FC2ブログ

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

≫ EDIT

米国の「財政の崖」 景気後退の回避優先を

米国の「財政の崖」 景気後退の回避優先を

公明新聞:2012年11月13日付
日本発の経済混乱 新政権の景気対策で阻止

再選を果たしたオバマ米大統領の指導力に期待したい。

米国では来年明けに起こり得る「財政の崖」からの“転落”の可能性が高まっている。これは米連邦準備制度理事会のバーナンキ議長が初めて指摘した問題で、財政危機が大幅な景気後退の引き金になると懸念されている。

原因の一つが「ブッシュ減税」と呼ばれる個人所得税の減税や、勤労者向けの社会保障税の減税が今年末に失効する点だ。もう一つは、2013年1月から始まる連邦予算の強制的歳出削減の実施だ。

米国は国の借金の上限が法律で決められているが、イラク・アフガニスタンでの戦費負担などで財政が悪化し、その立て直しが先送りできない状況に陥っている。一連の緊縮策は13年度の総額で約48兆円に上る。米議会予算局によると、財政の崖から転落すれば13年前半の経済成長率は3%近くも押し下げられると警告する。失業率も9%台まで高まると予測され、オバマ大統領の公約である「16年までに100万人の雇用創出」も難しくなる。

先の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で「欧州危機と並ぶ世界経済の不安要因」との指摘が相次いだように、日本政府は財政の崖の悪影響を軽視してはならない。「ねじれ」議会の下院で過半数を占める共和党のベイナー下院議長は、暫定的な減税延長で危機を乗り切るよう提案しているが、財政健全化を重視するオバマ大統領が富裕層向け増税を実施する姿勢を崩していないのが気掛かりだ。

確かに財政健全化は極めて重要だ。しかし、欧州危機の再燃や中国経済の減速の中で目前に迫る危機に対応できなければ、世界経済に与える打撃は計り知れない。米国は問題に柔軟に対応し、財政の崖からの転落回避をひとまず優先すべきである。

米国の財政問題は日本にとっても対岸の火事ではない。内閣府が12日発表した今年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値で、実質GDPは4~6月期に比べて0.9%減少し、年率換算では3.5%減少した。財政健全化の遅れから、日本国債の信用格付けが一段と引き下げられる懸念も強い。

世界第3位の経済大国である日本が世界を混乱させる事態を招くことは、断じて避けるべきだ。

それには財政健全化の取り組みと同時に、経済が自律成長する力強い景気対策を、国民の信任を受けた新政権が実現するしかない。
スポンサーサイト



| 新聞 | 16時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人権月間パネル展

人権週間にちなんで豊中市市役所第二庁舎で開催されています。

人権

人権

人権

人権

人権

| 市役所第二庁舎 | 14時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊中市立第七中学校 創立50周年記念式典

2012年11月11日(日) 豊中市立第七中学校 創立50周年記念式典゛行われました。50年地域の皆様のご努力がうかがえます。今後も発展されることを望んでいます。

七中

七中

七中

七中

| 地域 | 14時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公明は日本再建の“柱” 絶大な支援を訴える山口代表

公明は日本再建の“柱”
公明新聞:2012年11月13日付
新聞

絶大な支援を訴える山口代表(中央)と、(前列右から)国重、いさ、佐藤、北がわ、赤羽、中野氏ら=12日 大阪市
佐藤、国重、いさ、北がわ、赤羽、中野氏 激戦突破へ決意
党大阪の政経懇話会で山口代表

公明党の山口那津男代表は12日、白浜一良副代表と共に、大阪市内で開かれた政経懇話会に出席し、「公明党こそ日本再建の柱だ」と訴えた。

次期衆院選小選挙区予定候補の佐藤しげき(大阪3区)、国重とおる(同5区)、いさ進一(同6区)、北がわ一雄(同16区)、赤羽かずよし(兵庫2区)、中野ひろまさ(同8区)の6氏と、比例近畿ブロック予定候補の4氏が出席した。

山口代表は3年余の民主党政権について、「子ども手当も高速道路の無料化もできなかった。震災復興も打つ手が遅れ、現場の声に鈍感で、被災者の心に届くやり方ができなかった。景気・経済対策も無策だ」とし、「国民の心に響く、確かな実績は全く感じられない」と批判した。

その上で、山口代表は「野田(佳彦)首相が8月の3党首会談で『近いうちに国民に信を問う』と言ったのは、国民との約束である。今こそ決断することが大事だ」と強調。14日に行われる党首討論などを通して、野田首相を年内の解散・総選挙に追い込んでいくと訴えた。

さらに、山口代表は「これからの日本を切り開く実力を持っているのは公明党であり、公明党の中道主義、人間主義の政治が日本再建の一番重要な柱だ」と力説。即戦力と将来性を持つ公明党の勝利へ支援を呼び掛けた。

これに先立ち登壇した佐藤氏は「社会保障と安全・安心な社会の再建を急ぐ」、国重氏は「景気回復、デフレ脱却へあらゆる手を打つ」、いさ氏は「日本の技術力で地域経済の活性化をめざす」、北がわ氏は「日本の外交、経済の立て直しに力を尽くす」と主張。赤羽氏は「金融緩和、需用創出に最優先で取り組む」、中野氏は「防災強化、教育の再生に全力を挙げる」と激戦突破へ決意を表明した。

比例区予定候補の竹内譲、浮島智子、樋口尚也、濱村進の4氏は、「日本再建を断じて成し遂げる」などと公明党への支援を訴えた。

来夏の参院選大阪選挙区に挑む、新人の杉久武氏が紹介された。

| 新聞 | 14時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月