FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

民主政権の評価問う=430人超が立候補へ―与党過半数が焦点・参院選公示

民主政権の評価問う=430人超が立候補へ―与党過半数が焦点・参院選公示
6月24日5時15分配信 時事通信

 第22回参院選が24日公示され、7月11日の投開票に向け、17日間の選挙戦がスタートした。昨年9月の政権交代後、初の全国規模の国政選挙。直前に鳩山由紀夫前首相が退陣し、菅直人首相が引き継いだ中、民主党を中心とする連立政権に対する有権者の中間評価となる。同党と国民新党の与党が非改選と合わせ、過半数の122議席以上を確保するかが最大の焦点。民主、自民両党とも、消費税率の引き上げを打ち出しており、選挙結果は税制改革論議に影響を与えそうだ。
 午前9時半現在、選挙区に226人、比例代表に113人の計339人が立候補を届け出た。最終的な立候補者は430人超となる見通し。
 立候補の受け付けは午前8時半から、選挙区は各都道府県の選挙管理委員会で、比例代表は中央選挙管理会で始まった。午後5時に締め切られる。改選数は選挙区73、比例代表48の計121。候補者数は、前回2007年(377人)を大きく上回る。比例代表への届け出は、前回より1多い12政党・政治団体。
 民主党は今回、国民新党と合わせて56議席を得れば、非改選の与党系無所属を含め与党で過半数に到達。さらに、民主党の非改選は62議席であるため、60議席以上を獲得すれば、単独で過半数に達する。菅首相は改選の54議席以上を目標に掲げる。これに対し、自民党など野党各党は、与党を過半数割れに追い込み、政界再編や将来の政権復帰・参加につなげることを目指す。 
関連記事

| 新聞 | 10時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1047-4814a3f8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT