FC2ブログ

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

≫ EDIT

反省なき民主党 またマニフェスト作り

反省なき民主党 またマニフェスト作り
公明新聞:2012年10月18日付
破綻した09年公約 問われる政権党としての資質
民主党の辞書には「反省」という言葉がないようだ。同党は、このほど、野田首相の指示を受け、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)作りを本格的に開始したが、政権交代の原動力となったとされる2009年マニフェストの主要政策を実現できなかった原因や破綻の構造について、国民への十分な説明責任を果たしていない。
 09年マニフェストでは、中学卒業まで1人当たり月額2万6000円を支給する子ども手当、月額7万円の最低保障年金、ガソリン税などの暫定税率廃止、高速道路無料化など、華々しい政策が並んだ。民主党は、これらに必要な16.8兆円の財源も確保できると明記し、消費税増税も不要とされた。
 しかし、政権奪取後、財源は調達できず、これらの政策も実現不可能になった。
 民主党は、昨年発表した中間検証で、マニフェストを実現できなかった要因として、リーマン・ショック後の景気の落ち込みなど経済状況の変化や、ねじれ国会、東日本大震災などを挙げているが、肝心な点が抜け落ちている。
 それは、国の予算を組み替え、税金の無駄遣いを根絶することで財源を捻出するというマニフェストの基本構造に欠陥があったことである。政策の裏付けになる財源を確保できない以上、政策実現は不可能であり、マニフェスト破綻は必至であった。
 民主党が政権獲得に当たって、国民と交わした「契約」であるマニフェストが虚構であったのだから、もはや民主党政権の正当性は失われている。また、財源を見誤ったことは、国家運営の柱である財政についての見識のなさを示し、政権政党として失格である。
 民主党は、党内にあまりにも異なった意見を持つ人々が多く、今なお、綱領を策定できていない。綱領に代わって、選挙のたびに、その時々の政策を束ねて、マニフェストに仕上げ、政党らしさを演じてきたといっても過言ではない。
 このため、政権を担う政党が党内で共有しているような国家像や外交戦略がまったく浮かび上がってこない。
 本来、政策とは、財源とセットであることはもちろん、政党がめざす不動の軸を中心に、さまざまな分野で討議を重ね、党員や議員が地域での対話を継続し、練り上げられるものであるはずだ。
 民主党が、09年マニフェストの根本的な欠陥に目をふさいでいるかぎり、国民はもはや、この党のどんな政策にも期待することはないだろう。

スポンサーサイト



| 新聞 | 19時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊中市の利便性・・・・・抜群の交通アクセス

豊中市の利便性は大変良くなっています。
抜群の交通アクセス・・・・・詳しくはこちらへ

| 豊中市内 | 16時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

防災・減災で人命守れ 空知・留萌地方11万超の署名添え 政府に対策申し入れ 党北海道本部のいなつ代表ら

防災・減災で人命守れ
公明新聞:2012年10月18日付
新聞

今野副大臣(左から2人目)に要望署名を手渡す、いなつ(右隣)、渡辺(左端)、横山の各氏=17日 復興庁

総点検、集中投資を
空知・留萌地方11万超の署名添え 政府に対策申し入れ
党北海道本部のいなつ代表ら

公明党北海道本部のいなつ久代表(衆院議員、次期衆院選予定候補=北海道10区)と渡辺孝男顧問、横山信一代表代行(いずれも参院議員)は17日、復興庁で今野東復興副大臣と会い、道民有志のグループ「『未来の空知・留萌』をつくる会」が実施した防災・減災対策の再構築を求める要望書を手渡した。これには北海道空知・留萌地方の住民約11万5600人分の署名簿が添えられた。

いなつ氏は有珠山や十勝岳など、多くの活火山を抱える北海道は、地震が比較的多い地域でもあると指摘。一方で、近年の温暖化の影響とみられる風水害による大規模な崖崩れや、豪雪被害にも言及し、「東日本大震災の教訓を踏まえ、大規模自然災害から人命を守るための防災・減災体制の再構築は喫緊の課題だ」と訴えた。

さらに、いなつ氏は人口約38万人の空知・留萌地方の住民のうち、11万人以上が署名に賛同した事実は重いと強調。「この民意を受け止め、政策に反映させてほしい」と要請した。

横山氏は、人口減少や高齢化が進む地方では、消防団の組織化が困難になっていると指摘。「地域防災の充実を図るため、抜本的な対策が必要だ」と述べた。

要望書では(1)国や地方自治体による防災・減災総点検の実施(2)老朽化した建物や橋、道路、港湾、河川施設など、社会インフラ強化のための集中投資(3)避難路の整備と避難拠点の耐震対策(4)豪雪対策として除排雪体制の強化と空き家の除去―など6項目を求めている。

今野副大臣は「重要な指摘だ。今回の署名は北海道発だが、全国の問題でもある」として、国土交通省など関係する省庁と連携しながら対策を進める必要があるとの認識を示した。

| 新聞 | 14時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/17のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日は朝から街頭活動、雨が゜降りそうに風が吹いてきていました。176号線では服部付近で車の事故で南行きが渋滞でした。
10-17 08:58

| TWITTER | 03時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月