FC2ブログ

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

≫ EDIT

チーム力で復興推進

チーム力で復興推進

公明新聞:2012年10月1日付
離島懇談会で住民の要望に耳を傾ける井上幹事長(奥中央)ら=30日 宮城・気仙沼市大島
新聞

井上幹事長 離島で住民の声聞く
宮城・気仙沼市

公明党の井上義久幹事長は30日、宮城県気仙沼市の離島・大島で党同県本部(石橋信勝代表=県議)が開催した「離島懇談会」に出席した。同県本部の石橋、庄子賢一、伊藤和博の各県議、村上進気仙沼市議らが同席した。

席上、村上直利さん(66)は「気仙沼の岸壁整備もままならないのに国の復興予算が被災地以外で使われていることは納得できない」と訴えた。

このほか、「島はガソリンも高いのに消費税が上がっては生活が苦しくなる」「市の(被災地の)土地の価格はいつ決まるのか。早く進めてほしい」「県が計画している高い防潮堤は海が見えなくなるので賛成できない」などの意見が相次いだ。

一方、仮設住宅に暮らす小松久勝さん(70)は「風呂の追いだき機能が追加され、助かった。しかし、高台移転の申請を却下されたし、災害公営住宅の見通しも立たない」と話した。

こうした島民の声に対して井上幹事長らは「復興予算の点検を国に求めている」「土地の価格は来年度決まる。一日も早い住宅再建ができるよう取り組む」と一つ一つ、丁寧に回答。「公明党の市、県、国のネットワークを生かしたチーム力で、みなさんの要望に応えたい」と決意を述べた。
スポンサーサイト



| 新聞 | 16時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マチカネブログがんばっています・・・・がんばる中学生紹介

マチカネブログがんばっています・・・・がんばる中学生紹介・・・・詳しくはこちらへ

| 豊中市内 | 16時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御在所岳・・・・地域の自治会の周年行事に参加…ロープウエーに乗る

御在所岳・・・・地域の自治会の周年行事に参加…ロープウエーに乗る  頂上は1212メートル 

地域

地域

地域  地域  地域  地域

地域



| 地域 | 16時09分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋晴れのもと、幼稚園の運動会・・・・・地域の運動会・・・・元気な子どもたち

子育てしていたころを思い出しましたね。

幼稚園

運動会

運動会

| 新聞 | 15時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

政党淘汰の時代 50年で培った「政党力」

政党淘汰の時代 50年で培った「政党力」
公明新聞:2012年10月1日付

公明は国民に応える資質持つ

民主党から国会議員の流出が止まらない。

このまま離党者が続けば、衆院での単独過半数割れにもつながっていく。参院では第1党の座を自民党に迫られ、既に衆参ともに首の皮一枚だ。それはまるで、聞き心地のよい言葉を並べ立てるだけだった選挙互助会的政党の末路のように見える。

同じ連立与党の国民新党や、かつての連立パートナーの社民党も党内分裂の末、離党者を出してきた。また、第3極と注目されたみんなの党からは、日本維新の会に合流するため離党者が相次いでいる。

だが、いずれも選挙を見通した離党・分裂でしかない。

そんな離合集散ばかりを繰り返している政党政治に対し、国民の失望は深く、来るべき衆院選は、政党政治が国民の信任を得られるかどうかの分水嶺となろう。

国民は、真に国民のために動く政党、日本再建の実力を持った政党を見極めようと厳しい視線を注いでいる。まさに今は、口先だけの政党をふるいに掛けていく「政党淘汰の時代」である。

政党は国会議員が5人以上いるなどの条件で結成できるが、責任ある政治を行うには当然それだけでは不十分だ。

戦後、いくつもの政党が結成されたが、その多くが短命に終わり、十分な使命を果たしてこなかった。その上、政権の重責を担った政党は限られている。1996年結党の民主党ですら、政権担当能力はあまりに稚拙で未熟だと言わざるを得ない。

公明党は今年9月で、原点である「大衆とともに」の立党精神の宣言から50年を迎えた。当初は皆、政治の素人であったが、どの政党もやらなかった草の根市民相談や総点検運動、福祉政策の推進に力を入れ、政治を根底から変革してきた。その力は連立与党参画で一段と強まった。

また、公明党の真骨頂である議員ネットワークは、多彩な政策を実現し、昨年の東日本大震災の被災者支援活動でも大きな力を発揮した。

1992年の国連平和維持活動(PKO)協力法の制定では、国民の強い反対を受けながらも、「日本の柱」との責任感で推進し、今日のPKOに対する国民の信頼の礎を築いた。それは先の国会での社会保障と税の一体改革関連法の成立にも体現された。

まさに公明党は、この50年で政党が備えるべき資質の「存在意義」「自己統制力」「政策形成能力」を培ってきたと自負している。この「政党力」を今後も遺憾なく発揮していく決意である。

| 新聞 | 13時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月