FC2ブログ

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

公務員採用、大幅抑制に意欲=首相「方針通り」―参院予算委

公務員採用、大幅抑制に意欲=首相「方針通り」―参院予算委
時事通信 3月13日(火)16時11分配信

 野田佳彦首相は13日午後の参院予算委員会で、消費増税への理解を得るために打ち出した国家公務員の新規採用抑制方針について「国家公務員試験を目指して日夜、頑張っている若い人たちには恐縮だが、厳しい国難の財政状況をご理解いただき、方針通り進めていきたい」と述べた。みんなの党の小野次郎氏への答弁。
 岡田克也副総理は2013年度の新規採用を09年度比で平均7割程度削減することを目指しているが、各府省の反発が強く、調整は難航している。 

スポンサーサイト



| 新聞 | 20時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島特措法案と公明党

福島特措法案と公明党

公明新聞:2012年3月13日付


浜田昌良 参院議員


法制定の議論けん引
政府案を20項目修正「国の責任」「人間の復興」明記
党プロジェクトチーム事務局長 浜田昌良参院議員に聞く
.

東京電力福島第1原発事故を受けた福島県の復興を支援する「福島復興再生特別措置法案」(いわゆる福島特別立法)。公明党が法制定をけん引し、政府案を大幅修正させた上で、8日に衆院を通過した。ここに至るまでの公明党の取り組みについて党福島特別立法検討プロジェクトチーム(PT)の浜田昌良事務局長(参院議員)に話を聞いた。

18歳以下の医療費無償化 継続へ
財政支援の枠組み整備

――福島特別立法の意義について。

浜田 原子力災害で放射能への不安がある中、福島の復興を進めなければならない。それは並大抵のことではなく、さまざまな施策を多面的に実施するとともに、長期的な安定性が不可欠だ。こうした観点から法的枠組みを作る必要があった。

――特別立法に向けた党の取り組みは。

浜田 昨年7月28日、政府に対して「包括的な施策を現行法の枠組みにとらわれることなく、長期的、体系的、整合的に実施するために特別法を」と主張し、復興基本方針に加えるよう要請した。提言を受け、政府は基本方針に「法的措置を含めた」検討をすると明記した。まず法的措置を視野に入れさせることができた。

――提言と同じ日に党PTも立ち上げた。

浜田 政府任せにせず議論しようと、PTでは会合を9回開き、関係者と意見交換した。現地会合も3回開催して地元の意見を聞いた。それを基に特別立法の骨格をまとめ、1月24日に発表し、2月1日には復興相へ提言した。

――政府は2月10日に福島特措法案を閣議決定し、提出した。

浜田 その時点で公明党が要望した7割が入っていた。その後、井上義久幹事長が同24日の記者会見で、震災1年となる「3.11」を迎えるに当たり、成立を急ぐべきだと訴えた。各党にも呼び掛け、3.11前に衆院を通過させる流れをつくった。そして、残り3割を入れる闘いが修正協議だった。

――政府案を20項目修正し、1章を追加させた。

浜田 特に大きかったのは、国の責任と理念を明確化したこと。長期の復興になるので国の責任を明確にしないと、将来、ぶれる懸念があった。基本理念には、一人一人が豊かに暮らせる復興に向け「人間の復興」の精神を追加した。政府の情報提供に対する不信を念頭に、放射性物質の健康影響に対する正確な情報提供も明記させた。

――18歳以下の医療費無償化も協議の焦点だったが。

浜田 県は県外避難している親子に、安心してふるさとへ戻ってもらうために取り組みたいと。しかし、政府は支援するのは難しいと結論を出した。県が独自で事業を始めることになったが、長期的な継続性があるのか不透明だと、子どもたちはなかなか帰ってこれない。そこで、公明党が知恵を出した。

――具体的には。

浜田 まず、県が医療費無償化の財源にも活用する県民健康管理基金に対して「国が財政措置を講ずる」と明確化した。そして、子どもたち、住民が安心して暮らせる生活環境を実現するための事業に、この基金を活用できるよう規定した。これが18歳以下の医療費無償化を長期的に継続するための法的担保となった。福島県の佐藤雄平知事からも「子どもを産み育てやすい環境づくりへの国の財政支援(に向けた枠組み)も作っていただいた」と公明党を評価する声が寄せられた。

――ほかに加えたことは。

浜田 「使い勝手が悪い」との声が上がっている復興交付金の弾力化や、県が導入を進める太陽光、風力発電など再生可能エネルギーに対する財政措置などを盛り込んだ。課税の特例は、来年度以降も随時見直しができるようにした。

――党の取り組みを総括すると。

浜田 公明党が法律を作ると決め、流れをつくり、9割以上の内容を盛り込めた。その意味から特措法は公明党が作った法律だと言っても過言ではない。ただ、衆院を通過しただけなので、参院での早期審議を求め、一日も早く成立させたい。

| 新聞 | 15時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

がれき受入れを決議 北九州市議会

がれき受入れを決議 北九州市議会

公明新聞:2012年3月13日付
.


北九州市議会は12日、公明党などが共同提出した「東日本大震災で発生したがれきの受け入れに関する決議」を全会一致で可決した。

同決議では、「がれきの処理なくして被災地の真の復興はあり得ない」と強調。同市に対し、放射線量の測定など十分な体制を整えることを条件に、受け入れを表明することを要請している。

がれき処理をめぐって同市は「不安や国への不信感が根強く、政府や他都市の動きを見守り、検討している」と慎重な姿勢を示してきた。今回の決議を受け北橋健治市長は「議会の決議を真摯に受け止めなくてはならない」と語った。

| 新聞 | 15時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国歌斉唱「口動いてない」教員、校長がチェック

国歌斉唱「口動いてない」教員、校長がチェック
読売新聞 3月13日(火)7時52分配信

 大阪府立和泉高校の卒業式で、国歌斉唱の際、教職員が本当に歌っているかどうかを、校長が口の動きで確認していたことがわかった。

 口が動いていなかった教員のうち、1人が歌わなかったと認め、府教委が処分を検討している。国歌起立条例を提案した地域政党・大阪維新の会代表、橋下徹・大阪市長は「服務規律を徹底するマネジメントの一例」と絶賛。しかし、その徹底ぶりに反発もある。

 同条例の成立を受け、府教委は府立学校全教職員に、起立斉唱を求める職務命令を出していた。和泉高の中原徹校長によると、今月2日の卒業式では、教頭らが教職員約60人の国歌斉唱時の口の動きをチェック。その結果、3人の口が動いていないとして、個別に校長室に呼び、1人が「起立だけでいいと思った」と不斉唱を認めたという。 最終更新:3月13日(火)7時52分

| 新聞 | 15時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[社会] 鎮魂と復興願い祈り

[社会] 鎮魂と復興願い祈り 2012.03.12

新聞
公明新聞:2012年3月12日付
大震災1年各地で追悼式典
山口代表ら献花、黙とう

1万9000人を超える死者・行方不明者を出した東日本大震災から1年を迎えた11日、政府主催の追悼式が国立劇場(東京都千代田区)で営まれた。天皇、皇后両陛下、野田佳彦首相ら三権の長、公明党の山口那津男代表、井上義久幹事長らのほか、被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の遺族代表ら約1200人が参列。首相は、ふるさと再生への決意を述べた。
 
被災地などでも追悼式を開催。震災発生時刻の午後2時46分、全国の式典会場で参列者らが黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈った。 党アピール
 
政府の追悼式では、黙とうに続いて、首相が式辞を述べ、ふるさと再生、教訓の伝承、助け合いの心を忘れないという三つを「み霊に誓う」と表明。
 
天皇陛下は「国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を続けていくよう期待しています」とのお言葉を述べられた。
 
衆参両院議長、最高裁長官の追悼の辞に続き、被災3県の遺族代表がそれぞれ言葉を述べ、岩手県大槌町の川口博美さん(62)は「震災の教訓を風化させることなく、後世に語り継ぎ、一歩ずつ故郷の復興にまい進する」と誓った。追悼式には、国会議員や地方自治体関係者、民間団体代表らのほか、ルース駐日米大使ら各国大使も参列。自然災害による追悼式を国が主催するのは初めて。
 
一方、岩手、宮城、福島各県などの被災地を含む10県の各市町村でも追悼式が開かれ、政府主催追悼式の映像が同時中継された。東京と被災地が一つとなって、鎮魂と復興を願い祈りをささげた。
 
追悼式終了後、国立劇場には数多くの一般参列者が献花に訪れた。
 
東日本大震災は、巨大津波の影響で東北地方を中心に未曽有の大災害をもたらした。行方不明者は今なお3000人以上に上る。津波は東京電力福島第1原発も襲い、放射能漏れ事故で多くの周辺住民がふるさとを追われ、34万人以上が現在も避難生活を強いられている。

| 新聞 | 08時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

03/12のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日は朝から街頭活動を行いスタートしました。議会では建設水道常任委員会が開催されます。一日長い時間になりますが頑張ってまいります。
03-12 09:10

| TWITTER | 05時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月