FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

突然の攻撃、厳しく非難公明新聞:2010年11月24日付

突然の攻撃、厳しく非難公明新聞:2010年11月24日付

新聞

記者団に見解を述べる山口代表=23日 千葉・成田空港内冷静な対応が必要 日米韓が連携、結束を
山口代表
公明党の山口那津男代表は23日午後、韓国からの帰途となった成田空港内で記者団の質問に答え、北朝鮮による韓国への砲撃について、大要、次のような見解を述べた。

一、突然、一方的な攻撃をし、犠牲者を出すという北朝鮮側の活動は強く非難されなければならない。その上で、韓国の李明博大統領も言われているように、挑発に乗らない冷静な対応が必要であることは国際社会にも言えることだ。

一、核の問題に対する北朝鮮側の情報開示や今回の砲撃など、北朝鮮側の一方的な活動が目に付く。(問題の解決へ)日米韓の結束を深め、多国間の連携の中で北朝鮮の動きをけん制し、国際社会の健全な関係に北朝鮮を合わせるように説得していくことが重要だ。

一、韓国が緊迫した国際情勢に対面していることを厳しく受け止めなければならない。わが国もそうした国際社会の緊迫した状況と隣り合わせにあるとの大局観に立ち、幅広い視野を持って安全保障や外交の課題に取り組まなければならない。

一、北朝鮮は(砲撃などを)突然してくることから見て、わが国も危機管理上の対応について、政府として漏れがない備えを検討しなければならない。

公明、対策本部を設置

23日に北朝鮮が韓国西方沖の延坪島を砲撃した事件を受け、公明党は同日、党本部に井上義久幹事長を本部長とする「公明党・北朝鮮砲撃事件対策本部」を設置した。

同対策本部のメンバーは次の通り。

▽本部長=井上義久
▽副本部長=赤松正雄
▽事務局長=遠藤乙彦
▽事務局次長=佐藤茂樹
▽本部員=高木陽介、遠山清彦、浜田昌良
関連記事

| 新聞 | 11時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1546-8f1b70d9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT