FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

≫ EDIT

予算委中断、民主に責任

予算委中断、民主に責任
公明新聞:2012年2月15日付

新聞

記者会見で見解を述べる山口代表=14日 国会内衆院選挙制度改革 先送りせず合意めざせ
山口代表
.公明党の山口那津男代表は14日午前、国会内で記者会見し、高校授業料無償化への対応に関する政府答弁をめぐり、13日午後から14日にかけて衆院予算委員会の審議が中断したことについて、「民主党に一義的に責任があり、政党としての取り組み、一貫性を欠いているところから生じた問題だ」と批判した。

山口代表は、高校無償化に関して「政策効果の検証をもとに、必要な見直しを検討する」とした昨年8月の民主、自民、公明の3党合意に言及。当時、民主党幹事長だった岡田克也副総理が13日の予算委で「(検証が)どういう状況だったのか把握していない」などと答弁したことに対し、「あまりにも責任感を欠いている。合意を誠実に実行していない民主党の姿勢が問われている」と指摘した。

また、衆院選挙制度改革について、選挙区画定審議会による25日までの勧告期限の延長を求める声が上がっていることについて「(各党協議会で)25日をめざして結論を得るように努力することで議論が始まっており、最大限の努力を促したい。(結論の)先延ばしありきで考えるのはおかしい」と表明。

期限延長に関連して、横路孝弘衆院議長による裁定案が浮上していることに関しては、横路議長が昨年末、自民党の谷垣禎一総裁と山口代表に「1票の格差」是正と制度改革の合意に向け「努力してもらいたい」と求めたことを踏まえ、「例えば、格差是正だけで『議長があっせんを』と言うのではなく、(各党協議を)見守った上で、合意形成に尽力していただくのが望ましい」と述べた。

地域政党「大阪維新の会」がまとめた次期衆院選公約の骨格に関しては、「首相公選制や参院の廃止を言うならば憲法改正という主張と同義だ。いささか性急な印象を受ける」と述べた。

スポンサーサイト



| 新聞 | 17時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不育症対策が前進  杉浦教授(右端)から不育症の現状について学ぶ党女性委員会と荒木氏(左端)=2009年11月20日 衆院第1議員会館

不育症対策が前進
杉浦教授(右端)から不育症の現状について学ぶ党女性委員会と荒木氏(左端)=2009年11月20日 衆院第1議員会館 新聞

初めて国会で取り上げ
ヘパリン自己注射に保険適用 社会的認知を広げる

妊娠はするけれど流産を繰り返す不育症―。主な原因はさまざまですが、適正な検査や治療を行えば、8割以上の患者が出産を迎えられることが分かっています。しかし、そこには経済的な負担という“壁”が立ちはだかっていました。

「息子の妻が『不育症』です。その医療費が本当に高くて・・・」。09年8月中旬、公明党の市川隆也岐阜県関市議は、Aさん(65)から切実な訴えを聞きました。「検査と治療合わせて月10万円近くかかるということも・・・」。Aさんの声は市川議員を通じて、荒木清寛参院議員に伝わりました。

「素早い対応に驚いた」
荒木氏は、さっそくAさんの息子から現状を聞くと、同年11月10日の参院予算委員会で不育症への公的助成実施を訴え、当時の厚労相から「(検査・治療について)有効性や安全性が確認されれば速やかに保険適用したい」との答弁を引き出しました。これが国会で初めて不育症の問題を取り上げた瞬間でした。Aさんは「まさかあんなに早く国会で質問してくれるなんて。スピード感ある対応に驚き、うれしくなりました」と振り返っています。

公明党は荒木質問をきっかけに、専門家を講師に招き不育症に関する勉強会を開催。全国各地の公明党議員が地方議会で公的支援を訴え、自治体独自の支援を求めるなど、党を挙げて対策に取り組んできました。

一方、政府側には具体的な動きが見られませんでした。10年11月19日の参院予算委員会。荒木氏は「1年たっても何の動きもない! どうなっているんだ!」と迫りました。

その結果、血栓ができやすい体質が原因とみられる不育症患者に対するヘパリンカルシウム製剤(ヘパリン)の在宅自己注射への保険適用について、厚労相から前向きな答弁を引き出し、今年1月1日から同注射への保険適用が始まりました。

不育症治療に詳しい名古屋市立大学大学院の杉浦真弓教授は「公明党が(国会質問などで不育症の)社会的な認知を広げるのに尽力していただき、ありがたいです」と語っています。荒木氏は「今回の保険適用は対策の第一歩です。不育症に関する理解を広げ、さらに公的支援を訴えていきます」と決意しています。

【文中敬称略、肩書は当時】
2012年1月15日付 公明新聞

| 新聞 | 08時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島第1原発の直下で地震も いわきと地下構造類似

福島第1原発の直下で地震も いわきと地下構造類似
河北新報 2月15日(水)6時10分配信

 東京電力福島第1原発の地下は、昨年4月に東日本大震災の余震とみられる震度6弱の地震が起きた福島県いわき市の地下と、深部から水が供給されているなど特徴が似ており、近くの活断層が滑って直下型地震が起こりやすくなっているとの調査結果を、東北大の趙大鵬教授(地震学)らが14日発行の欧州の専門誌で発表した。
 趙教授は「地震がいつ起こるかまでは分からない。原発では廃炉に向けた作業が続いているが、耐震や防災の対策を強化すべきだ」としている。
 趙教授らは2002年6月から11年10月までにいわき周辺で起きた約6500の地震の波を分析。地震波が伝わる速度の違いから、地下の温度や水の有無などの構造を画像化した。
 11年4月に震度6弱の地震で動いたいわき市の井戸沢断層付近の地下には、陸のプレートとその下に沈み込む太平洋プレートとの境界部分から水が上昇しており「活断層の摩擦が水によって小さくなり、滑りやすくなった」(趙教授)と判断。
 第1原発の地下でも同様に太平洋プレートから水が供給されていることが判明。双葉断層などが活動しやすくなって強い直下型地震に見舞われる危険性が高まったという。
 双葉断層をめぐっては、政府の地震調査委員会が昨年6月、震災の影響で地震発生確率が高まった可能性があるとの見解を発表している。 .最終更新:2月15日(水)6時10分

| 新聞 | 08時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

02/14のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日は雨で大変でした 夜は会合参加ですね!! 気温が下がってくるようです!
02-14 17:36

今日は議員団の打ち合わせの後 クリーンランド議会の打ち合わせを行いました!明日は朝からクリーンランド議会です。
02-14 11:22

| TWITTER | 04時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月