FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

沖縄振興に力尽くす公明新聞:2010年8月13日付

沖縄振興に力尽くす公明新聞:2010年8月13日付

新聞

仲井真知事(右)と会談する山口代表=12日 沖縄・那覇市仲井真知事と会談
インフラ整備が重要
山口代表
公明党の山口那津男代表は12日夕、沖縄県那覇市の県庁で、仲井真弘多知事と会談し、沖縄振興策や普天間飛行場移設問題などについて、意見交換した。遠山清彦衆院議員、秋野公造参院議員、糸洲朝則(県代表)、上原章、金城勉、前島明男の各県議が同席した。

席上、山口代表は、今回の沖縄訪問で受けた要望などを踏まえ、沖縄県の振興にさらに力を入れる考えを力説。仲井真知事は、これまでよりも沖縄側の意見を反映させ、自由度の高い振興策を望む考えを示した。

普天間移設問題について、山口代表は「沖縄の頭越しに決めるのではなく、沖縄の声を聞く協議の場を設けるべき」と強調。仲井真知事は「安全保障の問題とはいえ、地域の理解が欠かせない話だ」と応じ、説明が不十分な政府に不満を示した。

会談終了後、山口代表は記者団の質問に答え、今回の離島訪問の感想について、「観光中心に産業を発展させるためにも、インフラ整備は重要だ」と強調。さらに、医師不足対策や農業振興策を検討する考えを示した。

また山口代表は同日午後、那覇市の翁長雄志市長とも懇談した。
関連記事

| 新聞 | 09時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1200-c3e25cf7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT