FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

概算要求基準を閣議決定 先の見えない予算編成公明新聞:2010年7月28日付

概算要求基準を閣議決定 先の見えない予算編成公明新聞:2010年7月28日付


歳出の大枠を約71兆円以下に「政治主導」演出に躍起
バラマキ政策の縮減が必至
菅政権は、財政規律を守りながら、マニフェストの実現ができるのか。2011年度予算編成に対し、そんな懸念が高まっている。

政府は27日、11年度予算概算要求基準(シーリング)を閣議決定した。

シーリングとは、もともと「天井」を意味し、予算の膨張を避けるため、各省庁が要求する予算の上限を示したものだ。10年度予算では、鳩山前政権が自公政権で決めた概算要求基準を廃止してバラマキ政策に走った揚げ句、国家財政を借金漬けに。この反省を踏まえ、菅直人首相は概算要求基準を復活させたが、迷走に歯止めがかかっていない。

今回の概算要求基準では、国債利払い費などを除く一般会計歳出額を10年度と同水準の約71兆円とし、新規国債発行額が10年度当初予算(約44兆円)を上回らない方針を明記した。

ただ、11年度は子ども手当の上乗せや高速道路無料化、戸別所得補償制度など、民主党の公約実現のための歳出増が目白押し。内閣府は11年度の歳出と歳入の差を約49兆円と試算し、この歳入不足を国債発行で賄うとしても5兆円が足りない。つまり、バラマキ公約の何を、どれぐらい削るのかを明確にしなければ、予算編成は不可能だ。

今回は公約した政策に予算を重点配分するための「元気な日本復活特別枠」を新設するという。だが、その額は2兆円を求める民主党と、それに反発する財務省の主張を取り入れた“玉虫色の決着”となり、「1兆円を相当程度に超える」とあいまいなままだ。

最大の問題は特別枠の財源だ。政府は社会保障費などを除く政策的経費(約24兆円)を各省一律10%削減(前年度比)し、それを充当する方針だが、閣僚の間には、反発も根強い。10%削減で約2兆円をねん出できたとしても、社会保障費の自然増分(1.3兆円)に充てれば、実際に使える予算はわずか1兆円程度になってしまう。

菅政権は、民主党が看板にしてきた政治主導を担わせるために創設した国家戦略室の機能縮小も余儀なくされた。

今回の概算要求基準では、特別枠の予算配分を公開で行う「政策コンテスト」を導入するなど、政治主導のアピールに躍起だが、「財務省依存の実態は隠しようがない」(27日付「朝日」)のが実情だ。
関連記事

| 新聞 | 11時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1141-76cc7157

PREV | PAGE-SELECT | NEXT