FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現場へ 奮闘する公明議員公明新聞:2010年7月27日付

現場へ 奮闘する公明議員公明新聞:2010年7月27日付

新聞

大学寮の食堂で関係者と意見交換する竹谷さん(左)=東京・世田谷区参院議員 竹谷とし子さん
夢と希望を持てる日本築く
子育てや若者雇用対策、中小企業の支援に奔走
財政健全化への取り組みに期待
全国屈指の大激戦となった参院選東京選挙区。党員・支持者らの必死の応援によって、無名の新人だった公明党女性局次長の竹谷とし子さん(40)は、3年前の参院選より約1万2000票増の80万6862票を獲得し、2位で初当選を果たした。

「筆舌に尽くしがたい献身的な支援をしてくださった党員・支持者の皆さまの真心にお応えするため、命懸けで働かせていただきます!」。決意に燃える竹谷さんは今、精力的に各地を駆け回っている。

公認会計士、経営コンサルタントとして活躍してきた竹谷さん。「将来に夢と希望の持てる日本を築きたい」との思いから、(1)財政健全化(2)高齢者が安心して暮らせる社会づくり(3)女性の健康・子育て支援の拡充(4)若者の雇用対策――などを政策に掲げ、実現をめざして日々奔走する。

さらに、景気の波をもろに受ける中小企業への支援にも全力を挙げている。

22日には、東京都世田谷区にある東京フードサービス株式会社(村上彰代表取締役社長)を訪問。同社が管理する大学寮の食堂にも足を運び、中小企業の現場の実情を探った。同社は、学校や企業などから委託を受けて食堂の管理などを手掛けている。村上社長は「現場の声をよく聞いて、中小企業支援に力を注いでほしい」と話し、竹谷さんの活躍に期待を寄せていた。

厳しいビジネス社会の最前線で、数多くの企業の経営改善を支えてきた竹谷さん。だからこそ、中小企業支援の必要性を一番理解している。都民の期待を一身に担い、「一生懸命がんばっている人が幸せになれる社会を築く」と、政策実現への決意を新たにした。

財政健全化への取り組みに期待
根室管内ふるさと会連合会顧問 徳橋 隆 氏

北海道標津町出身の竹谷さんを、私は同郷の仲間として全力で応援しました。80万を超える票を集め、2位で初当選したことを大変うれしく思います。竹谷さんは“ふるさとの誇り”です。

日本は今、財政の立て直しが喫緊の課題となっています。公認会計士、経営コンサルタントとしての経験を持つ竹谷さんは「財政のプロ」です。今度は国政の場で、財政健全化に向けた実績を着実に挙げていってもらいたいと期待しています。
関連記事

| 新聞 | 10時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1132-740f829f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT