FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高校生を“卒業危機”から救え公明新聞:2010年10月22日付

高校生を“卒業危機”から救え公明新聞:2010年10月22日付

新聞

西田氏=参院文科委西田氏
参院文教科学委員会で公明党の西田実仁氏は、生活困窮による授業料の滞納で、高校を卒業できない「卒業クライシス(危機)」問題への対応を迫った。

この中で西田氏は「高校中退となると、正規労働に就くのが難しく、貧困の連鎖につながりやすい」と指摘。授業料を払えず困っている私立高校生を支援するため各都道府県に創設された「高校生修学支援基金」の活用にばらつきがある実態に触れ、「その原因を調べ、どうすれば基金がもっと活用されるのか検討すべき」と訴えた。高木義明文部科学相は「基金が活用されるよう、今年度の状況の把握に努める」と答えた。

また西田氏は、今年の2~3月に「卒業危機」への緊急対策として、授業料の滞納者らに実施された「生活福祉資金貸付制度」について、必要な滞納額を一括して貸し付ける特例を今年度も実施するよう主張。藤村修厚生労働副大臣は「実情を踏まえ対応を検討する」と答弁した。
関連記事

| 新聞 | 16時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1441-f8b10c48

PREV | PAGE-SELECT | NEXT