FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

補正予算が成立 国民の声 反映せず

補正予算が成立 国民の声 反映せず
公明新聞:2010年11月27日付

新聞

反対討論を行う長沢氏
雇用、地方の窮状打開は困難
長沢氏が反対討論

政府の経済対策を盛り込んだ2010年度補正予算が26日夜、成立した。

同日午後の参院予算委員会と参院本会議では、自民、公明など野党の反対多数で否決された。衆参両院の議決が異なるため、両院協議会が開かれたものの、協議は調わず、予算に関する衆院の議決を優先する憲法60条の規定に基づき成立した。

補正予算の総額は4兆4292億円。政府の緊急経済対策のほか、地方交付税の増額分約1兆3000億円のうち約3000億円などを盛り込んだ。

同委の採決に先立つ反対討論で公明党の長沢広明氏は、補正予算案が「国民の切実な声を反映していない」と厳しく批判した。

その上で、雇用対策の「効果が出るまでに時間がかかる上、規模が小さい」と指摘。自治体の使い勝手がいい地域活性化交付金の額も少なく「厳しい地方経済を救うことができない」と糾弾した。

さらに、かつて民主党が執行停止した事業が補正予算案に盛り込まれている点に言及し、「場当たり的対応で地方に混乱を引き起こした」と主張した。

なお、同日の参院本会議、参院総務委員会では、予算関連法案の地方交付税法改正案の採決も行われ、民主、公明などの賛成多数で可決、成立した。

半島情勢 政府の認識甘い
関連記事

| 新聞 | 10時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1560-82e493a8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT