FC2ブログ

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

≫ EDIT

保育士の処遇改善必要

保育士の処遇改善必要

公明新聞:2012年5月24日付
質問する高木(美)さん=23日 衆院第1委員室
新システムに縦割りの弊害
衆院特別委で高木(美)さん
.
衆院社会保障と税の一体改革に関する特別委員会は23日、野田佳彦首相らが出席して質疑を行い、公明党の高木美智代政務調査会副会長が質問に立った。=質疑要旨

質疑で高木さんは、消費税率引き上げに前のめりの野田首相に対し「円高やデフレ、電気料金の値上げで現場は苦しんでいる。国民の生活実感が分かっていない」と批判した。

高木さんは、自公政権時代に創設した「認定こども園」が保護者の高い評価を受けているとして、見解をただした。岡田克也副総理は「より改良するという観点で総合こども園(の創設)をお願いしている」と答えた。

また高木さんは10日の衆院本会議での野田首相の答弁を踏まえ、政府が提案する子ども・子育て新システムの導入に必要な1兆円のうち3000億円の財源が不明確だと再度追及。岡田副総理は「不十分な答弁だと思っていた」と認めたが、明確な財源は示せなかった。

同システムの柱とする総合こども園の創設について高木さんは、既存の幼稚園などを残す複雑な形になっていると指摘。同システムを導入しても、所轄官庁が分かれている縦割りの弊害が残るとし「省庁再編を含めて新たな体制について検証することも必要だ」と提案した。また市町村の保育の実施義務がなくなり利用者と施設の直接契約になることに懸念を示し、「市町村の実施義務は外すべきではない」と主張した。

さらに高木さんは、保育士や幼稚園教諭が有資格者であるにもかかわらず他業種に比べて平均賃金が低いことを挙げ、「保育士の処遇改善を大至急やってもらいたい」と要望。小宮山洋子少子化担当相は「消費税を増税した中で処遇改善にも取り組みたい」と述べた。
スポンサーサイト



| 新聞 | 11時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3ワクチン定期接種へ

3ワクチン定期接種へ

公明新聞:2012年5月24日付
子宮頸がん ヒブ 小児肺炎球菌
公明推進、厚労省部会が提言
.
厚生労働省の予防接種部会は23日、公明党がかねてから強く主張していた「子宮頸がん」「インフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)」「小児用肺炎球菌」の3種の予防ワクチンについて、優先して定期予防接種に加えるとの提言をまとめた。厚労省では「今国会も視野にできるだけ早く予防接種法改正案を提出できるよう、市町村とも調整したい」としている。

子宮頸がんは若い女性を中心に増えているほか、インフルエンザ菌b型や肺炎球菌は乳幼児の髄膜炎を引き起こし、死亡や重い後遺症を残す可能性もある。現在、3ワクチンは任意接種だが、厚労省の緊急事業として市町村による公費助成が行われている。しかし、今年度末で同事業は期限切れを迎えることから、恒久的な措置が求められていた。3ワクチンを定期接種化した場合、年間1200億円が必要とされる。

日本ではこれまで、ワクチンによる副反応の問題などを背景に、予防接種行政に対して慎重な対応が講じられてきたこともあり、3ワクチンを含めて世界保健機関が勧告しているワクチンが予防接種法の対象となっていなかった。このため先進国に比べ公的に接種できるワクチンが少なく、予防可能な病気への対応も遅れる“ワクチン後進国”との指摘もあった。

このほか提言では、水ぼうそう、おたふくかぜ、B型肝炎、成人用肺炎球菌の4ワクチンについても、財源が確保され次第、定期予防接種とすることが望ましいとされた。

日本のワクチン行政の遅れを改善しようと活動している「プラス・アクション・フォー・チルドレン」の高畑紀一代表は、「新たに定期接種に(3ワクチンが)組み込まれることが濃厚になったことは喜ばしいが、財源がネックになって優先順位がつけられてしまうのは残念だ」と話している。

ワクチンの定期接種拡大について公明党は、山口那津男代表を先頭に、松あきら副代表、古屋範子衆院議員らが国会質疑で再三にわたり主張していた。

| 新聞 | 11時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道路の点検、補強急げ・・・・・首都高の高架下で補強・補修工事の進ちょく状況を調査する上田(左端)、太田(右から3人目)氏ら=23日 東京・港区

道路の点検、補強急げ

公明新聞:2012年5月24日付
首都高の高架下で補強・補修工事の進ちょく状況を調査する上田(左端)、太田(右から3人目)氏ら=23日 東京・港区
新聞

耐震化へ集中投資を
党対策本部 首都高の工事 実情探る
東京・港区
.

公明党首都直下地震対策本部は23日、老朽化が進む首都高速道路の補強・補修工事の実情を探るため、東京都港区の芝浦ジャンクション付近の工事現場を視察した。

太田昭宏総合本部長(全国代表者会議議長)と上田勇本部長(前衆院議員)、高木陽介本部長代行(衆院議員)、西田実仁事務局長(参院議員)が参加した。

視察の中で首都高速株式会社側は、今年で首都高が開通50年を迎えたと報告。その上で、総延長約300キロのうち約8割が高架化しているとともに、開通後40年以上経過した路線が全体の約3割、30年以上経過した路線は約5割にも上ると説明し、「損傷を見つけ、早く直すことが大きな仕事だ」と述べた。

太田総合本部長は、阪神・淡路大震災で震度7の地震が阪神高速道路を倒壊させた事実を踏まえ、「(首都高が)震度7に耐えられるか、しっかり点検する必要がある」と強調。また、阪神・淡路大震災後、橋脚を耐震化する必要性を訴えてきたことを紹介したほか、「橋げたと橋脚の接点の部分の耐震性が弱いと懸念している」との認識を示した。

これに対し首都高側は、橋げたを支える台座(支承)を耐震性の強いゴムに取り換える作業に取り組んでいると応じた。

視察を終えた上田本部長は「ほかの高速道路や一般道路でも点検をして補強・補修をしなければならない部分が多くある。公明党が提唱している『防災・減災ニューディール』を実施し、集中的に対策を講じていきたい」と語った。

| 新聞 | 11時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/23のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日は朝から阪急庄内駅での街頭活動、日差しは大変きつくなりました。これからは水分補給も大事になります。子どもたちも水稲が必要になります。
05-23 09:22

| TWITTER | 03時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月