、国際競争で 相次ぐ業績悪化 今こそ大胆な経済対策を
.日本経済の縮小

目を疑いたくなる程、厳しい数字といえる。

国内企業の2012年3月期業績の大幅な悪化が相次いでいるからだ。

電機大手のソニーは、連結業績(米国会計基準)で、純損益が2200億円の大幅な赤字になると発表。シャープもテレビ需要の減少などで、純損益が2900億円の赤字となることを明らかにした。

これだけではない。トヨタ自動車は、本業のもうけを示す営業利益が11年同期比約7割減の1171億円だった。このような事態は、半導体製造など日本が得意とする先端技術の分野にも及ぶ。

大手企業の業績悪化の主因は、欧州債務危機に代表される世界的な経済低迷にある。

一方、国内状況では、長引くデフレによる超円高で、輸出の採算が悪化していることが見逃せない。さらに、東日本大震災によるサプライチェーン(部品供給網)への打撃や、タイの大洪水被害などが重なったこともある。

ここで懸念されるのは「失われた20年」と呼ばれる1990年代のバブル景気崩壊から続く経済低迷が、今後も継続するかどうかという点だ。

かつて世界市場を席巻した日本車は、成長著しい韓国勢との激しい経済競争にさらされている。豊富で安価な労働力を有する中国やインドなど新興国への製造拠点の移転増加で、日本の産業空洞化もじわりと加速しつつある。

日本の昨年の貿易収支が31年ぶりに赤字となった事実を、経済が重大局面に入ったことを示すシグナルと受け止めるべきだ。

今こそ「失われた20年」と決別するための大胆な経済政策が必要である。

こうした観点も踏まえ、公明党は、経済活性化と社会インフラの更新を兼ねた「防災・減災ニューディール」の実施や中小企業支援の強化、デフレ脱却策などを盛り込んだ緊急提言を発表。8日には政府に申し入れを行った。

少子高齢化で経済縮小は避けられないからこそ、日本が生き残る道を摸索すべきだ。

一案は、巨額の個人金融資産が金融市場で効率的に運用されるよう政府が環境を整備し、その収益で経済を支えるという投資立国だ。日本銀行の「資金循環の日米欧比較」によると、11年9月末時点の日本の家計資産合計額は1471兆円。そのうち56%は現金などで滞留している。

金融資産が意欲ある企業で新たな付加価値創造のために活用されれば、ものづくり日本の再生にもつながるはずである。

スポンサーサイト



| 新聞 | 14時08分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飲み過ぎは4兆円の損…たばこといい勝負?

飲み過ぎは4兆円の損…たばこといい勝負?
読売新聞 2月9日(木)1時38分配信

 アルコールの飲み過ぎによる社会的損失が年間4兆1483億円に達することが、厚生労働省研究班の推計でわかった。

 研究班の尾崎米厚(おさきよねあつ)・鳥取大准教授(環境予防医学)らは、肝硬変の40%、浴槽での溺死の34%などがアルコールに起因するとする米国の研究を参考に、2008年の人口動態統計や患者調査のデータで推計。飲み過ぎで、脳卒中、がんなどの病気やけがの患者が計24万6000人、死者が3万5000人増えたとした。治療に1兆226億円かかり、69歳まで生きた場合に受け取れた賃金1兆762億円を失ったと見積もった。

 研究班の調査で、働いている人でも男性の5・9%、女性の1・7%が「人間関係にひびが入った」「二日酔いで仕事を休む」などの飲酒による問題を抱えていた。こうした問題で労働生産性が21%低下するとの研究があり、損失は1兆9700億円になった。

 さらに、飲酒交通事故なども考慮。総額は、たばこの社会的な損失(5兆~7兆円)にほぼ匹敵した。 .

| 新聞 | 14時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4次補正予算が成立

4次補正予算が成立
公明新聞:2012年2月9日付

新聞

質問する山本(博)氏=8日 参院予算委山本(博)氏が質疑、石川氏が賛成討論 公明推進の政策反映
「ハート購入法」制定など障がい者福祉の充実迫る
.東日本大震災で被災した中小企業や農業・漁業者の二重ローン対策などを盛り込んだ2011年度第4次補正予算が8日の参院本会議で、与党と自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。

4次補正予算は総額2兆5345億円。公明党の推進で自公政権時代に創設された「安心こども基金」「妊婦健康診査支援基金」「障害者自立支援対策臨時特例基金」の継続をはじめ、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌の各ワクチン接種を支援する基金の予算を計上。二重ローン対策で「東日本大震災事業者再生支援機構」が債権を買い取るための政府保証枠5000億円が盛り込まれた。追加的な景気・経済対策ではエコカー補助金に3000億円を確保し、公明党の主導で創設された同事業が復活することになった。

本会議に先立つ参院予算委員会で、締めくくり質疑に立った公明党の山本博司氏は、障がい者施策の充実を強く要請。授産施設などで働く障がい者の工賃水準を引き上げる「工賃倍増5カ年計画」が民主党政権の予算削減などで進んでいないことや、各省庁が障がい者就労施設から物品などを調達する契約実績が極めて低い実態を指摘し、公園清掃などの「役務」の提供を国の随意契約の対象に含むことなどを柱とする「ハート購入法案」の実現を訴えた。

さらに山本氏は、民主党政権の社会保障と税の一体改革の素案に関し、障がい者福祉の位置付けが不明確な点を挙げ、「1000万人への支援をどう考えるのか」とただした。

小宮山洋子厚生労働相は「一体改革には入っていないが、毎年度の予算確保で総合的に進めたい」などと不十分な答弁に終始した。

新聞

この後、公明党の石川博崇氏が賛成討論に立ち、若者の雇用対策に言及。学生と中小企業の雇用のミスマッチ解消など、党青年委員会が提案した政策提言の実現を訴え、「未来を担う若者がいきいきと働ける社会の実現に政府は真剣に取り組むべきだ」と訴えた。



| 新聞 | 13時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本海側、あすまで大雪=新雪による雪崩に注意―気象庁

日本海側、あすまで大雪=新雪による雪崩に注意―気象庁
時事通信 2月9日(木)8時29分配信

 強い冬型の気圧配置が続く日本列島は9日も、日本海側を中心に大雪となった。10日にかけ降り続く見込みで、気象庁は、新たな積雪による雪崩や交通への影響に注意を呼び掛けた。
 同庁によると、北海道・東北の上空約5000メートルに氷点下39度以下の寒気が流入。肘折(山形県大蔵村)では9日朝までの24時間に60センチ超の雪が降ったほか、日本海側の山沿いで同様に40~50センチ前後の降雪となった。同日は太平洋側でも積もる見通し。 

| 新聞 | 12時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本海側の雪続く 雪崩など注意

日本海側の雪続く 雪崩など注意・・・・・・詳しくはこちらへ
2月9日 7時36分
強い冬型の気圧配置と寒気の影響で、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に雪が降り続いています。
日本海側などでは、いったん解けた雪が凍って、その上に大量の新たな雪が積もっているところもあり、気象庁は雪崩や落雪などに十分注意するよう呼びかけています。

| ニュース | 10時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

02/08のツイートまとめ

s_nakajima_s

夜の冷え込みは大変厳しいです!東日本ではもっと厳しいでしょう!体に注意してください!
02-08 23:46

今日は気温が下がっていますが街頭活動を行い市役所へ、今から議員団の打ち合わせを行い、クリーンランド議会の予算の説明を行います。
02-08 08:56

| TWITTER | 05時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月