FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奄美大島 台風の二次災害防げ公明新聞:2010年10月28日付

奄美大島 台風の二次災害防げ公明新聞:2010年10月28日付

新聞

質問する遠山氏=27日 衆院内閣委桜島火山 異常活動の対応万全に
衆院内閣委で遠山氏
27日の衆院内閣委員会で公明党の遠山清彦氏は、記録的豪雨で甚大な被害が生じた奄美地方に、今月29日頃に台風14号が近づく恐れがあることに関して、「奄美大島の地盤は緩んでおり、二次災害の危険性が高い。この2日間で出来る限りの支援をするべきだ」と主張した。

阿久津幸彦内閣府大臣政務官は、奄美地方の台風14号対策について、「鹿児島県と緊密に連携しながら政府一体で迅速に対応する」と応じた。

さらに、遠山氏は、今年、観測史上最多となる爆発回数を記録している桜島火山に関して、「58人が犠牲になった『大正大噴火』の約9割に上るマグマが蓄積されている」との研究論文に言及。「客観的に分析すれば、2億立方メートルのマグマを放出した昭和21年の大噴火に匹敵する噴火が、近い将来起こってもおかしくない」として、住民の安全確保策に対する政府の認識を聞くとともに、「降灰がひどいが、道路の灰を除去する車両が足りず、老朽化も進んでいる」との地元住民の声を紹介し、対応を求めた。

阿久津政務官は、今年の桜島火山の異常な活動について、「大変心配している。最大限の支援をし、関係省庁と連携を図り、住民の安全確保対策に万全を期していきたい」と応じた。

このほか、遠山氏は、民主党の政治主導確立法案に関して、同法案で新設を規定する政務参事と政務調査官の給与が高い点に懸念を表明。鳩山由紀夫前首相が与党職員や議員秘書の登用を示唆していたことを指摘し、「政党による行政の私物化ではないか」と糾弾した。
関連記事

| 新聞 | 16時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1462-1b3490d9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT