FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

政策実行へ決意なし

政策実行へ決意なし
公明新聞:2011年1月15日付

新聞

菅再改造内閣について見解を述べる山口代表=14日 都内
国会対策のためだけの閣僚交代
山口代表が強調

マニフェスト見直しと矛盾 予算案を徹底追及

公明党の山口那津男代表は14日午後、都内で記者団の質問に答え、菅再改造内閣の発足について「国会対応のための、とりあえずの改造で、何をするか強い意思は感じられない」と批判するとともに、菅政権の掲げるマニフェスト(政権公約)の見直しと矛盾する来年度予算案を徹底追及していく考えを示した。

山口代表の発言要旨は次の通り。

一、(通常)国会に対応するために、にわかにつくった「とりあえず内閣」だ。(参院で)問責決議の対象となった閣僚は、問責を受けて代えざるを得なかった。また、問責に至らなかったものの、いろいろな失言や対応で強く批判された大臣、内閣の政策を実行する上で障害になりそうな大臣をとりあえず代えてみた。内閣全体として何をするのかと、そのためのシフトという強い意思は残念ながら感じられない。

一、(枝野幸男官房長官の起用について)官房長官に課せられた使命に耐え得るかどうかを厳しく問いただしていきたい。与謝野馨経済財政担当相については、(衆院)選挙で比例で復活当選し、同じ小選挙区で海江田万里氏(経済産業相)が当選した。選挙民に選ばれた人と退けられた人が経済財政政策の面で同じ内閣で仕事するというのは、有権者から見ると非常に違和感がある気がする。その点で閣僚の任命のあり方はいささか問題がある。

与謝野氏の政策と菅内閣、民主党の政策がどう整合するのかも、きちんとした説明が必要だ。(江田五月前参院議長の入閣は)従来なかった人選で、人材に、今の与党に非常に狭い部分を感じる。

一、(民主党マニフェストについて)貫くのか、修正するのかで与党を二分する論争が続き、今の執行部は夏までの見直しを掲げながら、マニフェストに沿った予算案をつくっている。見直しの中身が盛り込まれない予算を国会審議に供するのはいかがなものか。その政府・与党の矛盾した対応を含めて国会で幅広い深みのある議論をしていく。

国民にその問題点を明らかにした上で、改めてマニフェストの見直しを掲げるのであれば、民主党として国民にきちんとその点を問い直すということも、この論議を通じて出てくるのではないか。

一、(与謝野氏入閣は公明党とのパイプづくりとの見方について)一方的な勝手な思い込みに過ぎない。(野党との)パイプ役が果たせるかは(同氏が所属した)自民党、たちあがれ日本との間でも疑念が持たれており、直接の関係がないわが党が、そうしたことを考慮する余地はない。

一、(改造後の菅政権への対応について)すでに「闘う野党」を標榜している。いろいろな課題に耐え得るかどうかを厳しく問うとの基本姿勢は変わらない。その厳しい問い掛けに応えられないのであれば、その先にいろいろな動きがあり得ると言えるが、倒閣をめざした対応を当面の課題にするわけではない。

関連記事

| 新聞 | 10時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1682-5ef3d0c2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT