FC2ブログ

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

「草の根対話」に全力

「草の根対話」に全力

公明新聞:2012年3月30日付

新聞

中央幹事会であいさつする山口代表=29日 党本部


「草の根対話」に全力
ネットワーク生かし党員の声を受け止め
.

公明党の山口那津男代表は29日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、28日にスタートした党の「草の根対話集会」について、「(今年)9月13日に『大衆とともに』の立党精神の宣言から50周年を迎えるのを機に、原点に立ち返って(党員の)皆さんの声を肌で感じてくる実践を開始したい」と述べ、党を挙げて「草の根対話」に取り組む考えを強調した。

山口代表は、自ら出席した28日の対話集会(都内)で、ガソリン高騰で仕事や生活に影響が出ているという切実な訴えや、国政の課題に関する質問、党の政策や運動に対する注文などが寄せられたことを紹介。今後の活動の中で「われわれはもっと深く現場に入り、党のネットワーク全体をフル稼働させて国民の思い、叫び、注文を引き受け、政策実現にさらに生かしていきたい。どんどん現場に出て行こう」と呼び掛けた。
スポンサーサイト



| 新聞 | 14時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<大阪府>教員採用辞退率が急増、教育条例が影響か

<大阪府>教員採用辞退率が急増、教育条例が影響か
毎日新聞 3月30日(金)2時31分配信

 大阪府の12年度公立学校教員採用選考の合格者のうち、辞退者の割合は最終的に13.4%となる見通しであることが府教委のまとめで分かった。記録が残る過去5年で最高で、府議会で3月に「教育行政基本条例」と「府立学校条例」が成立したことも影響したとみられる。

 府教委によると、合格者2292人のうち、辞退したのは308人。理由は「他府県の教員に採用」が53%で最も多かった。過去では08~11年度の辞退率は9~10%で推移しており、12年度は今年2月3日の段階で12.4%(284人)だったが、その後さらに辞退者が増加した。【田中博子】

| 新聞 | 08時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

03/29のツイートまとめ

s_nakajima_s

春休み 行楽の季節です。家族そろってのお出かけや花見など元気に言われている方が昨日はおられました。皆さん元気な方が多くおられました。
03-29 09:04

おはようございます。今日もいい天気になりましたが、花粉症など席をしている人がおられます。健康には注意したいものです。
03-29 08:54

| TWITTER | 04時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月