FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

豪雨災害 迅速対応せよ公明新聞:2010年7月16日付

豪雨災害 迅速対応せよ公明新聞:2010年7月16日付

新聞

記者会見で見解を述べる山口代表=15日 国会内政府の「緩慢な姿勢」を批判
記者会見で山口代表
公明党の山口那津男代表は15日午後、国会内で記者会見し、西日本の豪雨災害について、公明党が被害状況の調査活動などに全力で取り組んでいることに触れた上で、「政府・与党は積極的な対応が見られず緩慢な動きだ。そうした姿勢では国民はますます離れていく。しっかりとした対応を要求したい」と強調した。

また、政府・与党側から、個々の法案で協力を要請された場合の対応については、「菅内閣が(身動きがとれない)モラトリアム状態にある中で、わが党に個別にアプローチしてくるのは、内閣・民主党全体を固めた上での対応とは到底考えられない」と述べ、個別に対応する考えはないとの見解を示した。

一方、小沢一郎・民主党前幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第1検察審査会が小沢氏の処分に関して「不起訴不当」と議決したことについて、「(小沢氏は)国会で説明責任を尽くし、政治責任を語るべきだ」と述べるとともに、説明責任を促すよう民主党にも自浄能力の発揮を求めた。

また、小沢氏の政治資金事件に対する二つの検察審査会の判断を踏まえ、「いずれも不起訴を是認する判断は出ていない。民意をくんだ検察審査会の判断を政治の側は重く受け止めるべきだ」と指摘。

さらに、同検察審が議決の中で、政治家が「知らなかった」と言って責任を免れることを許さない制度を構築すべきだと言及したことに触れ、「これは(鳩山由紀夫前首相と小沢氏の)異なる三つの検察審査会に共通する判断であり、重く受け止めるべき」と強調し、公明党が提出した政治家の言い逃れを許さない政規法改正案の実現を訴えた。
関連記事

| 新聞 | 12時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1107-aed2226c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT