FC2ブログ

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

≫ EDIT

ブラッドパッチ 先進医療に

ブラッドパッチ 先進医療に

公明新聞:2012年5月21日付
新聞

ブラッドパッチ療法の先進医療指定を喜び合う渡辺氏(中央)と患者団体の中井氏(左隣)、鈴木さん(右隣)ら=17日 参院議員会館

脳脊髄液減少症の治療法
患者負担軽減 保険適用を検討へ
.
厚生労働省は17日、脳脊髄液減少症の治療に効果的な「ブラッドパッチ療法」(硬膜外自家血注入療法)を、公的医療保険との併用を認める「先進医療」に指定した。同症患者・家族支援協会の中井宏代表理事、同症患者支援の会・子ども支援チームの鈴木裕子代表らは同日、参院議員会館を訪れ、公明党同症対策ワーキングチーム(WT)の渡辺孝男座長(参院議員)と懇談、これまでの支援に感謝を述べた。
公明、国・地方の連携で支援
脳脊髄液減少症は、交通事故などで頭部や全身を強打することで髄液が漏れて減少し、頭痛、倦怠感といった、さまざまな症状を引き起こす疾病。全国に数万~数十万人の患者がいると推定されている。
効果的な治療法として、自分の血液を採取して腰や脊髄の硬膜外側に注入し、髄液が漏れている穴をふさぐブラッドパッチ療法があるが、保険適用外のため1回につき約20万~30万円の費用が必要で、患者の大きな負担となっていた。
今回の先進医療入りによって、ブラッドパッチ療法そのもの(約2万円)は全額患者負担のままだが、同療法を行う際の入院費などに保険が適用され、治療費が10万円程度まで抑えられる。
厚労省研究班が定める画像診断基準で髄液の漏れが確認された(脳脊髄液漏出症)患者が、同省の認定を受けた医療機関で治療する場合のみ有効。厚労省は今後、利用人数、効果、安全性などを確認し、ブラッドパッチ療法の保険適用を検討していく。

公明党は2006年4月、脳脊髄液減少症対策WTを設置。患者・家族支援協会とは同症の治療対策、子ども支援チームとは理解促進を主に、全国の地方、国会議員で連携、推進してきた。

その結果、髄液漏れを証明する画像診断の基準作成や、自治体ホームページでの同症の情報掲載、学校への啓発冊子配布などを実現。ブラッドパッチ療法の先進医療指定についても、保険適用の次善の策として取り組んできた。
渡辺座長は「今後も患者団体らと連携を密にし、脳脊髄液減少症の患者救済に力を注ぐ」と決意を述べている。
患者団体が公明党を評価
「一致団結し対策を推進」患者・家族支援協会の中井宏代表理事
公明党には考えられないくらいの支援を頂いています。全国の公明党議員が公明新聞などを通して脳脊髄液減少症のことを勉強し、一致団結して対策に取り組んでくれています。また、山崎とよ子・元千葉県議をはじめとするOB議員も「大衆とともに」の立党精神のままに、具体的な結果が出るまで協力してくれる。これは他の政党にはない、公明党の特徴だと思います。
「一つ一つの相談に真剣」子ども支援チームの鈴木裕子代表
今までは、政党に興味を持つことはありませんでした。しかし、公明党の議員に会って認識が変わりました。公明党議員は一つ一つの相談を真剣に考え、きちんと対応してくれる。私たちが署名活動や要望書を提出することができたのも、公明党議員の的確なアドバイスがあったからです。本当に一人の声を大事にする政党だと思います。
スポンサーサイト



| 新聞 | 15時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チーム力で東北再生

チーム力で東北再生

公明新聞:2012年5月21日付
新聞

公明党への絶大な支援を訴える井上幹事長=20日 岩手・奥州市
時局講演会で井上幹事長
防災・減災に集中投資
岩手・奥州市、大船渡市
.

公明党の井上義久幹事長は20日、岩手県奥州市と大船渡市で開かれた党岩手県本部の時局講演会に相次いで出席し、「公明党は国・地方のチーム力を生かし、東北の再生に全力を尽くす」と訴えた。

この中で井上幹事長は、公明党の推進で東日本大震災直前に同県釜石市で完成した高速道路が、被災者の避難・救援の道路として活用されたことを紹介。

「震災の教訓を踏まえ、安全で安心な国づくりを進めなければならない」と訴え、道路や橋などの建設や更新に集中投資する防災・減災ニューディール政策の実現を訴えた。

また、井上幹事長は、国会審議が始まった消費増税法案について、「社会保障の全体像も示さず、とりあえず増税させてほしいという案に、くみするわけにはいかない」と強調。

その上で、「マニフェスト(政権公約)総崩れの民主党政権は正当性を失っている。公明党は政権を厳しく追及するとともに、次期衆院選へ“常在戦場”の決意で戦っていく」と力説した。

| 新聞 | 15時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一体改革の全体像示せ

一体改革の全体像示せ

公明新聞:2012年5月20日付
新聞

時局講演会であいさつする石井政調会長=19日 盛岡市
増税法案の欠陥追及
時局講演会で石井政調会長
岩手・盛岡市
.

公明党の石井啓一政務調査会長と渡辺孝男参院議員は19日、盛岡市で開かれた党岩手県本部(小野寺好代表=県議)の時局講演会に出席し、東日本大震災の復興を加速させる決意を訴えた。

冒頭、石井政調会長は、東日本大震災の復旧・復興対策を前進させるため、「公明党が(法案の修正など)与野党協議のリーダーシップを担ってきた」と強調。「今後も被災者に寄り添って復旧・復興に全力を挙げる」と訴えた。

石井政調会長はまた、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案が衆院の特別委員会で本格的な審議が始まったことに言及。社会保障改革の全体像を示すことなど、公明党が繰り返し要求してきた五つの条件が整っていないことを挙げ、「消費増税法案には欠陥がある」と厳しく指摘した。

その上で、週明けから特別委で公明党など野党の質疑が始まることに触れ、「政府の対応をただしていきたい」と力説した。

| 新聞 | 09時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月