FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「政治主導」発揮に懸念公明新聞:2010年9月18日付

「政治主導」発揮に懸念公明新聞:2010年9月18日付

新聞

菅改造内閣について見解を述べる山口代表=17日 国会内菅改造内閣 公明は毅然と対応
山口代表
公明党の山口那津男代表は17日午後、菅改造内閣の閣僚名簿が発表されたことを受け、国会内で記者団の質問に答え、大要次のような見解を述べた。

一、さほど若返った感じはしない。むしろ当選回数の多い人たちを各グループのバランスを考えながら起用した感じがする。(民主党内は)挙党一致と言いながら、(党役員人事や党内の言動などを見ると)挙党一致を姿として表しているとは言えないと思う。これからの政権運営についても、内閣の「政治主導」がどこまで実現できるかは懸念が持たれる。

一、全体としては新任の数が多くなった。それぞれ新しい閣僚の力量は未知数だ。特に円高・株安、デフレなどの経済問題や、中国との関係での外交摩擦など課題山積だ。それらについて国会論議をしっかり行うべきであり、(国会の)早期召集を求めたい。

一、(参院選でレッドカードを突き付けた菅政権に対する姿勢について)われわれのスタンスは変わらない。(レッドカードを)突き付けたマニフェストの迷走、「政治とカネ」の問題隠し、「普天間」問題の解決回避、さらには消費税をめぐる発言の迷走など、こういった問題に対して、新政権がどう対応するかを見極めながら、公明党としては毅然と対応したい。
関連記事

| 新聞 | 18時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1296-e07bb20f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT