FC2ブログ

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

≫ EDIT

力強い緊急経済対策に  今年度補正予算の重点項目を取りまとめた党政調全体会議=28日 衆院第1議員会館

力強い緊急経済対策に

公明新聞:2012年12月29日付
今年度補正予算の重点項目を取りまとめた党政調全体会議=28日 衆院第1議員会館
新聞

インフラ総点検、補修を
公明 補正予算の重点項目発表

中小企業の再生・活性化
若者雇用支援で基金創設

公明党政務調査会(石井啓一会長)は28日、衆院第1議員会館で政調全体会議を開き、「緊急経済対策」に関する公明党の考え方を取りまとめ、今年度補正予算の重点項目を発表した。

これに先立ち、公明党の各部会は各省庁に対し、今年度補正予算の具体策の申し入れなどを行った。

重点項目は、(1)東日本大震災からの復興と防災・減災対策(2)省エネ・再エネの普及・拡大と成長戦略の実行(3)中小企業の再生・活性化(4)地方・地域および農村の活性化(5)雇用と生活を守る―の5項目。

「東日本大震災からの復興と防災・減災対策」では、被災地の実情に応じた住宅再建の支援拡充をはじめ、防災・減災ニューディールの前倒しとして老朽化が進むトンネル、道路、橋りょうなどの社会インフラの総点検の実施と修繕・更新、災害時に防災拠点となる庁舎や病院などの耐震性の総点検実施と耐震化促進などを盛り込んだ。

「省エネ・再エネの普及・拡大と成長戦略の実行」では、省エネ補助金の拡充と火力発電設備の高効率化への補助、再生医療・創薬など成長戦略分野の研究開発資金・基盤の強化などを提案。「中小企業の再生・活性化」では、来年3月末で期限切れとなる中小企業金融円滑化法の再延長検討を求めているほか、「借換保証制度」の拡充など資金繰り支援の強化を提言している。

また「地方・地域および農村の活性化」では、全国各地で実施する防災・減災対策を念頭に、地方負担額の相当分を国が負担する交付金の創設などを明記した。

「雇用と生活を守る」では、「緊急雇用創出事業基金」の拡充、若年者雇用対策のための基金創設のほか、70~74歳の高齢者の患者窓口負担を2013年度は1割に据え置くことなどを盛り込んだ。

石井氏は会議終了後、記者団に対し、公明党が補正予算の規模を10兆円規模と提案してきたことについて、「10兆円ありきという発想ではない。あくまでも必要性、緊急性の高いものを積み上げていくということだ」と強調した。

中央道 富士吉田線、無料に
1月1日から渋滞緩和策で 太田国交相が指示

中央自動車道・笹子トンネルの天井板崩落事故で付近が通行止めになっている事態に対し、中日本高速道路は28日、迂回路の交通分散対策として中央道富士吉田線(大月インターチェンジ―河口湖インターチェンジ)を来年1月1日から無料にすると発表した。

現在、迂回路になっている国道では交通渋滞が頻発しており、太田昭宏国土交通相(公明党)が27日、地元・山梨県から交通分散対策の要望を受けたことを踏まえ、中日本高速道路に対策検討を指示し、実施の運びとなった。

笹子トンネルの事故は2日に上り線で発生し、上下線とも通行止めになった。中日本高速道路は、事故が起きていない下り2車線を対面通行にすることで29日午後に仮復旧する見通しを示している。その上で年末年始の渋滞のピークを迎える1月2日には、対面通行箇所を先頭に45キロの渋滞が発生し、この区間の通過に4時間半かかると予測。富士吉田線の無料化で迂回を促進し、渋滞を緩和する。
スポンサーサイト



| 新聞 | 11時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/27のツイートまとめ

s_nakajima_s

寒い日が続きますが、今年の比例区の戦いから、来年の勝利に向けて全力でがっばってまいります。
12-27 09:58

| TWITTER | 03時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公明、自民と連立合意   経済、復興優先し日本再建

公明、自民と連立合意

公明新聞:2012年12月26日付

新聞

連立政権の合意文書に署名後、握手する公明党の山口代表(中央左)と自民党の安倍総裁(同右)ら=25日 国会内


経済、復興優先し日本再建
安倍、山口両党首が署名 防災、一体改革など推進
新内閣きょう発足
.

自民党の安倍晋三総裁と公明党の山口那津男代表は25日午後、国会内で会談し、3年3カ月ぶりの自公連立政権の樹立に向け、連立政権合意書を確認、それぞれ署名した。復興、経済など8項目からなる政権合意について、山口代表は会談後、「実現に向け、政権を担い国民の期待に応えていく」と強調した。合意を受け、きょう26日、自公連立政権による第2次安倍内閣が発足する見通し。

党首会談には、公明党から井上義久幹事長、石井啓一政務調査会長、漆原良夫国会対策委員長が同席した。

連立政権合意は、前文で「国民の英知を結集して国難に立ち向かい、わが国が本来持っている力と夢を取り戻し、日本再建を果たす」との決意を表明。自公連立政権が4年間でなすべき課題として、(1)東日本大震災からの復興と万全な防災・減災対策(2)景気・経済対策(3)社会保障と税の一体改革(4)原発・エネルギー政策(5)教育再生(6)外交安保(7)憲法(8)政治・行政・公務員制度改革―を掲げた。

連立政権合意に関して山口代表は記者団に、「両党の主張を盛り込んで、大綱的な合意が成り立った」とした上で、「前文にあえて『日本再建』という言葉を明記した。それが実質的に国民の期待にかなうよう全力で取り組みたい」と力説した。

さらに、「特に震災復興への取り組みを加速させることを優先課題とする」と強調。景気・経済対策については「大型の補正予算を組み、来年度予算と連続的に景気対策を行ってデフレ脱却を図る」と述べた。

また、社会保障と税の一体改革に関しては、消費税の制度設計として「軽減税率を検討した上で低所得者対策を実行することも盛り込んだ」と力説。原発・エネルギー政策では「原子力規制委員会の専門的な見地からの判断を尊重していくとともに、原発依存度を下げていくことを両党の共通目標に掲げた」と語った。

一方、今後の政権運営については「真摯な積極的な姿勢と謙虚な姿勢の両方を併せ持って対応しなければならない。(両党の)互いの持ち味の違いをいい方向に協調的に生かしていく」と強調。

その上で、「福祉や中小企業対策などきめ細かにニーズをつかんで政策に反映し、全国の議員ネットワーク(を持つ)という公明党の特長を政権の中で生かしていく」と述べるとともに、外交・安全保障では「(両党で)国民や諸外国に安心感を与えるような協調的な議論を進めたい」との考えを示した。

連立政権合意の骨子

一、東日本大震災の復興を最優先にして政府を挙げて取り組む。国民の命を守る防災・減災のための公共投資を計画的に実施

一、大型補正予算を編成・成立させ、景気対策に万全を期す。成長分野における大胆な規制緩和などにより、名目3%以上の経済成長を実現

一、消費税の複数税率(軽減税率)導入の検討など低所得者対策を確実に実施

一、省エネルギー・再生可能エネルギーの加速的な導入等によって、可能な限り原発依存度を減らす

一、いじめ対策、不登校対策、通学路安全対策等を充実させる。幼児教育無償化を財源を確保しながら進める

一、日米同盟の強化を図り、中国・韓国・ロシア等近隣諸国との信頼の増進を図る。TPPは、国益にかなう最善の道を求める

一、衆院の選挙制度改革・定数削減は3党合意を基本に実現を図る。道州制の導入を推進する

自民・公明連立政権合意(全文)

自民、公明両党が25日に交わした連立政権合意の全文は次の通り。

自由民主党・公明党の両党は、今回の衆議院議員総選挙の結果、再び政権を担当する重責を担うこととなった。しかし、決して驕ることなく、真摯な政治を貫くことによって結果を積み重ね、国民の本当の信頼を取り戻さなくてはならない。

われわれはその信頼の上に、国民の英知を結集して国難に立ち向かい、わが国が本来持っている力と夢を取り戻し、日本再建を果たす決意である。

われわれは、この新たな連立政権のスタートに際し、以下に掲げる重点課題に全力で取り組むことを確認する。

一、東日本大震災からの復興と万全な防災・減災対策

▽東日本大震災からの復興を最優先にして政府を挙げて取り組む。特に、一日も早い福島の再生のための具体策を提示し実施する。

▽巨大地震などの自然災害に備え、防災機能を総点検し、国民の命を守る防災・減災のための公共投資を計画的に実施する。

二、景気・経済対策

▽本格的な大型補正予算を平成25年度予算と連動して編成・成立させ、景気対策に万全を期す。特に、地域経済や中小企業に十分配慮する。

▽経済財政諮問会議と日本経済再生本部を設置する。この強力な司令塔のもと、物価目標2%を設定し、大胆な金融緩和を断行することによりデフレからの脱却を図る。

▽エネルギー・環境、健康・医療などの成長分野における大胆な規制緩和、新たな需要喚起・創出などにより、名目3%以上の経済成長を実現する。

三、社会保障と税の一体改革

▽医療・介護・少子化対策など社会保障制度改革国民会議における議論を促進する。また、生活保護については不正受給対策を徹底するとともに、自立・就労などの支援施策と併せて、その適正化に向けた見直しを行う。

▽消費税率引上げ前の景気回復を着実に実現する。また、複数税率導入の検討など低所得者対策を確実に実施する。

四、原発・エネルギー政策

▽原発の再稼働については、国際基準に沿って安全第一主義を徹底した原子力規制委員会の専門的知見の判断による。同時に、省エネルギー・再生可能エネルギーの加速的な導入や火力発電の高効率化等の推進によって、可能な限り原発依存度を減らす。

五、教育再生

▽いじめ対策、不登校対策、通学路安全対策等を充実させる。

▽教育委員会制度のあり方を抜本的に見直す。

▽幼児教育の無償化への取り組みを財源を確保しながら進める。

六、外交安保

▽日米同盟の強化を図り、両国の関係を再構築し、中国・韓国・ロシア等近隣諸国との信頼の増進を図る。

▽領土・領海・領空の保全を図るため、必要な防衛・海保予算を確保する。

▽拉致・核・ミサイル問題に毅然と対処し、主権を守る外交を展開する。

▽FTA・EPAをはじめ自由貿易をこれまで以上に推進するとともに、TPPについては、国益にかなう最善の道を求める。

七、憲法

▽憲法審査会の審議を促進し、憲法改正に向けた国民的な議論を深める。

八、政治・行政・公務員制度改革

▽衆議院の選挙制度改革・定数削減については、3党合意を基本にその実現を図る。あわせて、国会議員にかかる経費を縮減する。また、国・地方にわたる公務員の総人件費を縮減する。

▽道州制の導入を推進する。 

以上 
平成24年12月25日

| 新聞 | 10時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/25のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日は朝から監査委員の仕事を行いました。年末になりご挨拶に回ります。この一年 大変お世話になりました。ご挨拶をすると励ましの声が届きます。明年へ向けてがんばってまいります。
12-25 17:20

| TWITTER | 03時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/21のツイートまとめ

s_nakajima_s

12月の本会議も終わりました。いよいよ年末になります。しっかりしめくくりを行いたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。
12-21 16:16

| TWITTER | 03時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊中市内府立学校 美術授業作品展が豊中市役所第二庁舎で行われています

豊中市内府立学校 美術授業作品展が豊中市役所第二庁舎で行われています。

作品

作品

作品  作品  作品  作品

作品  作品  作品  作品






| 市役所第二庁舎 | 16時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/17のツイートまとめ

s_nakajima_s

気が付けば今年もあと2週間ですね。議会の締めくくりと今年の締めくくりのご挨拶をしなければなりません。
12-17 17:31

ご支援ありがとうございました。年末の大変お忙しい時、お疲れ様でした。今後とも真面目に、コツコツとがんばってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
12-17 09:20

| TWITTER | 03時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開票速報番組視聴率、NHKが最高で17・3%

開票速報番組視聴率、NHKが最高で17・3%
読売新聞 12月17日(月)10時46分配信

 ビデオリサーチ社は17日午前、各テレビ局が16日夜から17日未明に放送した衆院選開票速報番組の視聴率(関東地区)を発表した。

 最も平均視聴率が高かったのはNHK(16日午後7時55分~9時)で、17・3%だった。

 前回、2009年の衆院選で最も高かった日本テレビの第1部(午後9時~10時30分)の26・4%に比べると9・1ポイント低かった。

最終更新:12月17日(月)10時46分

| 新聞 | 17時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投票率は59%前後 戦後最低の可能性も 衆院選

投票率は59%前後 戦後最低の可能性も 衆院選
朝日新聞デジタル 12月17日(月)0時22分配信

 主要12政党が争った今回の衆院選で、小選挙区の投票率は59%前後になる見通しとなった。各都道府県選管の発表した結果などを朝日新聞社が推計した。衆院選では戦後最低だった1996年の59.65%を下回る可能性も出てきた。

 衆院選の投票率は戦後、60%台後半~70%台後半で推移。小選挙区比例代表並立制が導入された96年に戦後最低となった後、2000年は62.49%、03年は59.86%と60%前後だった。

 05年は郵政民営化の是非を争点に盛り上がり、67.51%に回復した。09年も「政権選択」に有権者の関心が高まり、現行制度のもとでは最高の69.28%になった。今回はそれよりも10ポイント程度下がる見通しだ。

 今回は83年以来の師走の衆院選となった。期日前投票者数では、過去最多を記録した09年を大幅に下回るなど、出足が鈍かった。

 各都道府県選管の発表によると、鹿児島県が56.79%で前回より約15ポイント下がり、青森県も54.20%と約14ポイント低下するなど、いずれも戦後最低だった。

朝日新聞社

| 新聞 | 09時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【衆院選速報】民主離党組、小選挙区で70敗

【衆院選速報】民主離党組、小選挙区で70敗
産経新聞 12月17日(月)2時4分配信

 民主党離党組は小選挙区で71人が出馬したが、勝敗結果は1勝70敗だった。

| 新聞 | 09時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

写真ニュース 衆院選当選者の喜び爆発

写真ニュース 衆院選当選者の喜び爆発

公明新聞:2012年12月16日付

写真

続々と届く勝利の報に湧く党本部の開票センター


9小選挙区候補と支援者が万歳

| 新聞 | 09時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/14のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日の午前中は議会の通告締め切りです。
12-14 10:57

今日も一日全力で頑張りたい。せめて勝ち抜く戦いをしたい。
12-14 09:28

| TWITTER | 03時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/13のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日も天気が良かったので、夕方から大変冷え込んできました。健康に留意しながら最後まで元気に頑張って行きます。
12-13 17:07

| TWITTER | 03時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/08のツイートまとめ

s_nakajima_s

これからのがんばりが大切です。今年もあと二十日余り良い年の締めくくりを全力で走り抜けましょう。
12-08 16:22

真珠湾攻撃から71年  平和な国造りが大切です。世界平和への努力を積み重ねること今後も続けたいです。未来の子どもたちに残すこと、過去の歩んだ道に戻らないことが大切です。
12-08 16:20

| TWITTER | 03時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/06のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日も庄内駅からスタートいたしました。今日の建設水道常任委員会は午前中で終わりました。明日は環境福祉の委員会です。大変寒くなってきました。健康には留意したいものです。
12-06 15:18

| TWITTER | 03時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/05のツイートまとめ

s_nakajima_s

豊中市議会の常任委員会のスタートとして文教常任委員会から始まりました。補正予算の審議が行われました。第二庁舎では衆議院の期日前投票が始まっています。今回から豊中市では入場整理券の裏側に期日前投票宣誓書が印刷されています。これも公明党議員団の実績です。
12-05 12:16

| TWITTER | 03時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/04のツイートまとめ

s_nakajima_s

衆議院選挙がスタートしました。今後の私たちの生活にとって大変重要な選挙です。しっかり訴えてまいります。がんばりましょう。勝ちましょう。
12-04 12:30

| TWITTER | 03時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/01のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日も街頭活動からスタートしました。今日から師走、この一年のしめくくりは、大勝利で締めくくります。
12-01 15:11

| TWITTER | 03時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/30のツイートまとめ

s_nakajima_s

今日も街頭~スタートしました。本日は本会議の初日、打ち合わせの後、幹事会、議会運営委員会、本会議、終了後、環境福祉常任委員会の検討を行いました。
11-30 20:05

| TWITTER | 03時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月