FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

<エコカー補助9月末終了>駆け込み需要、争奪過熱 盆休み返上「8月が正念場」

<エコカー補助9月末終了>駆け込み需要、争奪過熱 盆休み返上「8月が正念場」
8月3日8時19分配信 毎日新聞

 政府が新車購入時のエコカー補助金制度を9月末に終了することを決めたのを受け、駆け込み需要取り込みを目指した自動車販売店の競争が過熱してきた。日産自動車やホンダなどの系列販売店では盆休み返上で販売攻勢をかける。終了後の市場冷え込みが懸念される中、台数上乗せに向け「8月が正念場」とみて、対象車の売り込みに躍起になっている。【宮崎泰宏、浜中慎哉】

 東京都内に41の販売店を抱える日産系の販売会社「東日カーライフグループ」(品川区)の「東京日産新車のひろば目黒店」(同)は、店頭に補助金終了までの残り日数を示す立て看板を設置した。販売員の名札にも「補助金終了接近中」とメッセージを入れ、顧客の買い替えを促している。

 日産は6月に小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ジューク」、7月にはタイで生産して逆輸入した小型車「マーチ」を相次いで投入した。これらの車種に加え、人気があるミニバン「セレナ」などを補助金を使って購入してもらおうと、東日カーライフグループは7月末、比較的個人顧客が多い10販売店を対象に8月7~15日(10日は休店日)に営業するよう通達を出した。同期間中は生産工場は休止しているが、可能な限り在庫を確保して対応する。販売担当者は「駆け込み需要は必ずある。売れる時に一台でも台数を稼ぎたい」と意気込む。

 一方、ホンダ系のホンダカーズ東京(台東区)の12店舗でも、お盆期間中に休店日を設けずフル営業する。「10月以降の買い控えを見越し、駆け込み需要に加え、車検などサービス業務で顧客とのパイプを強化する」(広報担当)という。ライバルのトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が納車待ち期間が長く補助金を利用した購入が困難なこともあり、HV「インサイト」の割安感もアピールする。

 トヨタ自動車系ではネッツトヨタ東京(港区)も全48販売店で、盆休みを返上して営業する。

 補助金を受け取るには9月30日の終了までに車両登録を済ませることが前提。その上で10月29日までに申請手続きを終えることが必要だ。しかし、申請期限までに乗用車向けの政府の予算額約5837億円を超えることが明らかになれば期間内でも申請の受け付けを終える。7月28日時点での申請受付金額は約8割の4721億円に達している。

関連記事

| 新聞 | 09時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1160-e1651ff0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT