FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

降灰で農作物に打撃

降灰で農作物に打撃
公明新聞:2011年1月31日付

新聞

降灰被害の状況を聞く木庭本部長(中央)ら=30日 宮崎・西都市
新燃岳噴火で木庭参院幹事長ら 露地栽培農家を視察
宮崎・西都市

公明党災害対策本部の木庭健太郎本部長(参院幹事長)は30日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳の大量降灰に見舞われている宮崎県西都市の露地栽培農家を訪ね、市民を見舞うとともに被害状況を調査した。

これには同市議会公明党の吉野元近議員や徳久信義、八代輝幸の両高鍋町議も同行した。

木庭本部長らは、キャベツやネギなど葉物野菜を露地栽培する農家を訪問。収穫前のキャベツに被害を受けた長友利明さん(62)は、雨の影響で灰が固まり葉の奥まで入り込んでいる状況を説明しながら、「このまま降灰が続けば出荷に手間がかかり、市場価格も下がる」と訴え、表情を曇らせていた。

木庭本部長は「火山活動の長期化も懸念されている。降灰被害への救済措置を関係省庁に働き掛けたい」と約していた。
関連記事

| 新聞 | 16時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nakajimanews.blog96.fc2.com/tb.php/1725-12eafc77

PREV | PAGE-SELECT | NEXT