FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

政倫審は公開、無条件で公明新聞:2010年12月29日付

政倫審は公開、無条件で公明新聞:2010年12月29日付

新聞

記者団に見解を述べる山口代表=28日 国会内速やかに説明責任を果たせ
山口代表
公明党の山口那津男代表は28日、民主党の小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会に出席する意向を表明したことについて、国会内で記者団に対し、次のような見解を述べた。

一、民主党が(説明責任を果たす場として)政倫審でやるべきだ、小沢氏も「それに応じる」というのであれば、それで民主党としての意思を固めるべきだ。政倫審は本来、本人の申し出で開くから議決の必要がない。本人が政倫審で説明したいと申し出ればいい。そういう意思が固まっているなら(小沢氏は)速やかに政倫審に出ると決めたらどうか。

一、(公明党の対応について)われわれは本来、(国会での)説明責任を尽くす場として証人喚問を求めてきた。(政倫審は)説明責任を果たす一つの方法として、公開で行うと決断すれば意味が出てくるが、その内容によって説明責任が尽くされたかどうか見極めながら、(その後の)対応を考える。

一、(小沢氏が政倫審の出席に絡めて、国会審議などに関する条件を付けたことについて)どういう意図なのか、分かりかねる。自ら条件をつけるのはおかしな話だ。

一、(説明が不十分なら証人喚問を引き続き要求するのかとの問いに)そういう場合もあり得る。政倫審で説明すれば事足りると、あらかじめ考えているわけではない。

小沢氏、政倫審出席を表明

民主党の小沢一郎元代表は28日午後、衆院議員会館で記者会見し、自らの政治資金問題について、来年1月召集の通常国会で衆院政治倫理審査会に出席し、弁明する意向を明らかにした。

ただ、早期に応じる条件として国会の正常化を挙げ、問責決議を受けた仙谷由人官房長官らの辞任を事実上要求した。

小沢氏は28日の会見で「国会運営と選挙が政党としては最大の問題。進んで出る決断をすることが良かろうと判断した」と表明。

これに対し、首相は28日午後、首相官邸で岡田克也幹事長、鉢呂吉雄国対委員長らと協議。小沢氏は条件を付けず、通常国会前に政倫審で説明すべきだとの考えで一致し、小沢氏が従わなければ政倫審で議決する方針を確認した。
関連記事

| 新聞 | 10時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1650-85f97bec

PREV | PAGE-SELECT | NEXT