FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

首相がすぐ交代すると信頼構築は難しい」 米国務次官補が異例の発言

首相がすぐ交代すると信頼構築は難しい」 米国務次官補が異例の発言
7月28日11時3分配信 産経新聞


拡大写真
アメリカのキャンベル国務次官補=4月27日午後、千葉・成田空港(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)
 【ワシントン=佐々木類】キャンベル米国務次官補は27日の米下院軍事委員会の公聴会に出席し、2年間で4人の首相が生まれた日本の政治について、「首相や閣僚がすぐに交代すると、政府間に必要な信頼関係の構築が非常に難しくなる」と語った。

[フォト]普天間飛行場移設をめぐる合意・発言

 鳩山政権時代、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設をめぐり、両国関係の修復に尽力したキャンベル氏が、日本の内政に関して発言するのは極めて異例だ。

 同氏の発言は、スナイダー議員(民主党)から「2年間で4人の首相が生まれた日本にとって、どういう安全保障上の問題が生じるか」と質問されたのに対して答えたものだ。

 キャンベル氏は「同盟国の内政に、あからさまにコメントしない方がいい」と断ってはいるものの、「政府とは組織の問題だが、個人の問題でもある」とも述べた。一方で、「日米同盟関係だけでなく、経済やその他の重要課題を解決するためにも、日本には政治の継続性に大いに期待している」と強調した。

関連記事

| 新聞 | 13時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1143-3cffe892

PREV | PAGE-SELECT | NEXT