FC2ブログ

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

春の火災予防運動 細心の注意で安全守ろう2012.03.03

春の火災予防運動 細心の注意で安全守ろう2012.03.03

公明新聞:2012年3月3日付

新聞
 
死者の6割が高齢者
住宅用警報器の設置を早急に
 

火災を早期発見するには、火災による煙や熱を感知し、火災の発生を警報音や音声で知らせてくれる「住宅用火災警報器」の設置が欠かせない。
 
住宅用火災警報器は04年の消防法改正で義務付けられた。ところが、消防庁の推計では、昨年6月時点でまだ設置していない世帯が約3割に上り、地域によっては設置率が約50%にとどまっている。尊い命や財産を守るため、早期の設置(生活保護世帯は無料)を推進する必要がある。
 
火災を防ぐ上で、出火原因を知ることも重要だ。
 
原因の1位は「放火」(12.0%)、2位は「こんろ」(10.1%)、3位は「たばこ」(9.6%)の順になっている。このうち「放火」は「放火の疑い」を合わせると出火原因の2割以上になる。防犯パトロールなど、地域を挙げて「放火されない環境づくり」を推進することが重要だ。
 
今回の予防運動の防火標語は「消したはず 決めつけないで もう一度」だ。ガスこんろのそばを離れる時は必ず火を消すことや、寝たばこは絶対しないことなどを家族で確認し合いたい。
 
これから年度末を迎え、何かとせわしない時期を迎える。春の行楽で家を留守にする機会も増えよう。そういう時だからこそ、地域で声を掛け合うなど、火災予防に細心の注意を払っていきたい。
スポンサーサイト



| 新聞 | 13時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主案は絵に描いた餅

民主案は絵に描いた餅
公明新聞:2012年3月2日付

年金 現行制度の「安定」強調
井上幹事長
.公明党の井上義久幹事長は1日午後、都内で行われたBS11の番組収録で、民主党の主張する年金抜本改革案を「絵に描いた餅だ」と批判した上で、「民主党は(年金案)を捨て切れない。党内政局で、捨ててしまうとマニフェストを守れという人たちから批判され、党内が持たない(からだ)」と指摘した。

井上幹事長は、社会保障と税の一体改革をめぐる与野党協議に関し、「(民主案が)できないと分かっていながら、協議しようと言われても、『はい』と言うわけにはいかない」と述べた。また、現行年金制度について「極めて安定した制度」とした上で、経済成長などの条件を整えたり、無年金、低年金対策に取り組む考えを強調した。

衆院解散の時期に関しては、「(政権が)追い込まれ解散する、積極的に解散する、と両方(の可能性が)あるが、首相が、その判断をせざるを得ない状況は、おそらく会期末ぐらいに一番高くなるのではないか」との考えを示した。

| 新聞 | 13時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

03/03のツイートまとめ

s_nakajima_s

NHK大河ドラマ平清盛もいきいきとした時代を作ることと国づくりのスタートを見つけたのでしょうか。今の私たちもこれからの国づくりについて考える時が来ています。
03-03 13:10

3月春が地域の中で見つけられる季節がやってきました。これからの季節温度差には注意したいものですね。健康に留意し年度の締めくくりを行いながら、新年度を迎えます。
03-03 13:04

| TWITTER | 05時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月