FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

許せぬバラマキ予算の再現公明新聞:2010年7月29日付

許せぬバラマキ予算の再現公明新聞:2010年7月29日付

玉虫色決着で菅政権の限界が露呈
概算要求基準

2011年度予算の概算要求基準が閣議決定された。

混迷に次ぐ混迷の末の決定とあって、その内容はいかにも中途半端で不安がぬぐえない。政治主導とは名ばかりの“玉虫色決着”に終わったところに、菅政権の限界がくっきりと浮かび上がっている。

そもそも民主党には、昨年の政権交代後、概算要求基準そのものを廃止し、鳩山前政権下で空前の超赤字予算を組んでしまったという“前科”がある。今回、菅首相はその失敗を認めないまま、「概算要求組み替え基準」と名だけ変えて復活させたわけだが、そのやり方自体が姑息である。

参院選の際、自民党に抱きつく形で打ち出した「消費税引き上げ発言」もそうだが、そうした手法ではメリハリある予算編成は到底おぼつかないことを、この際、強く指摘しておきたい。

実際、今回の基準を見ても、その内容は矛盾だらけだ。

なかでも最大の問題は、国債費を除く歳出の大枠と新規国債発行額をそれぞれ10年度並みの約71兆円と約44兆円以下に抑えるとしながら、民主党の衆院選マニフェストに固執してバラマキ体質を濃厚に残している点である。これでは、予算編成に向けた内閣の方針がどこにあるのかを読み取ることもできない。

基準はまた、マニフェストと成長戦略の実施のために「1兆円を相当程度超える」規模の特別枠を設け、その配分を公開の「政策コンテスト」で決めるともしている。

そこに見え隠れするのは、池田財務副大臣が記者会見で「形の上で政治主導を見せるため」と思わず本音を漏らしてしまったことにも明らかなように、相も変わらぬパフォーマンス政治の手法だ。「予算編成を人気取りに使うな」(読売)など、メディアが一斉に厳しい批判を浴びせたのも当然のことだった。

それにしても政府は、71兆円と44兆円の二つの大枠の中で、農家戸別所得補償の拡充などのバラマキを本気でやれると思っているのだろうか。

基準は各省横並びの「一律1割削減」でその財源を捻出するとしているが、閣内から反発が出ている現状では「絵に描いたもち」に終わるのは必至だ。結局、新規国債の大量発行となって鳩山前政権の二の舞いとなるなら、財政健全化の国際公約への違反にもなり、国際的な信用も一気に失墜してしまいかねない。

今からでも遅くはない。首相は民主党マニフェストの欠陥を率直に認め、メリハリある予算の編成に向けて一から出直すべきである。
関連記事

| 新聞 | 15時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1149-f6bbf199

PREV | PAGE-SELECT | NEXT