FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

追加経済対策を策定へ公明新聞:2010年8月27日付

追加経済対策を策定へ公明新聞:2010年8月27日付

新聞

記者会見で見解を述べる山口代表=26日 党本部急激な円高などに対応 中小企業守る視点で
山口代表が方針
政治空白は許されず、早急に国会で議論を

公明党の山口那津男代表は26日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、急激な円高・株安に対して政府・与党の対応が鈍いことを批判。円高・株安対策について「政府あるいは日銀が金融政策、為替政策、財政政策をどのように動員して対応すれば効果があるか、早急に詰めて実施すべきだ」と強調した。

その上で、公明党としても、これまで提案してきた経済対策のほか、「現下の状況を見極めて追加的なものも含め、早急に練り上げ、来週には考え方を発表したい」との方針を示した。

山口代表は、党としての調査も踏まえ、今回の円高・株安に伴う景気の先行き懸念が広がるとともに、中小企業や輸出関連企業に重大な影響を与えているとの認識を表明。「中小企業の悲鳴にも似た実態がある。公明党としては、弱い立場の方々の声を重視する必要があり、一致結束して対応したい」と力説した。

さらに、この間、政府・与党が9月の民主党代表選挙を控え、政治空白の状態となっていることから、「民主党代表選の帰趨を見るまで、手をこまねいているわけにはいかない。国会を早期に召集して議論すべきであり、さもなくば衆参(両院)で閉会中審査の要求をしたい」と述べ、緊急経済対策や災害対策について、早急に国会で議論すべきとの考えを示した。

また、中央幹事会終了後、山口代表は党本部で記者会見し、代表選に関心が集中し、景気経済対策で後手に回る民主党政権に対して、「政治空白が続いており、災害や円高・株安に対する緊急の対応ができず、国益を損なっている側面がある。外交や安全保障、経済の重要課題に対する検討や判断も遅れを取っている。代表選は民主党の話であり、内閣としては、しっかり政策判断して対応すべきだ」と厳しく批判した。

民主代表選 行方を注視
山口代表

一方、山口代表は同日の記者会見で、記者団の質問に答え、民主党代表選に同党の小沢一郎前幹事長が出馬表明したことに関し、「民主党の代表選であるから、その帰趨は注目する」と述べた。

また、「政治とカネ」の問題を抱える小沢氏が党代表、首相をめざすことについては、「それも含めて、民主党の中で最終的にどう判断するかを注視していく」との考えを示した。
関連記事

| 新聞 | 10時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1241-54cacc68

PREV | PAGE-SELECT | NEXT